マッシュルームの賞味期限はいつまで?腐るとどうなる?保存で日持ちさせる方法など紹介!

マッシュルームの賞味期限の目安を知っていますか?今回は、マッシュルームの賞味期限を〈常温・冷蔵・冷凍〉など保存方法別や〈生・加工商品〉別に比較して、期限切れでもいつまで食べられるのかなど紹介します。マッシュルームの日持ちする保存方法や、腐るとどうなるのかの見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. マッシュルームの賞味期限は長い?短い?
  2. マッシュルーム(生)の賞味期限はどのくらい?
  3. ①常温保存の場合
  4. ②冷蔵保存の場合
  5. ③冷凍保存の場合
  6. マッシュルーム(加工商品)の賞味期限はどのくらい?
  7. ①水煮パック・缶の場合
  8. ②オイル漬け瓶の場合
  9. マッシュルームの賞味期限切れはいつまで食べられる?
  10. 賞味期限の定義
  11. 腐っていなければ食べられる
  12. マッシュルームが腐るとどうなる?
  13. ①匂い
  14. ②見た目・感触
  15. ③味
  16. マッシュルームの賞味期限切れが心配な場合とは?
  17. ①傘の裏が白から黒に変色した
  18. ②黒い土・カビのようなものが付着している
  19. マッシュルームを日持ちさせる保存のポイントは?
  20. ①水で洗わない
  21. ②保存する時は空気に触れさせない
  22. ③レモン汁をつける
  23. 新鮮なマッシュルームの見分け方は?
  24. ①傘がしっかりしまっている
  25. ②触ったときにしっかりしている
  26. ③変色していない
  27. ④軸が太い
  28. マッシュルームの賞味期限に注意しよう
マッシュルームは洗う?洗わない?必要性がある場合とは?風味を保つ洗い方も紹介!

②保存する時は空気に触れさせない

マッシュルームは空気によって酸化しやすく切り口の部分から変色が始まりまるので、空気に触れさせないように密封して保存しましょう。また、密封することで腐敗の原因菌や微生物の付着も防げます。ジッパー付きの保存袋や、密閉容器などを活用して保存しましょう。

③レモン汁をつける

スライスしたマッシュルームは、空気に触れる面積が増える為変色が早くなります。レモン汁に含まれる酸がマッシュルームの変色防止に効果的なので、あらかじめ塗っておくと良いでしょう。サラダに使う時の仕上げや、冷凍保存する前に活用するのもおすすめです。

新鮮なマッシュルームの見分け方は?

マッシュルームを生食する時は、出来るだけ新鮮なものを使いましょう。収穫されたばかりのマッシュルームの特徴を紹介します。

①傘がしっかりしまっている

収穫されたばかりのマッシュルームは傘が軸の部分に張り付き、傘がしっかり閉まった状態です。収穫後2~3日ほどでだんだんと傘が開き始め、5日ほどで完全に傘が開きます。新鮮なマッシュルームを見つける時は、傘がしっかり閉まり丸い形をしたものを探すと良いでしょう。

②触ったときにしっかりしている

新鮮なマッシュルームの表面は触った時になめらかで、硬く締まっているのが特徴です。収穫後は日にちが経つにつれ軟らかくなるので、ハリがあるものを選びましょう。また、傷や割れ目のあるものは、そこから劣化しやすいのでおすすめしません。

③変色していない

マッシュルームは成長するにつれ、酸化し変色が始まります。新鮮なものほど色むらが無く、綺麗な色をしているので出来るだけ変色がないものを選ぶと良いでしょう。

④軸が太い

マッシュルームの軸にも注目してみましょう。軸が太いものは培地から栄養をしっかり吸っており、ビタミン・ミネラルなどの栄養価が高くより日持ちしやすい様です。また、切り口の部分が綺麗で変色してないもの、軸の部分が伸びていないものが、新鮮なマッシュルームの見分け方です。

マッシュルームの賞味期限に注意しよう

生のマッシュルームの日持ちはあまり良いとは言えませんが、豊かな香りと歯ごたえを愉しめる食材です。長持ちする保存方法などを参考にして、食卓に加えてみましょう。長期間保存したい場合は、オイル漬けや缶詰をおすすめします。

関連する記事