タリオリーニとはどんなパスタ?タリアテッレ・リングイネとの違いも紹介!

タリオリーニとはどんなパスタか知っていますか?今回は、タリオリーニの特徴や〈語源・イタリア語の意味〉などを、おすすめの食べ方・レシピとともに紹介します。タリオリーニと〈フェットチーネ・タリアテッレ・リングイネ〉などの違いも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. タリオリーニとはどんなパスタ?語源やイタリア語の意味は?
  2. ①タリオリーニとは幅2〜3ミリほどの平打ちパスタ
  3. ②タリオリーニの語源・イタリア語の意味
  4. ③タリオリーニの味わい・食感
  5. タリオリーニと他のパスタの違いは?
  6. ①「フェットチーネ」との違い
  7. ②「タリアテッレ」との違い
  8. ③「リングイネ」との違い
  9. タリオリーニの茹で方は?どんな食べ方がおすすめ?
  10. タリオリーニの茹で方・茹で時間
  11. タリオリーニのおすすめの食べ方
  12. タリオリーニを使ったおすすめレシピ3選!
  13. ①白トリュフのタリオリーニ
  14. ②ツナと黒オリーブのタリオリーニ
  15. ③海老のポルチーニソースパスタ
  16. タリオリーニの人気商品2選!
  17. ①トリュフ入りタリオリーニ 250g パスタ(2592円)
  18. ②【冷凍】生パスタ タリオリーニ 100g×5セット(1700円)
  19. タリオリーニを食べてみよう

タリオリーニとはどんなパスタ?語源やイタリア語の意味は?

パスタは主に小麦粉を生地の原料として使用されているイタリア料理で、日本でも親しまれています。その中にタリオリーニと呼ばれるパスタがありますが、どんなパスタなのでしょうか。ここでは、タリオリーニの語源やイタリア語の意味などについて紹介します。

①タリオリーニとは幅2〜3ミリほどの平打ちパスタ

タリオリーニとは幅が2~3ミリ程度のロングパスタのことで、平打ちパスタの中ではもっとも細いものです。原料としては小麦粉や卵、塩、オリーブオイルなどシンプルな食材でできています。また、タリオリーニは基本的には生パスタですが、乾麺も販売されています。

②タリオリーニの語源・イタリア語の意味

パスタの種類のひとつであるタリオリーニの語源は、「タリアーレ」という言葉からきています。このタリアーレとは、イタリア語で「切る」と意味をあらわし、つづりはTagliareと書きます。イタリアではタリアーレがポピュラーなパスタとして親しまれていますが、地域によってはタヤリンなどさまざまな呼び方があるようです。

③タリオリーニの味わい・食感

タリオリーニの食感は弾力があってモチモチしており、生地が平打ち麺であることから噛みごたえやボリューム感があることが特徴的です。また、麺の断面にしっかりとソースが絡むため味もしっかりと感じられ、のど越しも良いとされています。

タリオリーニと他のパスタの違いは?

日本でも親しまれておりイタリア料理の代表となるパスタには、タリオリーニ以外にもさまざまな種類がありますが、その違いは何なのでしょうか。ここでは、タリオリーニとほかのパスタの違いについて詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

①「フェットチーネ」との違い

フェットチーネの生地は7ミリ程度で、タリオリーニよりもやや幅が広く厚いという違いはありますが、厳格な規定はなくあいまいになっています。またフェットチーネの断面は横長の長方形のようになっており、形状としてはタリオリーニと変わりません。硬質小麦を使用していることが多いですが、小麦粉の種類に関しても明確な決まりはないようです。

②「タリアテッレ」との違い

名称がよく似ているパスタにタリアテッレがありますが、タリアテッレは幅が8ミリ程度ありタリオリーニの2倍以上の幅があることが特徴です。またタリアテッレは、イタリア北部のボローニャ地方でミートソースとあえる料理が定番となっているパスタの生地です。

③「リングイネ」との違い

リングイネの生地は太さが3ミリ程度で、断面が楕円形となっていことが特徴的なロングパスタで、平打ち麺であるタリオリーニとは生地の形状が異なっています。また、リングイネの語源はイタリア語からきており、小さな舌という意味です。リングイネにもモチモチとした食感があり、濃厚なソースとの絡みは抜群です。

タリオリーニの茹で方は?どんな食べ方がおすすめ?

タリオリーニは、イタリアではとてもメジャーなパスタとして親しまれています。そんなタリオリーニをより美味しく食べるには、どんな茹で方や食べ方がおすすめなのでしょうか。ここでは、タリオリーニの茹で方やおすすめの食べ方について紹介します。

タリオリーニの茹で方・茹で時間

タリオリーニの茹で方は、大きい鍋に2リットル以上の水を沸騰させ、3分間を目安に茹でるのがおすすめです。タリオリーニを投入したあとは、再沸騰するまで適度にかき混ぜ、再沸騰したらそのまま様子を見ましょう。

塩分量はお好みですが、目安として2リットル以上のお湯の中に1%以内の分量を加えます。また、生パスタのタリオリーニを使用する場合は、くっつきを防止するために必ずほぐしてからお湯に入れましょう。

タリオリーニのおすすめの食べ方

タリオリーニは食感も良いですが、ソースとの一体感も楽しめるパスタとなっており、アンチョビなどの魚介類とよく合わせて食べられています。そのほか、トマトソースなど味の濃いソースと相性が良いとされています。また、濃厚なチーズや生クリームを使用したクリームソースに、白トリュフやポルチーニきのこを加えて食べるのもおすすめです。

タリオリーニを使ったおすすめレシピ3選!

タリオリーニの食感は噛みごたえがしっかりとあり、濃い味のソースと相性が良いとされていますが、そんなタリオリーニのレシピにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、タリオリーニを使ったおすすめのレシピを3つ紹介します。

①白トリュフのタリオリーニ

出典:https://cookpad.com/recipe/3569217

このレシピは、高級食材である白トリュフを使ったものでタリオリーニに合う料理です。シンプルですがとても美味しく、レストランで提供されるようなパスタを楽しめます。また、このレシピのコツは、濃厚な味わいにするためにバターをたくさん使うことです。

美味♡白トリュフのタリオリーニ パスタ by nyannyaan 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが373万品

②ツナと黒オリーブのタリオリーニ

出典:https://cookpad.com/recipe/2088345

トマトソースをベースにしたこのレシピは、ツナ缶やオリーブなど安く手に入る食材で作ることができます。パスタの食感を損なわずに美味しく食べるために、ソースを先に作っておくことがポイントで、アンチョビなどをプラスしてアレンジするのもおすすめです。

ツナと黒オリーブのタリオリーニ by まゆみぼん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが373万品

③海老のポルチーニソースパスタ

出典:https://cookpad.com/recipe/1469278

海老やパスタに、ポルチーニきのこの香りがしっかりと染み込んだレシピです。ポルチーニきのこを戻したあとの汁を使うことが、このレシピのポイントとなっています。生クリームを使った濃厚な味わいが、タリオリーニの食感と相まってとても美味しく食べられます。

海老のポルチーニソースパスタ by ベリッシモイタリアン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが373万品

タリオリーニの人気商品2選!

パスタはイタリアだけでなく日本でも親しまれており、タリオリーニも例外ではありません。そんなタリオリーニは自分で作ることもできますが、本格的な食感を楽しめる商品も販売されています。ここではタリオリーニの人気商品を2つ紹介します。

①トリュフ入りタリオリーニ 250g パスタ(2592円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/dolcevita-kagurazaka/51652/

トリュフの美味しさを最大限に生かした料理である、タリオリーニのパスタです。乾麺となっていますが、ゆっくりと乾燥させているため、コシがしっかりと感じられ美味しく食べられます。タリオリーニの食感と、トリュフの香りを楽しみながら食べてみてください。

トリュフ入りタリオリーニ TARTUFISSIMA No.18 250g パスタ タリュトゥフランゲ(TARTUFLANGHE)イタリア直輸入 トリュフ料理 トリュフパスタ ドルチェヴィータ:ワイン&チーズのドルチェヴィータ【楽天市場】

②【冷凍】生パスタ タリオリーニ 100g×5セット(1700円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/tartaruga/0180/

解凍せずに、そのまま茹でることができることが魅力的な、生パスタの商品です。タリオリーニのモチモチした食感が生かされている生パスタを、手軽に堪能できます。茹で時間が短いため、すぐにパスタが食べたいときのためにストックしておくのもおすすめです。

【冷凍】生パスタ タリオリーニ 100g×5pcセット | パスタ pasta 平麺 冷凍パスタ:タルタルーガ【楽天市場】

タリオリーニを食べてみよう

パスタにはさまざまな種類がありますが、そののひとつであるタリオリーニは、イタリアではポピュラーなパスタとして親しまれています。日本でも販売されているため、タリオリーニを食べてモチモチとした生地や歯ごたえのある食感を楽しんでみましょう。

関連する記事

×