鯖の味噌煮は冷凍できる?賞味期限や保存方法は?解凍のコツや腐敗の特徴を紹介!

鯖の味噌煮の正しい保存方法を知っていますか?これはとても重要です。今回は、鯖の味噌煮の冷蔵・冷凍で保存するコツや、保存期間の目安・解凍方法を紹介します。鯖の味噌煮の腐った場合の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 鯖の味噌煮の正しい保存方法は?
  2. 鯖は傷みやすいため適切な保存が必要
  3. 1日~2日の保存は冷蔵保存でもOK
  4. 作り置き・長期保存は冷凍保存がおすすめ
  5. 鯖の味噌煮の冷蔵での保存方法・期間は?
  6. 鯖の味噌煮の冷蔵での保存方法
  7. 保存期間
  8. 鯖の味噌煮の冷凍での保存方法は?日持ちする?
  9. 鯖の味噌煮の冷凍での保存方法
  10. 保存期間
  11. 鯖の味噌煮を冷凍保存するコツは?
  12. ①空気に触れないようにする
  13. ②急速冷凍をする
  14. ③冷凍庫の温度を一定に保つ
  15. 冷凍の鯖の味噌煮を解凍する方法のおすすめは?
  16. ①冷蔵庫で自然解凍する
  17. ②氷水で解凍する
  18. ③電子レンジでの解凍はおすすめしない
  19. 冷凍の鯖の味噌煮の腐った場合の見分け方は?
  20. 冷凍の鯖の味噌煮の腐ったときの特徴
  21. 鯖の味噌煮を冷凍保存して美味しく食べよう

鯖の味噌煮の正しい保存方法は?

鯖の味噌煮を作りすぎてしまった場合、冷蔵・冷凍の方法は一体どのようにするのが正しいのでしょうか。また冷蔵と冷凍どちらが日持ちするかなどについても詳しくご紹介します。

鯖は傷みやすいため適切な保存が必要

鯖は青魚の中でも最も傷みやすく、鯖の体内にはアニサキスという寄生虫が潜んでいる可能性が非常に高いです。一般的には-20℃という環境下で保存をすればアニサキスは死滅するといわれていますが、正しい保存方法を知らなければ、死滅するどころか生きたアニサキスを口にしてしまう危険性もあるのです。

1日~2日の保存は冷蔵保存でもOK

十分な加熱をしたうえで、2日以内に食べ切るのであれば冷蔵での保存は問題ありません。また、買い物する際にはできるだけ状態の良い鯖を購入して、鯖の味噌煮を作りましょう。買った時の段階で鮮度が悪いものだった場合、日持ちせず腐る可能性が高くなります。

作り置き・長期保存は冷凍保存がおすすめ

作り置きをしておきたい場合や長期で保存したい場合は、冷凍保存がおすすめです。調理後、粗熱を取りジッパー付きのフリーザーバッグなどに入れましょう。酸化防止のために、十分に空気を抜くことは忘れてはいけません。

鯖の味噌煮の冷蔵での保存方法・期間は?

2日以内であれば、鯖の味噌煮は冷蔵保存ができます。ここでは具体的な保存方法や期間について紹介します。

鯖の味噌煮の冷蔵での保存方法

鯖の味噌煮の冷蔵での保存方法は以下の通りです

・密閉性の高い容器に入れる
・ビニール袋に入れる
・できるだけ空気に触れないようにする


加熱してある状態なので、生の状態よりは日持ちします。また煮汁と一緒に保存することで、鯖の身が乾燥してパサつくのを防ぐこともできます。

保存期間

保存期間は目安で2~3日です。購入した段階での鯖の状態によっては、前後する可能性もありますが判断基準として最大3日までと覚えておきましょう。3日経っても残ってしまった場合は、迷わず冷凍しましょう。できるだけ早く食べ切ることが理想ではありますが、ご家庭となると難しい場合もあるかもしれません。

しかし、安易な考えで放置したものを食べてしまえば食中毒を起こす危険性があるので、注意してください。

鯖の味噌煮の冷凍での保存方法は?日持ちする?

2日以降も残ってしまった場合や作り置きしておきたい場合は、冷凍保存するようにしましょう。具体的な保存方法や日持ちするかについてご紹介します。

鯖の味噌煮の冷凍での保存方法

鯖の味噌煮の冷凍での保存方法は以下の通りです。

・ジップロックに入れて保存
・煮汁と一緒に保存


冷凍の場合は日持ちしますが、冷凍保存するときは煮汁と一緒に保存しましょう。煮汁と一緒に保存することで下味が馴染み、味や風味の損失を防ぐこともできます。鯖を購入してもすぐに加熱調理しない生の状態の場合にも煮汁用の調味料と鯖を冷凍すれば下味をしっかりつけることができるので、下味を馴染ませておきたい方は下味冷凍がおすすめです。

保存期間

日持ちが難しい鯖の味噌煮ですが、冷凍保存であれば長期の保存が可能です。保存期間の目安としては最大で1カ月です。しかし、長期保存ができるからと安心して放置していると、冷凍焼けしてしまう場合もあります。品質の劣化を防ぐためにもなるべく早く食べ切りましょう。

鯖の味噌煮を冷凍保存するコツは?

鯖の味噌煮を冷凍すれば長期間日持ちしますが、長期間冷凍庫に入れておくと劣化が進みます。冷凍保存するときのコツとは一体どのようにしたらよいのでしょうか。

①空気に触れないようにする

冷凍保存の期間が長くなればなるほど乾燥や油脂の酸化によって、風味や食感が悪くなったり変色したりする可能性が高くなります。いわゆる冷凍焼けという状態です。この状態にならないようにするためにもできるだけ早く食べ切るようにしましょう。

②急速冷凍をする

冷凍する際には、鯖の味噌煮の下に金属トレーを敷いて、急速冷凍をすることが大切です。なぜなら金属トレーを使うことによって食材の温度を素早く下げることができるので、効率よく急速冷凍することが可能だからです。

③冷凍庫の温度を一定に保つ

日常的にどうしても難しい場合もあるとは思いますが、極力冷凍庫の開け閉めの回数は減らしましょう。なぜなら、何度も開け閉めを繰り返すことで、冷凍庫内の温度が上がってしまい、適正な温度管理が難しくなるからです。一定の温度をキープしながら保存することで、鯖の味噌煮の鮮度を保ち、解凍した時に味や風味の損失を最低限まで抑えることができます。

冷凍の鯖の味噌煮を解凍する方法のおすすめは?

正しい方法で、鯖の味噌煮を冷凍していたとしても、解凍方法を間違えてしまうと、溶け方にムラが生じてしまい、結果的に美味しく食べられない場合もあるでしょう。今回は正しい解凍方法をご紹介します。

①冷蔵庫で自然解凍する

鯖を冷凍すると、生のまま調理するより風味や食感が落ちます。そこでおすすめなのが冷蔵庫での自然解凍です。食べる6時間ぐらい前に冷蔵庫に鯖の味噌煮を移しておきましょう。じっくり解凍することでさばのもつ風味などをあまり損なわずにすみます。

②氷水で解凍する

ジップ付きの保存袋の中に入れたまま、氷水に入れ解凍します、目安2~3時間あれば解凍できます。自然解凍するよりも早い時間で解凍ができるので急ぐ方にはおすすめです。

③電子レンジでの解凍はおすすめしない

電子レンジでの解凍はどの解凍法と比較しても最も短時間での解凍が可能です。しかし、電子レンジでの解凍により、鯖の身はパサつき、加熱ムラが生じてしまいます。つまりは、電子レンジでの解凍は鯖の味噌煮が美味しくなくなるのでおすすめしません。

冷凍の鯖の味噌煮の腐った場合の見分け方は?

鯖は非常に傷みやすいので、冷凍した場合でも腐ってしまうことがあります。ここでは、冷凍の鯖の味噌煮が腐った場合の見分け方について説明します。

冷凍の鯖の味噌煮の腐ったときの特徴

冷凍の鯖の味噌煮が腐ると、以下のような特徴があらわれます。

・黄色く変色する
・表面にぬめりがある
・生臭い臭いがする
・酸味のある臭いがする


鯖は傷む速度が青魚の中でも特に早いため、冷凍する前の段階で腐ってしまっている可能性も十分にあります。また、冷凍庫内の温度が上がりやすかったり、開け閉めの回数は多いと、冷凍中に腐る場合もあります。腐った鯖は見た目だけでなく、臭いでも判断することができるので、明らかに状態がおかしければ危険性が高いので食べないようにしましょう。

鯖の味噌煮を冷凍保存して美味しく食べよう

今回は、鯖の味噌煮の冷蔵・冷凍の方法や解凍する際のポイント、腐ったときの特徴などについて紹介しました。鯖は日持ちが難しい食材ですが、鮮度のいい鯖を購入し、正しい方法で冷凍すれば長期間の保存が可能です。解凍方法にも気を付ければ、風味を損なわず、美味しい鯖の味噌煮が食べられるので、ぜひ冷凍方法を試してみて下さい。

関連する記事