かぼちゃの煮物は冷凍保存できる?日持ち期間は?お弁当向けの解凍方法やリメイクレシピも紹介!

かぼちゃの煮物の冷凍での保存方法を知っていますか?実は正しく保存すると、長く保存できます。今回は、かぼちゃの煮物を冷凍保存する方法や日持ち期間のほか、解凍のコツも紹介します。かぼちゃの煮物の腐った時の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. かぼちゃの煮物を冷凍保存するポイントは?
  2. ①煮汁は切って水分量を減らす
  3. ②ぴったりと密封する
  4. かぼちゃの煮物を冷凍保存する方法・日持ち期間は?
  5. 冷凍での保存方法
  6. 保存期間
  7. 冷凍のかぼちゃの煮物を解凍する方法は?
  8. ①弁当に入れて自然解凍
  9. ②電子レンジでチン
  10. 保存したかぼちゃの煮物が腐った時の見分け方は?
  11. 腐ったかぼちゃの煮物の特徴
  12. 冷凍したかぼちゃの煮物リメイクレシピ
  13. ①かぼちゃ煮物スープ
  14. ②かぼちゃの煮物コロッケ
  15. ③かぼちゃの煮物グラタン
  16. ④かぼちゃの煮物サラダ
  17. かぼちゃの煮物を正しく保存して日持ちさせよう

かぼちゃの煮物を冷凍保存するポイントは?

かぼちゃの煮物を保存する時は、長く美味しく食べられる様にしたい物です。食感と味を保つためのポイントがいくつかあるので、以下で紹介していきます。

①煮汁は切って水分量を減らす

かぼちゃの煮物は、そのまま冷凍してしまうと解凍して食べたときに水分が出て、食感が悪くなります。かぼちゃ本来の食感を残すためにも、冷凍する前に煮汁を切って、水分を減らしましょう。網目状の器の上に載せるのも良いですし、キッチンペーパーで直接水分を拭き取ることもオススメです。

②ぴったりと密封する

かぼちゃの煮物が冷めきったら、保存容器、やサランラップなどで空気が入らないように保存しましょう。他の食べ物や冷凍庫の匂いが移ってしまうのを防ぐだけではなく、かぼちゃの煮物も傷みづらくなり、より日持ちさせる事ができます。

かぼちゃの煮物を冷凍保存する方法・日持ち期間は?

ここからは、かぼちゃの煮物を冷凍保存する方法と、日持ち期間を紹介します。

冷凍での保存方法

かぼちゃの煮物のオススメ保存期間は約2週間ですが、保存状態がよければ1ヶ月ほど日持ちします。

[やり方]
1、かぼちゃの煮汁を切る
2、かぼちゃを冷ます
3、サランラップで一食分ずつラップする
4、ジップロックや保存容器に入れる
5、冷凍庫に入れたら完了


かぼちゃの煮物を網目状のものの上に載せるか、キッチンペーパーで直接水分を取っておくのがポイントです。すぐにできるので、時短にしたい方にもオススメです。

保存期間

冷凍したかぼちゃの煮物は、1か月程保存する事が可能です。ただ、煮汁などをしっかり切っておく事が前提となりますし、美味しさを求めるなら2週間以内には食べ切ってしまった方が良いでしょう。

冷凍のかぼちゃの煮物を解凍する方法は?

冷凍したかぼちゃの煮物を解凍するには、どうすれば良いかについても見ていきましょう。

①弁当に入れて自然解凍

自然解凍でゆっくりと解凍することによって、水分の損失が少ないです。かぼちゃの煮物の食感や風味をあまり落とさずに楽しむことができますし、弁当に直接入れることで、解凍する手間を省く事もできます。

②電子レンジでチン

関連する記事