たらフライの作り方は?簡単・美味しく作るコツは?人気レシピも紹介!

たらのフライの作り方を知っていますか?今回は、たらのフライの基本の作り方を、〈臭み取り〉など美味しく仕上げるコツとともに紹介します。フライパンで揚げ焼きして簡単に作る方法や〈チーズ・パン粉なし〉など人気レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. たらのフライの美味しい作り方って?コツはある?
  2. たらのフライの基本の作り方は?
  3. 材料
  4. 作り方・手順
  5. たらのフライを作る際のコツは?美味しく仕上げるには?
  6. ①臭み取りを行う
  7. ②高温・短時間でカラッとあげる
  8. ③油をしっかり切る
  9. たらのフライを簡単に作りたい時は?揚げないで作れる?
  10. たらのフライはフライパンで揚げ焼きでも簡単!
  11. バッター液で衣付けするのもおすすめ
  12. たらフライの人気レシピ3選も紹介!
  13. ①たらとじゃが芋のチーズフライ
  14. ②たらのマヨチーズパン粉焼き
  15. ③おから衣で低糖質フライ
  16. たらのフライを作ってみよう

たらのフライの美味しい作り方って?コツはある?

弾むような食感で白米との相性が良いたらのフライですが、自宅で作ると行程が大変だったり、揚げるのが難しかったり苦戦する人も多いです。ここでは、たらのフライが簡単に美味く出来る作り方と、サクサクに揚げるコツを解説します。たらフライの人気レシピも紹介するので、参考にしてください。

たらのフライの基本の作り方は?

外側が香ばしく内側が柔らかいたらフライの、材料と基本の作り方を解説します。サクサクに美味しく作るポイントを押さえながら紹介するので、参考にしてください。

材料

(2人分)
・たら 2切れ
・塩  0.08g
・こしょう 少々
・小麦粉 適量
・卵   適量
・パン粉 適量
・サラダ油 適量

作り方・手順

手間はかかりますが、基本のたらフライの作り方は以下の通りです。

1,たらの余分な水分をキッチンペーパーで拭き取る
2,たらの両面に塩、こしょうを振り下味をつける
3,小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつける
4,170度に熱した油に衣をつけたたらを入れてキツネ色になるまで揚げる


たらの臭みが気になる時は、水洗いしてからキッチンペーパーでしっかり水分を拭き取りましょう。170~180度は菜箸やパン粉を油に落とした時に、細かい泡が勢いよく出るのが目安です。サクサクの美味しいたらフライを作るには、揚げ油の温度を一定に保つことが重要です。

たらのフライを作る際のコツは?美味しく仕上げるには?

たらには独特の臭みがあり、下処理をせずに調理すると臭いが残ってしまいます。こちらでは、たらの臭み取りの方法や、衣をサクサクに美味しく仕上げるコツをいくつか紹介します。

①臭み取りを行う

生のたらには独特の臭みがあるので、簡単な下処理を行う必要があります。臭み取りの方法は以下の通りです。

・水で洗う
・塩または砂糖を振る
・酢を振りかける
・牛乳やヨーグルトに漬ける


たらの臭いの元はトリメチルアミンで、魚が水圧に耐えるための成分が、死んで変化したものになります。付着している水分にトリメチルアミンが含まれているので手早く水洗いし、キッチンペーパーなどでしっかり水分を拭き取りましょう。

それでも臭いが気になる時は、バットなどにたらを並べ適量の塩を振り、ラップをかけて冷蔵庫で10~15分寝かせておきます。たらの切り身が甘塩なら塩が最適ですが、それ以外は砂糖を使うのも良いでしょう。砂糖も塩と同様の方法で臭みを抜くことができ、甘くなることはありません。

切り身ではないたらは、酢を振りかけてトリメチルアミンを凝固させ、包丁などでこそげ取るのも効果的です。牛乳を使う場合は10分、ヨーグルトなら一晩漬けこめば臭いが取れます。ただし、乳製品の風味が移るため、チーズやカレー味などのたらフライを作ると良いでしょう。

②高温・短時間でカラッとあげる

たらは水っぽい魚なので、下処理をしていても低温で揚げるとしっとりしてしまうことがあります。サクサクに揚げるには、170度~180度に熱した油で、短時間で揚げるのがポイントです。高温の油でも、たらを一気に入れてしまうと急激に温度が下がってしまうので、油の量とたらを入れる量の見極めが大切になります。

③油をしっかり切る

たらを揚げたら余分な油をしっかり切りましょう。揚げ鍋の上で軽く振って油を切り、油切りバットにたらフライを重ねないように置きます。更にキッチンペーパーなどで油を吸わせれば、油の摂取量も抑えられ、カラッと美味しく仕上がります。

たらのフライを簡単に作りたい時は?揚げないで作れる?

下処理から衣をつけて揚げるまで、たらフライを作る行程は大変なものです。作業内容を減らして少しでも簡単に作る方法や、油で揚げずに焼いて作るたらフライの作り方を紹介します。

たらのフライはフライパンで揚げ焼きでも簡単!

出典:https://cookpad.com/recipe/5052823

大量の油を使うと、サクサクに仕上がりますが、後処理が大変だと感じる人も多いです。サクサク感は多少劣りますが、手軽に揚げ焼きすることも出来ます。フライパンに1cm程度の油を注ぎ、両面をきつね色になるまで揚げ焼きしましょう。揚げ焼きをするときは、中までしっかり火が通るように注意が必要です。

フライパンで!鱈のカレーフライ♩ by ayakat0911 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが373万品

バッター液で衣付けするのもおすすめ

バッター液とは水溶き小麦粉のことで、通常小麦粉、卵、パン粉で作る衣の代わりに、バッター液とパン粉で衣を作ります。手間を省くだけでなく、他にもメリットがあります。

・調理時間の短縮
・パン粉が均一にしっかり付く
・衣が剝がれにくくなる

通常小麦粉、卵、パン粉と3回たらに衣を付けますが、バッター液を使えば2回で済みます。また、バッター液には粘り気があるので衣が均一に付き、具材から剝がれません。小麦粉を溶く水は牛乳でも代用でき、よりふっくらサクサクに仕上がります。

さらに手間をはぶき時短したい場合は、油で揚げるのではなく衣をつけたたらにオリーブオイルをかけ、トースターで10~15分焼くのもおすすめです。

たらフライの人気レシピ3選も紹介!

美味しいたらフライの基本の作り方やコツを解説しましたが、こちらではより簡単に作れるたらフライの、人気のアレンジレシピを3つ紹介します。どれもソースを作らなくても美味しく食べられるので、時間のない時に助かるレシピです。

①たらとじゃが芋のチーズフライ

出典:https://cookpad.com/recipe/3005668

たらフライとじゃが芋のフライを両方楽しめるので、飽きがこず、子供にも人気の一品です。パン粉に粉チーズとコンソメを入れているため、衣自体にしっかりと味が付き、ソースをかけずそのままで美味しく食べられます。

サクサク!タラとじゃが芋のチーズフライ by emyo 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが373万品

②たらのマヨチーズパン粉焼き

出典:https://cookpad.com/recipe/4973918

材料を混ぜてトースターで焼くだけの、簡単レシピです。ソースを作る手間をはぶき、洗い物も少なく済むので、忙しい時のメイン料理に良いでしょう。トースターで焼くためサクサクに仕上がり、マヨネーズがアクセントになって美味しいです。

鱈のマヨチーズパン粉焼き by Akicocoaki 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが373万品

③おから衣で低糖質フライ

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1350015148/

パン粉なしで作るため、糖質が抑えられ、ダイエットや糖質制限中に安心して揚げ物が食べられるレシピです。パン粉の代わりにおからをフライパンで炒って使いますが、水分をしっかり飛ばさないと、揚げたときに衣が水っぽくなるので注意しましょう。

おから衣で低糖質!☆白身魚のフライ☆ レシピ・作り方 by はっぴい|楽天レシピ

たらのフライを作ってみよう

たらは臭みがあるため下処理が大変ですが、身が柔らかく油と相性の良い魚です。低カロリーなうえに高たんぱく質で栄養豊富な魚なので、今回紹介したレシピや調理方法を参考にして、美味しいたらフライを作ってみて下さい。

(*白身魚フライに合う献立のおかずについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

白身魚フライに合う献立のおかず7選!副菜・付け合わせのおすすめをレシピで紹介!

関連する記事

×