マッシュルームの賞味期限はいつまで?腐るとどうなる?保存で日持ちさせる方法など紹介!

マッシュルームの賞味期限の目安を知っていますか?今回は、マッシュルームの賞味期限を〈常温・冷蔵・冷凍〉など保存方法別や〈生・加工商品〉別に比較して、期限切れでもいつまで食べられるのかなど紹介します。マッシュルームの日持ちする保存方法や、腐るとどうなるのかの見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. マッシュルームの賞味期限は長い?短い?
  2. マッシュルーム(生)の賞味期限はどのくらい?
  3. ①常温保存の場合
  4. ②冷蔵保存の場合
  5. ③冷凍保存の場合
  6. マッシュルーム(加工商品)の賞味期限はどのくらい?
  7. ①水煮パック・缶の場合
  8. ②オイル漬け瓶の場合
  9. マッシュルームの賞味期限切れはいつまで食べられる?
  10. 賞味期限の定義
  11. 腐っていなければ食べられる
  12. マッシュルームが腐るとどうなる?
  13. ①匂い
  14. ②見た目・感触
  15. ③味
  16. マッシュルームの賞味期限切れが心配な場合とは?
  17. ①傘の裏が白から黒に変色した
  18. ②黒い土・カビのようなものが付着している
  19. マッシュルームを日持ちさせる保存のポイントは?
  20. ①水で洗わない
  21. ②保存する時は空気に触れさせない
  22. ③レモン汁をつける
  23. 新鮮なマッシュルームの見分け方は?
  24. ①傘がしっかりしまっている
  25. ②触ったときにしっかりしている
  26. ③変色していない
  27. ④軸が太い
  28. マッシュルームの賞味期限に注意しよう

マッシュルームの賞味期限は長い?短い?

マッシュルームは世界各国で料理に用いられ、生産量・消費量共に世界一のきのこです。また、きのこ類の中でも唯一生食が出来るマッシュルームですが、どのくらい日持ちするのでしょうか。生や加工したマッシュルームの賞味期限を見ていきましょう。

マッシュルーム(生)の賞味期限はどのくらい?

生のマッシュルームの賞味期限はどの位でしょうか。常温・冷蔵・冷凍など、保存状態別に紹介します。

①常温保存の場合

マッシュルームを常温保存する場合、季節や室温、場所などの条件により前後しますが、室温25℃だと1日程度しか日持ちしません。また、マッシュルームの保存に適した温度は2℃~5℃なので、夏よりも冬の方が長持ちします。出来るだけ冷蔵保存する様にしましょう。

②冷蔵保存の場合

マッシュルームの冷蔵での賞味期限は、収穫されてから約1週間です。野菜室の温度は10℃前後とやや高めに設定されているので、マッシュルームの保存には向いていません。冷蔵室の温度は4℃前後なので、こちらで保存した方がより日持ちするでしょう。

③冷凍保存の場合

マッシュルームを冷凍保存した場合の賞味期限は、1か月程度が目安です。冷凍保存したものは食感が変化するので、生食にはあまり向きませんが、マッシュルームの細胞膜が壊れて旨味が増すのでスープや煮込み料理などに使うと良いでしょう。マッシュルームを解凍せずに冷凍したまま使うと、旨味を逃がさずに料理の風味をアップさせる事が出来ます。

(*マッシュルームの冷凍保存について詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。)

マッシュルームは冷凍できる?保存ポイントは?賞味期限や大量消費レシピを紹介!

マッシュルーム(加工商品)の賞味期限はどのくらい?

マッシュルームは水煮に加工されたものがパック詰や缶詰で販売されており、こちらの方が馴染みがある方も多いのではないでしょうか。人気の加工商品のマッシュルームのオイル漬けと併せて賞味期限を紹介します。

①水煮パック・缶の場合

マッシュルームの水煮パック・缶詰の賞味期限は常温保存で以下の通りです。

・マッシュルームの水煮パック:約1年
・マッシュルームの缶詰:約3年


すでに開封した場合は乾燥を防ぐ為、水煮の汁ごと密閉容器やラップをかけたお皿に移して、冷蔵庫で保存しましょう。パック詰・缶詰共に、開封後の日持ちは2日程度になります。使い切れなかった場合は1ヶ月程度、冷凍保存も可能です。

また、冷凍する際も汁ごと保存すると、冷凍焼けなどの劣化を防止出来るのでおすすめです。

②オイル漬け瓶の場合

関連する記事

×