マッシュルームの賞味期限はいつまで?腐るとどうなる?保存で日持ちさせる方法など紹介!

マッシュルームの賞味期限の目安を知っていますか?今回は、マッシュルームの賞味期限を〈常温・冷蔵・冷凍〉など保存方法別や〈生・加工商品〉別に比較して、期限切れでもいつまで食べられるのかなど紹介します。マッシュルームの日持ちする保存方法や、腐るとどうなるのかの見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. マッシュルームの賞味期限は長い?短い?
  2. マッシュルーム(生)の賞味期限はどのくらい?
  3. ①常温保存の場合
  4. ②冷蔵保存の場合
  5. ③冷凍保存の場合
  6. マッシュルーム(加工商品)の賞味期限はどのくらい?
  7. ①水煮パック・缶の場合
  8. ②オイル漬け瓶の場合
  9. マッシュルームの賞味期限切れはいつまで食べられる?
  10. 賞味期限の定義
  11. 腐っていなければ食べられる
  12. マッシュルームが腐るとどうなる?
  13. ①匂い
  14. ②見た目・感触
  15. ③味
  16. マッシュルームの賞味期限切れが心配な場合とは?
  17. ①傘の裏が白から黒に変色した
  18. ②黒い土・カビのようなものが付着している
  19. マッシュルームを日持ちさせる保存のポイントは?
  20. ①水で洗わない
  21. ②保存する時は空気に触れさせない
  22. ③レモン汁をつける
  23. 新鮮なマッシュルームの見分け方は?
  24. ①傘がしっかりしまっている
  25. ②触ったときにしっかりしている
  26. ③変色していない
  27. ④軸が太い
  28. マッシュルームの賞味期限に注意しよう

マッシュルームの腐敗が進むと、表面にぬめりが出てきます。感触もぶよぶよとして柔らかくなり、表面に変色が見られることも特徴的です。ホワイトマッシュルームは茶色く、ブラウンマッシュルームは黒くなったら腐っていると言えるでしょう。

③味

下記は、腐ったマッシュルームの味の特徴です。

・酸っぱい味がする
・舌に刺激を感じる

マッシュルームが腐敗すると、酸っぱい味がしたり、アンモニア臭と共に舌に刺激を感じることがあるようです。調理すると味付けによってこの様な味は感じにくくなる事があるので、調理前に匂いや見た目を確認するようにしましょう。

マッシュルームの賞味期限切れが心配な場合とは?

マッシュルームが傷んでいるどうか、見た目では分かりづらいこともある様です。心配な場合は以下の様なところに注目してみましょう。

①傘の裏が白から黒に変色した

マッシュルームは収穫後も成長し、追熟しています。収穫されたばかりのマッシュルームの傘の裏は白いですが、完熟した物は黒くなります。傘の裏が変色したマッシュルームは食感は落ちるものの旨味が増しているので、生食よりも加熱調理に使うと良いでしょう。

②黒い土・カビのようなものが付着している

これはカビや痛みではなく、マッシュルームの栽培に使われる、植物から出来ている菌床のピートモスと呼ばれるものです。取り除けば問題なく食べられるので、布巾やキッチンペーパーで拭き取ってから料理に使いましょう。

(*マッシュルームの変色や黒い土について詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。)

マッシュルームの黒い部分は食べられる?中・内側や断面の変色する原因を解説!

マッシュルームを日持ちさせる保存のポイントは?

日持ちのあまり良くないマッシュルームは、少しでも長く保存させたいものです。長持ちさせる為の保存のポイントを紹介します。

①水で洗わない

マッシュルームは菌糸と呼ばれる繊維から出来ていて、水洗いすると菌糸の間に水分が入り込みます。水分が多いと食感を損なうだけではなく、腐敗の原因となる菌や微生物が繁殖しやすくなります。汚れが気になる時は、水で洗わずに布巾などで表面を拭いてから保存しましょう。

(*マッシュルームの水洗いについて詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。)

関連する記事