かますの旬の時期・季節は種類別で違う?選び方・栄養価やレシピのおすすめを紹介!

かますの旬の時期を知っていますか?かますの旬は他の魚と違った特徴があります。今回は、<アカカマス・ヤマトカマス>の種類別のかますの旬の時期や、主産地・生産量を紹介します。かますの選び方や栄養価、レシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. かますの旬の時期いつ?種類で違う?
  2. ①アカカマスの旬の時期・季節は夏
  3. ②ヤマトカマスの旬の時期・季節は冬
  4. かますの主産地・漁獲量
  5. かますとはどんな魚?
  6. かますの生態
  7. かますの栄養価
  8. かますの選び方のポイントは?
  9. ①目の透明度が高い
  10. ②エラが赤色
  11. ③ウロコが残っている
  12. かますのさばき方
  13. かますの旬の食べ方・レシピのおすすめ
  14. ①かますの昆布〆
  15. ②干物
  16. ③塩焼き
  17. ④かますのすり身揚げ
  18. ⑤かますのアクアパッツァ
  19. ⑥かますの混ぜ込みご飯
  20. かますを旬の時期に美味しく食べよう

かますの旬の時期いつ?種類で違う?

かますには、主なものとしてアカカマスとヤマトカマスがあり、ここではこの2つの旬、また、なぜこの時期が旬なのかについてご紹介します。

①アカカマスの旬の時期・季節は夏

アカカマスは、本カマスともいわれ、カマスの代名詞ともいえる魚です。旬は年2回あり、脂がしっかりのる10月から12月、産卵前の3、4月頃で、年に2回おいしい時期を楽しめるという他の魚と異なる特徴があります。脂がのる時期のかますは塩焼きにして、産卵前の栄養を蓄えている時期のかますは刺身やすり身にして食べるのがおすすめです。

②ヤマトカマスの旬の時期・季節は冬

ヤマトカマスはアオカマスと呼ばれ、アカカマスと比較すると身に含まれる水分量が多めです。そのためか、ヤマトカマスは干物として食べられることが多いです。旬は秋からから冬にかけてで、空気が乾燥しやすくなる時期ですので、干物にするのにはちょうど良い季節といえます。

かますの主産地・漁獲量

かますの漁獲量に関しては、明確な統計が無く、最も多く獲れる産地が不明ですが、主産地として有名なところはこちらになります。

・富山県
・長崎県
・和歌山県
・鹿児島県

アカカマスは日本海側で多く漁獲され、対してヤマトカマスは太平洋側で多く漁獲されます。かますは南方系の海に生息するため、日本国内においても東日本よりは西日本に産地が偏っています。

かますとはどんな魚?

かますは家庭の食卓によく使われる魚ですが、生態についてはあまりよく知らないという方も多いのではないでしょうか。ここで改めて生態ついて詳しく紹介します。

かますの生態

かますの仲間はアカカマスやヤマトカマスを含め、概ね21種類ほどですが、いずれも海水魚で、太平洋や日本海をはじめ、大西洋、インド洋に至るまで広範囲に生息しています。特に南側の海洋に多く、沿岸域に多く群れを成している事も多く、定置網で漁獲する方法が主流です。

カマスは口が大きく、「叺(かます)」という穀物などを入れる大きな袋に類似しているのが由来といわれます。鋭くて長い歯を持ち、他の魚を補食し、海においての肉食系の魚です。しかも、サメと同様に、人間に対して攻撃的な面があり、サメより恐れられているところもあるようです。

かますの栄養価

かますは、白身魚の一種ですが、さばやあじ等の青魚にも劣らない栄養素が含まれています。

・EPA(エイコサペンタエン酸)
・DHA(ドコサヘキサエン酸)
・ビタミンB12
・ビタミンE

かます1匹分(約120g)を食べることにより、EPAとDHAの1日の摂取推奨量の8割程、ビタミンB12については、1日の必要量をすべて満たすことができます。かますには、脳の活性化を助けてくれるDHAと悪玉コレステロールを減らしてくれるEPA、他にアンチエイジングをサポートするビタミンE、貧血予防に効果的とされるビタミンB12が多く含まれています。

かますの選び方のポイントは?

かますをよりおいしく味わうためには、選び方を知ることが重要です。ここではかますの選び方についてここでは分かりやすく紹介します。

①目の透明度が高い

海から引き上げられてから時間が経っていないものは、目に濁りが無く、透き通っており、時間が経つにつれて、徐々に目が濁ってきます。魚の鮮度を選ぶ際に最もわかりやすい部位ですので、必ず確認しておきましょう。

②エラが赤色

エラも、鮮度を表すバロメーターといえます。鮮度が良いうちは鮮やかな赤色をしており、鮮度が落ちていくにつれてピンク色、肌色に変色していきます。漁獲されて時間が経過していない魚は、エラ等の体内の器官すみずみまで、血液が行き届いており血色が良いです。

海から引き上げられてから時間が経つとともに、腐食が徐々に進んでいき、臭みが増し、味も落ちてきてしまいます。エラは体内の器官の中でも外から確認しやすい部位なので、押さえておきたいチェックポイントといえます。

③ウロコが残っている

獲れたての魚は、直前まで海の中で悠々と泳いでいるわけですから、ウロコもしっかり身にくっついている状態です。鮮度が落ちると、身が徐々に柔らかくなり、ウロコが落ちやすくなります。カマス等の魚介類は、腐敗が進みやすく、食中毒のリスクも高まりますので、チェックするべきポイントは欠かさず確認しておきましょう。

かますのさばき方

かますはもちろん、魚のさばき方について、よく分からないという方は意外に多いようです。ここでは分かりやすく動画と併せて紹介します。手順については以下の通りです。

①包丁で鱗を引く。
②胸びれが頭側につくように斜めに包丁を入れ、中骨を切る(裏側も同様に斜めに切り落とす)。
③尻から包丁を入れ、内臓を取り出す。
④血合いに包丁を入れ、鱗、腹の血合いを良く洗い、よく水気を取る。
⑤頭から包丁を入れ、中骨に沿って尾まで切り下げ、片身をはがす。
⑥裏返し、頭から包丁を入れ、中骨に沿って尾まで切り下げ、片身をはがす。
⑦身に沿って包丁を入れ、腹骨をすく。皮一枚になったら、包丁を立て切る。

魚をうまくさばくためのポイントとしては、躊躇せず、思い切って包丁を入れることです。そうしないと身が崩れて、せっかくの食感が台無しになってしまいます。

かますの旬の食べ方・レシピのおすすめ

かますは、味にくせが無いことから、焼く、揚げる、生食など、どの料理方法とも相性が良いので、意外にもレパートリーが多い魚です。ここではおすすめのレシピを紹介します。

①かますの昆布〆

出典: https://cookpad.com/recipe/4094986

かますは味が淡白ですので、特に昆布だしに漬け込んで昆布〆にすると、昆布の風味が浸み込み、より旨味が出ます。かますは皮の部分にうまみ成分が多いので、皮は取り除かず食べるのがおすすめです。もし、皮ごと食べるのに抵抗がある場合は、軽くあぶると良いでしょう。

かますの昆布〆

②干物

出典: https://cookpad.com/recipe/4954748

かますの干物は意外と簡単に作ることができます。エラと内臓を取り除き、3%の塩水に20分~30分程漬け、目が白濁してきたら取り出し、流水で軽く洗って水気を取り、風通しの良い日陰に半日干したら完成です。朝食に下ごしらえしたら、その日の夕食として食べられます。

簡単!自家製干物 かますの開き

③塩焼き

出典: https://cookpad.com/recipe/5345880

カマスは味が淡白なので、素材の味が堪能できます。臭みも少なく、シンプルに塩だけまぶして焼くだけで十分です。特に脂がのっている10月頃のカマスは旨味が増し、塩焼きで十分味が楽しめます。塩は素材の味を引き出してくれる岩塩や粗塩がおすすめです。

カマスの塩焼き

④かますのすり身揚げ

出典: https://cookpad.com/recipe/3460347

あまり知られていないですが、カマスはすり身にすると歯ごたえのある食感になります。ポイントは塩を振り、水分をしっかり抜いてから練ることです。あとは、お好みで野菜や山芋などを混ぜてタネを作り、挙げると出来上がりです。おつまみや小腹がすいた時におすすめです。

カマスのととぼち揚げ(すり身揚げ

⑤かますのアクアパッツァ

出典: https://cookpad.com/recipe/6284899

かますに限らず、魚の下ごしらえは煩わしいものです。そういう方におすすめなのがアクアパッツァです。内臓とエラを取り除き、あとはお好みの野菜とだしを入れて加熱するだけで出来上がります。見栄えも良く、いつものの食卓を華やかにしてくれます。

旬のカマスとアサリのアクアパッツア

⑥かますの混ぜ込みご飯

出典: https://cookpad.com/recipe/5564884

かますはご飯に混ぜ込んでもおいしく食べられます。干物をほぐして混ぜ合わすのも良いでしょう。程よい塩味がついているので、味付けも簡単です。また、生のかますを皮ごと細切れにして炊き込みご飯の具として使うと、旨味がご飯に浸み込み、かますの風味を堪能できます。

残ったカマスの干物で、混ぜ込みご飯を

かますを旬の時期に美味しく食べよう

かますは、味が淡白でくせが無いため、レシピのレパートリーも広がりやすいです。抗酸化作用も高く、アンチエイジング効果も期待できるので、習慣的に摂って、いつまでも若々しく、健康維持したいものですね。

関連する記事