和菓子の種類・名前の一覧!春・夏・秋・冬で季節別の人気商品も紹介!

和菓子は種類豊富で、季節感を感じる物も多くあります。和菓子にはどんな種類があるのでしょうか?今回は、〈生菓子・半生菓子・干菓子〉など系統別に和菓子の名前・種類を一覧で紹介します。〈春・夏・秋・冬〉で季節別の人気商品も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 和菓子の種類は?
  2. 和菓子の種類【生菓子】
  3. 餅物
  4. 蒸し物
  5. 焼き物
  6. 流し物
  7. 練り物
  8. 揚げ物
  9. 和菓子の種類【半生菓子】
  10. あん物
  11. おか物
  12. 焼き物
  13. 流し物
  14. 練り物
  15. 和菓子の種類【干菓子】
  16. 打ち物
  17. 押し物
  18. 掛け物
  19. 焼き物
  20. あめ物
  21. 和菓子の種類を季節で分けると?
  22. ①春
  23. ②夏
  24. ③秋
  25. ④冬
  26. 和菓子の種類は様々

和菓子の種類は?

様々な色や形で季節感を感じさせてくれる和菓子ですが、その種類はどれほどあるのでしょうか。今回の記事では、和菓子の種類を系統別に一覧で紹介していきます。代表的な和菓子の画像も交えながら紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

(*和菓子について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

和菓子とは?洋菓子との違いや歴史は?人気ランキング種類の一覧なども紹介!

和菓子の種類【生菓子】

まずは、和菓子の中で目にする機会も多い生菓子の種類を紹介します。生菓子だけでも多くの種類があるので、順番にチェックしていきましょう。

餅物

餅物は、その名の通りもち米やうるち米を使用した和菓子の事を指します。餅物の代表的なものには、以下の様な和菓子があります。

・おはぎ:もち米やうるち米を炊いて撞いたのち、あんなどをつけたもの
・柏餅:うるち米で作った餅の中に小豆か味噌のあんをいれたもの
・赤飯:もち米に、小豆やささげを加えて作られる


赤飯はご飯もののイメージが強いですが、意外にも和菓子の一つに分類されています。餅物は、ほかにも大福や羽二重餅など、身近なものから地方の銘菓までさまざまな種類があります。

蒸し物

蒸し物は、作った生地を整形した後に蒸し上げて作る和菓子の事を指します。

・ういろう:米粉にもち粉や砂糖を加え、型に流した後に蒸して作る
・かるかん:かるかん粉と砂糖、すりおろした山芋を捏ねたのち、せいろで蒸す
・ゆべし:柚子の皮やうるち米、砂糖などを混ぜて蒸し、竹の皮に包んで棒状に整えられる


蒸しと聞くと饅頭の様な和菓子を想像しますが、ういろうの様に独特の食感を愉しめる物が多くなっています。餅物と比較すると食べる機会はあまり多くありませんが、特有のもっちりとした食感で多くの人に愛されています。

ちなみに、ゆべし柚餅子とも書き、くるみや柚子を使用して作られています。地方ごとに作り方が異なる様なので、それぞれの味を食べ比べてみるのもおすすめです。

焼き物

焼き菓子は生地を焼き上げて作る和菓子です。焼き上げているので賞味期限が長そうですが、傷みやすいあんこを使用しているものも多いので賞味期限は確認しておきましょう。

・どらやき:小麦粉や卵などで出来た生地で、あんを挟んだもの
・桜餅:小麦粉や米粉で作った生地であんを巻いたもの
・カステラ:卵や牛乳などで作った生地を方に入れ、オーブンで焼いたもの


和菓子の焼き物は焼き方によって平なべもの、オーブンものなどに分類されており、どらやき、桜餅は前者、カステラは後者に分類されます。上記で挙げた桜餅は、関西風の道明寺粉を使用した物ではなく関東風のものなので注意してください。関東風の桜餅は長命寺と呼ばれる事もあり、江戸時代から愉しまれて来たそうです。

流し物

流し物は飴や寒天などを使用し、型に材料を流し込んで作られます。流し物の代表激な和菓子は、以下の様な物です。

・ようかん:あんに砂糖や寒天を加えて煮詰め、固めたもの
・水ようかん:ようかんに比べ、水分が多いのが特徴
・きんぎょく:砂糖や水飴などを混ぜた寒天を冷やし固めたもの


昔ながらの伝統的な流し物には寒天が使用されますが、近年ではカラギーナンなどが使用される事も多い様です。どれも清涼感がありさっぱりと頂く事ができるので、夏のデザートして頂いてみてはいかがでしょうか。

練り物

練り物は、餅粉やあんこを原料として作ります。練り上げて作った生地を自分で整形して作るので様々な形を楽しめますし、季節感を表現しているものもあります。

・ねりきり:白あんに砂糖を加えて練り、ぎゅうひなどを加えて整形したもの
・ぎゅうひ:白玉粉に砂糖などを入れ、練り上げたもの
・こなし:あんにもち米などを加えて蒸し、砂糖を混ぜながらこなしたもの


ねりきりは和菓子の代表的な種類と言えるもので、手作業による職人技を愉しめる一品でもあります。なかなか綺麗に整えるのは難しいですが、家庭でも挑戦できるので自分で作ってみるのもおすすめです。さまざまなバリエーションを楽しめるのが魅力なので、味覚・視覚両面で愉しみましょう。

揚げ物

揚げ物は生地を揚げて作っており、他の生菓子とは少し趣の違う仕上がりとなっています。

・あんドーナツ:小麦粉に卵やバターなどを混ぜた生地であんを包み、揚げたもの
・揚げ月餅:小麦粉などで作った生地で小豆餡などを包み、型に入れて成型した物を揚げる
・かりんとう饅頭:黒糖を練り込んだ生地でこしあんを包み、揚げる


ドーナツはアメリカのお菓子として人気ですが、揚げドーナツは和菓子の一つとして分類されている様です。上記で挙げた様に元々あるお菓子を揚げたものが多いので、そちらが好きなら揚げ物も味わってみましょう。揚げ物は食べ応えがある物も多く、子供のおやつにもピッタリです。

和菓子の種類【半生菓子】

生菓子に続いて、ここ半生菓子にはどの様なものがあるかを一覧で紹介していきます。半生菓子にも練り物や流し物などがあるので、生菓子の種類と比較しつつチェックしてみてください。

あん物

あん物は、少し硬めの皮であんこを包んで作る和菓子です。あん物の代表的なものには、以下の様な物があります。

・もなか:もち米をこねて伸ばした生地を焼き、間に餡を入れたもの
・石衣:あんをボール状に丸め、糖衣をかけたもの
・松露:石衣の関西での呼び名

半生菓子のあん物は、どれもあんと固い皮との食感の違いを愉しめるのが特徴の様です。石衣や松露もスーパーのお菓子売り場などで販売されている事も多いので、興味のある方は探してみてはいかがでしょうか。

おか物

おか物とは、生地と他のものとを合わせて作られる和菓子の事です。具体的に言うと、以下の様な物があります。

・もなか:あんを、もち米をこねて焼いた生地で包んだもの
・かのこ:ぎゅうひなどをあんで包み、小豆やいんげんなどを張り付けたもの
・すはま:きな粉と砂糖などを混ぜた生地を、棒状にして整えたもの


もなかはあん物でも登場しましたが、おか物にも分類される様です。外側に小豆を張り付けたかのこなど、ユニークな見た目の和菓子があります。

焼き物

焼き菓子は生菓子でも登場しましたが、半生菓子にもあります。半生菓子の焼き物には、以下の様な物が挙げられます。

・桃山:白あんに砂糖や卵黄、みじん粉などを練った後型抜きし、焼いたもの
・茶通:小麦粉に卵白や抹茶などを加えた生地であんを包み、茶葉を数枚付けて焼く
・黄身雲平:粉糖や寒梅粉、黄身などを練った生地を型抜きし、オーブンなどで焼いたもの


黄身雲平は名前は雲平とよく似ていますが、最後にオーブンで焼き上げるので全く違った食感を愉しめます。茶通などあまり馴染みが無いものも多いですが、見かけたら一度味わってみましょう。

流し物

半生菓子の流し物も生菓子とそれほど変わりはないですが、より賞味期限が長いのが特徴です。半生菓子の流し物には、下記の様なものがあります。

・ようかん:あんに砂糖や寒天を加えて煮詰め、固めたもの
・水ようかん:ようかんに比べ、水分が多いのが特徴
・きんぎょく:砂糖や水飴などを混ぜた寒天を冷やし固めたもの


半生菓子は、賞味期限を長くするために水分量を抑えられているのが特徴です。また、製造方法は、生菓子とほぼ変わらない様です。

練り物

半生菓子の練り物も、流し物と同様に生菓子と製造方法はほぼ同じですが水分量を抑えて作られています。

・ねりきり:白あんに砂糖を加えて練り、ぎゅうひなどを加えて整形したもの
・ぎゅうひ:白玉粉に砂糖などを入れ、練り上げたもの
・こなし:あんにもち米などを加えて蒸し、砂糖を混ぜながらこなしたもの


生菓子よりも賞味期限が長いので、より日持ちさせたい時は半生菓子の練り物を選ぶと良いでしょう。

和菓子の種類【干菓子】

最後に紹介する和菓子の種類は、干菓子です。生菓子や半生菓子とは違い、水分が少なくて比較的日持ちしやすいといった特徴がある様です。どの様なものがあるか、こちらも一覧でチェックしてみましょう。

打ち物

干菓子の一種である打ち物は、みじん粉やきな粉などと砂糖、シラップを混ぜ合わせたものを指します。

・落雁:もち米や大豆などに砂糖、水飴などを混ぜ、木型に詰めて整形したもの
・打ち物種:砂糖と水飴を混ぜた物にもち米を合わせたもの
・懐中しるこ:さらしあんと砂糖、デンプンなどを混ぜたものをもなかで包んだもの


懐中しるこは携帯できるお汁粉の事で、お湯を掛けるだけで簡単にお汁粉を愉しむことができる物です。中には、松竹梅などをかたどったゼリーが出てくるユニークな懐中しるこもある様です。

押し物

押し物は、打ち物の材料に練りあんなどを加えてから型で整形した物です。

・むらさめ:あんと砂糖、寒梅粉などを混ぜ、型に入れて成型する
・竹のふし:小豆あんと寒梅粉から作られる、松尾芭蕉の句に因んだお菓子
・塩がま:みじん粉や砂糖、塩漬けのシソの葉などを合わせて固めたもの


押し物は打ち物とよく似ていますが、押し物の方が水分量が多いのが特徴です。くちどけの良さを重視したいなら、こちらを選ぶのがおすすめです。

掛け物

掛け物とは、豆やあめ、ゼリーなどにシラップやチョコレートなどを掛けたものです。

・ひなあられ:もち米を膨らませ、シラップなどで着色したもの
・おこし:もち米やうるち米などで作ったおこし種にゴマなどを混ぜ、シラップを掛けて成型したもの
・ごかぼう:干し飯を膨らませた後水飴で固め、きな粉をまぶしてカットしたもの


掛け物はシラップや水飴などを使用しているので、しっかりした甘さを愉しむ事が出来ます。おこしは岩おこしや粟おこし、雷おこしなど地域によって多少差がある様です。

焼き物

干菓子の焼き物も生、生半菓子と材料は似ていますが、生地を調節したり焙焼するなどして焼き上げて作ります。

・丸ボーロ:小麦粉と卵、砂糖を混ぜて両面焼いたお菓子
・小麦せんべい:小麦粉を主原料としたおせんべい
・落とし焼き:小麦粉を卵で溶き、ふくらし粉や砂糖などを混ぜた生地をフライパンなどに落として焼いたもの

生菓子や半生菓子はしっとりした食感が魅力ですが、焼き物はさくっとした軽い食感が特徴となっています。上記の他にも、焼き物には中華風クッキーや押し焼きなどがある様です。

あめ物

あめ物は、砂糖を主原料として水飴を加えたものと水飴を主原料として砂糖を加えた物とがあります。

・あきな飴:水飴と砂糖、寒天で作る粘り気が特徴の飴
・有平糖:砂糖に水飴を加え、煮詰めてから成形、細工をして仕上げる
・朝鮮飴:もち米と水飴、砂糖を合わせたものを成形し、片栗粉をまぶしたもの


朝鮮飴は名前に朝鮮と付きますが、熊本銘菓として知られています。古くから伝わる和菓子でもあり、遣唐使によって日本に製法が伝えられたとされています。素朴な美味しさが人気で、お餅の様なもちっとした食感を愉しめます。

和菓子の種類を季節で分けると?

ここまでは系統別に分けて和菓子を紹介しましたが、和菓子には季節を感じさせてくれる物も多くあります。季節ごとに分けて和菓子の種類を紹介するので、お茶菓子を用意する際の参考にして下さい。

①春

まずは、温かい季節の到来を感じさせてくれる春の和菓子を見てみましょう。

・ぼたもち:お彼岸に食べられることが多く、牡丹が由来となっている
・3色団子:白玉粉を3色作り、串に刺した見た目も可愛い団子
・桜餅:しょっぱい桜の葉が特徴で、西と東では作り方が異なる


3色団子はお店でも気軽に購入できますが、白玉粉を使って簡単に作れるので自分で作ってみても良いでしょう。通年食べられる和菓子ですが、お花見をしながら頂く団子もまた格別です。

②夏

続いて、涼しさを感じさせてくれるような夏の和菓子を紹介します。

・水ようかん:水分が多い羊羹で、つるっとした食感が特徴
・葛切り:葛に黒蜜を掛けて、ところてんの様に愉しめる
・あゆ:鮎の形を模した、もちもち食感を愉しめる焼き菓子


あゆは見た目が可愛く、お客さんに出すお茶菓子としてもおすすめです。作る人によって個性が出るお菓子で、清涼感を出すために生姜のしぼり汁が加えられているものもある様です。

③秋

季節の味覚を楽しめる、秋の和菓子についても見ていきましょう。

・きんつば:粒あんを固め、白玉粉などで作った衣をまぶして焼いたもの
・栗きんとん:水と砂糖を煮詰めたあんに、栗を加えて煮込んだもの
・おはぎ:もち米とうるち米を炊いて撞いたものを丸め、あんなどをまぶしたもの


おはぎはぼたもちと似ていますが、おはぎよりも小さく作られている様です。あんやきな粉などをまぶして様々な種類を楽しめるのも魅力です。

④冬

最後に、冬の季節感を感じられる和菓子を紹介します。

・柚子もち:道明寺粉と柚子皮を使用し、冬至に愉しまれる
・酒饅頭:酒種と砂糖や小麦粉などを合わせて発酵させた生地で、あんを包んだもの
・花びらもち:梅の花びらに見立てた和菓子で、初釜でも振舞われる


冬の雪を想像させるような、白っぽい色合いの和菓子も多い様です。冬至に食べられる柚子もちや新年最初の茶会で振舞われる花びらもちなど、食べるタイミングが決まっていた和菓子もあります。

和菓子の種類は様々

和菓子には様々な種類のものがあり、季節感を感じさせてくれるものも多くあります。ただ美味しいだけでなく見た目で愉しめるものも多いので、普段あまり食べない人も一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

関連する記事