水は腐る?ペットボトルだと腐らない?保存期間の目安や臭い・味の変化など解説!

水が腐るかどうか知っていますか?今回は、水が腐る原因・理由や(臭い・味)などの変化にくわえ、〈水道水・ペットボトル水〉など水別に飲める期間の目安を紹介します。水が腐るのを防止する保存方法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 水は腐るの?原因・理由は?
  2. 水は腐らない
  3. 腐っているのは水の中に含まれる不純物
  4. 水が腐るとどうなる?
  5. ①臭い
  6. ②味
  7. 水が腐る期間は?いつまで飲める?
  8. ①水道水
  9. ②ペットボトルの水・ミネラルウォーター
  10. ③浄水器をで濾過した水
  11. ④一度沸かした水
  12. ⑤水筒に入れた水
  13. ⑥ペットボトルに入れた水道水
  14. 腐った水を飲んでしまった場合の対処法は?
  15. 以下の症状が出たら病院へ行こう
  16. 水が腐るのを防止する保存法・注意点
  17. ①口をつけて飲まない
  18. ②塩素・カルキを除去しない
  19. ③常温・直射日光に当てて保存しない
  20. 水が腐る前に飲み切ろう

水は腐るの?原因・理由は?

日常生活には常に必要な水ですが、多くの人が水の賞味期限を気にしません。水は賞味期限が切れると腐っていくのでしょうか。ここでは、水が腐るのか腐らないのか、その原因と理由について説明します。

水は腐らない

食べ物や飲み物が腐るのは、タンパク質を含む有機物に細菌や微生物が入って増殖することが原因です。水は無機物なので腐ることはありませんが、他の物質を吸収しやすい性質を持っています。

他の物質を吸収すると、一緒に不純物も取り入れてしまうので、水が濁ったり、悪臭を放つことがあります。日本では、水道水に塩素を入れて不純物の繁殖を防ぐため、安心して水を飲むことが可能ですが、日が経つと塩素の効果も薄れるため気をつけましょう。

腐っているのは水の中に含まれる不純物

完全に不純物を含まない水が腐敗することはありませんが、日常生活で使う水には微量の不純物が含まれています。水が腐ったと感じるのは、この不純物が腐って悪臭を放つためです。水道水には不純物を繁殖させないよう塩素を入れていますが、塩素の匂いが苦手で取り除く家庭もあります。塩素を取り除くと細菌や微生物が繁殖しやすくなるため、気を付けましょう。

レモン水などを作る時は、レモンの効果で塩素が除去されるため、早めに飲み切るのがおすすめです。

水が腐るとどうなる?

水は、不純物の影響によって腐ることがあるとわかりましたが、水が腐るとどんな変化があるのでしょうか。ここでは、水が腐った時の臭いや味はどうなるのか解説します。

①臭い

水は無臭ですが、腐ると硫黄や雑巾のような匂いや強烈な悪臭を感じます。水の中の細菌や微生物がタンパク質などを分解することで、悪臭を出すことが原因です。時間が経つほど臭いは強くなるため、異変を感じたら飲むことは控えましょう。

②味

普段と違う味がする、飲むと苦みを感じるような時は、腐っている可能性が高いです。水は基本無味なので、明らかに通常と異なる味がする時は飲むことをおすすめしません。

水が腐る期間は?いつまで飲める?

水は生きる上で欠かせないため、災害時や非常時のために保管する人も多いです。ペットボトルの水には賞味期限がありますが、水道水はいつまで保管することが可能でしょうか。ここでは、水はどれくらいで腐るのか、いつまで飲むことが可能か解説します。

①水道水

常温で水道水を保存した場合、約3日間は安全に飲むことができます。冷蔵庫保存であれば、常温よりも長い10日程度です。保存期間が過ぎると水は腐敗する可能性が高いため、期限内に飲み切りましょう。

②ペットボトルの水・ミネラルウォーター

関連する記事

×