そうめんの賞味期限切れはいつまで食べれる?日持ちする保存方法も紹介!

そうめんの賞味期限の目安を知っていますか?今回は、そうめんの賞味期限を〈乾麺・半生麺・生麺・手延べ麺〉など種類別に比較して、期限切れでも食べられるのかなど紹介します。そうめんの日持ちする保存方法や、賞味期限切れで食べられない場合の特徴も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. そうめんの賞味期限は長い?短い?
  2. そうめんの賞味期限【種類別】はどのくらい?
  3. ①そうめん(乾麺)の賞味期限
  4. ②そうめん(半生麺)の賞味期限
  5. ③そうめん(生麺)の賞味期限
  6. ④そうめん(手延べ麺)の賞味期限
  7. そうめんの賞味期限切れはいつまでOK?半年・2年前は危険?
  8. 賞味期限の定義
  9. 品質が劣化していなければ食べられる
  10. そうめんの賞味期限が切れて食べられない場合とは?
  11. ①虫がそうめんについている
  12. ②カビが生えている
  13. ③変色している
  14. ④異臭がする
  15. そうめんの日持ちする保存方法は?
  16. ①そうめん(未開封)の保存方法・期間
  17. ②そうめん(開封後)の保存方法・期間
  18. ③茹でたそうめんの保存方法・期間
  19. そうめんの賞味期限に注意しよう

そうめんの賞味期限は長い?短い?

そうめんの賞味期限の長さは種類によって年単位で違っており、賞味期限の長いそうめんは2年以上、短いそうめん1週間程度です。そうめんを購入する際は、すぐ食べる時と食べない時で賞味期限を確認して購入するようにしましょう。

そうめんの賞味期限【種類別】はどのくらい?

そうめんには、乾麺、半生麺、生麺、手延べ麺と4つの種類があり、種類によって保存方法や賞味期限が違うため、種類毎の正しい保存方法と賞味期限を紹介します。

①そうめん(乾麺)の賞味期限

そうめんの乾麺はスーパーなどで通年販売されており、一番日持ちするそうめんの種類です。

・常温保存:1~2年
・冷蔵保存:1~2年


上記は未開封で適切に保存した場合の賞味期限で、高級なそうめんは賞味期限が2年以上のものもあります。常温保存の場合は、直射日光のあたらない風邪通しの良い場所に保管するようにし、冷蔵保存をする場合は、他の食品から臭い移りがしないようにパックなどに移し変えて保存することをおすすめします。

②そうめん(半生麺)の賞味期限

そうめんの半生麺は乾麺より水分量が多く、もちもちでぷりっとした食感が特徴で、乾麺に比べるとあまり日持ちがしません。

・常温保存:2~3ヵ月
・冷蔵保存:2~3ヵ月


常温保存の場合は、乾麺と同じように直射日光を避けて、湿気の少ない風通しの良い場所に保管しましょう。半生麺の保存方法はメーカーにより常温保存か冷蔵保存か、方法が異なりますので、購入時に保存方法を確認してください。

③そうめん(生麺)の賞味期限

そうめんの生麺は流通量が少ないですが、夏期にスーパーなど見かけることが多いです。

・冷蔵保存:1週間~1ヵ月
・冷凍保存:1年


生麺は基本的に冷蔵保存が原則ですが、既に茹でた状態の生麺をメーカーで冷凍して販売しているものもあります。生麺は茹でて食べるタイプと、茹でずに流水で流すだけのタイプの2種類があります。

④そうめん(手延べ麺)の賞味期限

そうめんの手延べ麺は職人が手作業で麺を延ばし、乾燥作業まで細かく目を配り製造されている、そうめんの中で最も高価な種類です。

・常温保存(乾麺):最低3年
・冷蔵保存(乾麺):最低3年
・冷蔵保存(半生麺):最低3ヵ月


乾麺か半生麺で保存方法及び賞味期限が違ってきますが、表面が油でコーティングされて湿気に強いため、通常の機械製造のそうめんに比べて賞味期限が長めです。常温の保存の際は直射日光と高湿度を避け、冷蔵保存の際は臭い移りの予防のため、密閉して保管しましょう。

そうめんの賞味期限切れはいつまでOK?半年・2年前は危険?

賞味期限は多少過ぎても食べることができますが、実際どの程度の期間まで問題なく食べれるのかを、賞味期限の定義を解説しながら説明します。

賞味期限の定義

賞味期限とは食品を美味しく食べられる期限のことで、消費期限と違い賞味期限が切れてもすぐに食べれなくなるわけではありません。賞味期限は食物の安全が十分に保持される期間を検査し、それに0.7~0.8の安全係数を乗じて期間を設定しています。そのため、表示されている賞味期限はゆとりを持って早めに定められています。(※1)

品質が劣化していなければ食べられる

関連する記事