漬物の種類はどんなのがある?野菜・漬け方・地域・色別に分類して紹介!

漬物にどんな種類があるか知っていますか?今回は、〈漬け方・地域・色〉別に漬物の種類を比較して紹介します。〈大根・なす・かぼちゃ〉など野菜別の漬け方のおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。日本食にぴったりの漬物を知り、毎日の食事を楽しみましょう。

目次

  1. 漬物の種類はどれくらい?違いは?
  2. 漬物の種類を漬け方で分類
  3. ①浅漬け
  4. ②塩漬け
  5. ③醤油漬け
  6. ④味噌漬け
  7. ⑤酢漬け
  8. ⑥粕漬け
  9. ⑦麹漬け
  10. ⑧辛子漬け
  11. ⑨ぬか漬け
  12. ⑩キムチ
  13. 漬物の種類を地域別に分類
  14. ①北海道の漬物
  15. ②東北地方の漬物
  16. ③関東地方の漬物
  17. ④甲信越地方の漬物
  18. ⑤近畿地方の漬物
  19. ⑥中国地方の漬物
  20. ⑦四国地方の漬物
  21. ⑧九州地方の漬物
  22. ⑨沖縄の漬物
  23. 漬物の種類を漬ける野菜別に分類
  24. ①大根
  25. ②なす
  26. ③かぼちゃ
  27. ④きゅうり
  28. ⑤昆布
  29. 漬物の種類を色別に分類
  30. ①緑色
  31. ②茶色
  32. ③ピンク
  33. 漬物の種類はいろいろ

漬物の種類はどれくらい?違いは?

ご飯のお供である発酵食品の漬物ですが、様々な種類があり、味や漬け方、漬ける野菜も多種多様です。漬物にはどれくらいの種類があるのか、各地方ならではの漬物や、野菜別のおすすめの漬け方も紹介します。

漬物の種類を漬け方で分類

漬物は野菜を長期間保存するために生まれた発酵食品ですが、様々な種類があり、漬け方によって大きく味が変わります。漬け方にはどのような種類があるのか、漬け方での分類を紹介します。

①浅漬け

野菜を短時間調味液に漬けて漬物にしたものの総称で、お新香や即席漬け、一夜漬けも浅漬けに分類されます。また、ぬか漬けや酢漬けをする際、漬かりきらないうちに短時間で引き上げた場合でも浅漬けと呼ばれることがあります。

②塩漬け

野菜を塩に漬けて発酵させる漬物で、最も古くから用いられる貯蔵法です。塩漬けは塩分濃度が高くすることで細菌が繁殖するのを抑制し、食品を長期間保存することを可能にしています。

③醤油漬け

醤油をベースとし調味料や香辛料を加えた上で漬けたものの総称で、塩漬けをした後や野菜を乾燥させた後に醤油漬けを行う事もあります。また、野菜だけで無く数の子やマグロ、イクラなどを漬ける事があるのも特徴です。松前漬けや福神漬けも、醤油漬けの一種に分類されます。

④味噌漬け

味噌は塩分が効いているため貯蔵に向いており、味を引き立てる役割も果たします。野菜だけで無く肉や魚にも使用されるのが特徴で、手軽に作り置きできる方法として広く用いられています。

⑤酢漬け

酢漬けは酢に砂糖や調味料・香辛料を加えた上で野菜を漬け込んだもので、代表的なものにピクルスが挙げられます。酢漬けは塩漬けしていた野菜の発酵が進んで、自然に出来たものと言われていますが、現在は酢を使って付けるのが一般的です。

⑥粕漬け

粕漬けは、お酒を絞った後に作られる酒粕、もしくはみりん粕に食材を漬ける手法です。酒粕には独特の甘みがあるので淡泊な味わいに仕上がりますし、みりん粕の場合は甘みが濃厚になるのが特徴です。甘みが足りない場合は、砂糖を加える事もあります。

⑦麹漬け

白米麹の床に砂糖や塩を混ぜ込んだ後に漬ける方法で、べったら漬けとも呼ばれます。ゆず皮や刻み昆布、唐辛子など好きな食材を混ぜると、オリジナルの麹漬けが作る事が出来ます。麹漬けは甘みが強く塩気もあまり強くないので、長期間の保存にはあまり向いていません。

⑧辛子漬け

辛子漬けは、塩漬けにした野菜を辛子・麹・酒などを混ぜた中に漬け込んだものです。きゅうり、カブ、大根などでも漬けられますが、最も人気なのはナスの辛子漬けであり、特に秋ナスを漬けた物が絶品です。

⑨ぬか漬け

むか漬けは、米ぬかに水・塩を混ぜ乳酸菌発酵させたぬか床に、野菜を漬けて作られた漬物です。発酵が進行することで独特の味わいが生まれるのが特徴で、どぶ漬けやどぼ漬けと呼ばれる事もあります。

⑩キムチ

キムチは朝鮮半島の寒い時期を越すために生まれた保存食であり、植物乳酸菌の力で発酵することで完成します。野菜を塩漬けした後、香辛料としてニンニク・サンショウ・魚介類を使用しており、独特なにおいと濃厚な味わいを愉しめます。

漬物の種類を地域別に分類

漬物は地域によって昔ながらの漬け方があり、その種類は多岐にわたります。日本全国の地域別で、漬物にどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

①北海道の漬物

北海道では魚介類が豊富に取れる事もあり、漬物に昆布やスルメ、数の子を用いて醤油で漬け込んだ松前漬けが人気です。夕張メロンを贅沢に使用した漬物や、芋のように見えオリゴ糖が豊富に含まれるヤーコンを漬けたヤーコン漬けなど、北海道の特産品をふんだんに使った漬物もあります。

②東北地方の漬物

寒さの厳しい東北地方では、保存食として各エリアで独特の漬物が作られてきました。秋田県では干した大根をいぶして作るいぶりがっこが有名ですし、岩手県で作られるウリを使用した漬かれば漬かるほど味わいが増すと言われる金婚漬け等があります。

また、山形県では青菜を細かく刻んで他の野菜と混ぜて塩漬けした後、少量の醤油を加えた食べるおみ漬けが古くから作られていますし、少し変わった漬物としては、名産である食用菊の色を損なわないように漬けた晩菊漬けもあります。

(*いぶりがっこについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

いぶりがっことは?名前の意味は?味・作り方や食べ方おすすめ13選も紹介!

③関東地方の漬物

関東地方では、味噌を作る過程で生じる副産物のたまりを使用したたまり漬け、野菜を塩抜きした後、みりんや醤油で漬ける非発酵の漬物である福神漬けなどが作られています。また、天日干し大根を醤油と酢で漬けるハリハリ漬けなど、醤油を使用する漬物が多く作られています。

④甲信越地方の漬物

漬物出荷額が全国2位の長野県も、甲信越地方に含まれます。1756年に野沢温泉村の住職が、漬けたことに由来する野沢菜漬けをはじめとし、信州小梅、ヤマゴボウ、信州味噌漬けなど数多くの漬物が食べられています。他県への漬物出荷量は年間5万トンにもなり、お土産としての購入も多い様です。

⑤近畿地方の漬物

赤紫蘇の葉を茄子とともに塩漬けしたのちに乳酸菌で発酵させた柴漬け、薄切りにしたカブを昆布とともに漬けて乳酸発酵させた千枚漬け、カブの変種である酸茎菜とかぶらを使用した冬の代表的な漬物であるすぐきの三つを、京都では三大京漬けと呼びます。

他にも、質の良い水を用いて作られた銘酒の酒粕を床にして漬けたなら漬けは、奈良県の名産品として有名です。

⑥中国地方の漬物

中国地方は日本海に面する山陰地方と瀬戸内海に面する山陽地方からなり、それぞれに独特の漬物が存在します。山陰地方では島根県のわさび漬け鳥取県のらっきょう、山陽地方では山口県の大根を用いた寒漬けや広島県の広島菜漬が有名です。

広島菜は、長野県の野沢菜、福岡県の高菜とならび三大漬菜とも呼ばれており、シャキシャキとした味わいが特徴です。

⑦四国地方の漬物

四方を海で囲まれ温暖な気候が特徴の四国地方は、特産の野菜を用いた漬物が人気です。白菜の代わりとして用いられ、形がしゃもじに似ている事から名付けられた杓子菜を漬けた杓子菜漬けは高知県の名産品ですし、徳島の阿波ではたくあん漬けがよく食べられます。

⑧九州地方の漬物

農作物が豊富な九州は、外国からの影響を受けた漬物が各県で人気です。福岡では日本三大菜漬といわれる高菜漬け、鹿児島県では干した大根を壺に入れて漬けた壺漬け、唐人菜を乳酸発酵させて作った長崎のぶらぶら漬けなど種類も豊富なのが特徴です。

⑨沖縄の漬物

沖縄では島らっきょうの塩漬けが有名ですが、南国ならではの特産物であるゴーヤやパパイヤ、マンゴーなどを漬けることもあります。また、ジージキと呼ばれる、漬け汁にさとうきびを原料とする黒糖を使った漬物は沖縄特有のもので、お茶請けの一品として食べられています。

漬物の種類を漬ける野菜別に分類

漬物は様々な野菜を長期保存できるのが利点ですが、野菜ごとに向いている漬け方も異なります。それぞれの野菜はどんな漬け方をするとおいしく食べられるのか、見ていきましょう。

①大根

固くて漬けるのに時間がかかりそうな大根ですが、淡白な味のため漬物にはぴったりで、特に下記のような漬け方に向いています。

・酢漬け
・べったら漬け


家にある材料で手軽にでき、大量消費が出来るため、大根が余った際には色々な漬け方を試してみるとよいでしょう。

②なす

夏が旬のなすは、取れたてをすぐに漬けるのがおいしく食べるポイントです。下記の漬け方が特におすすめです。

・浅漬け
・からし漬け



なすはそのままでも美味しいですが、みょうがとも相性ばっちりのため、一緒に漬けると味わいが増します。

③かぼちゃ

煮物や焼き物のイメージが強いかぼちゃですが、漬物にしてもおいしく食べられます。

・味噌漬け
・浅漬け


甘い味わいに味噌の味わいが増す味噌漬けは、ごはんのお供にもってこいの一品ですし、浅漬けにする場合はコリコリとした食感が楽しめます。

④きゅうり

生でも食べられるきゅうりですが、漬物としても大人気の食材です。

・醤油漬け
・浅漬け


醤油に漬けると生とは一味違った味わいが楽しめますし、浅漬けは手軽に漬けられてどんなおかずにも合うため、定食屋などで提供される事も多い様です。

⑤昆布

だしとしてもつかわれる昆布ですが、漬物にしてもおいしく食べられます。

・浅漬け
・松前漬け


浅漬けの場合は白菜やきゅうり、にんじんなども一緒に漬けることで普段のお漬物に味わいが増します。だしとして使用したあとの昆布を、浅漬けとして漬けてもよいでしょう。

漬物の種類を色別に分類

漬物は見た目が鮮やかなのも特徴の一つであり、色が異なれば作り方や味わいも違います。漬物の種類を、色別に見ていきましょう。

①緑色

漬物に使用する野菜は緑のものが多く、鮮やかな見た目が特徴です。

・しその実漬け
・野沢菜漬け
・高菜漬け


どれも漬ける野菜が緑色であり、そのままの色が漬物になっています。漬物にすることで、保存が効くだけでなく、色鮮も保てるのが良いところです。

②茶色

茶色の漬物は、味が濃い目のものが多く挙げられます。

・奈良漬
・福神漬け
・たまり漬け


奈良漬は酒粕に1ヶ月以上漬けることによってメラノイジンという色素が生成され、徐々に茶色がかってきます。また、福神漬けやたまり漬けは調味液に醤油が入っていることにより、茶色みがかった色になります。

③ピンク

ピンクの漬物は色鮮やかで、お弁当の中に入れて用いられることも多いです。

・桜漬け
・柴漬け
・赤カブ漬け


大根の桜漬けは、梅酢と呼ばれる赤紫蘇を入れて梅干しを漬けた時にできる液を使って漬けられています。柴漬けも、紫蘇に漬けることでピンクに染まります。

漬物の種類はいろいろ

漬物には様々な種類があり、漬ける野菜にとって最適な漬け方も異なる事が分かりました。様々な漬物を味わい、自分が好きな漬物を見つけて毎日の食卓を楽しみましょう。

関連する記事