ハッシュドポテトの保存方法は?冷凍で長持ち?解凍のコツや賞味期限を紹介!

ハッシュドポテトは冷凍保存できるのかを知っていますか?今回は、ハッシュドポテトの下ごしらえの仕方や冷凍保存する方法、賞味期限の目安を紹介します。冷凍したハッシュドポテトの解凍方法や、賞味期限切れの見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ハッシュドポテトは冷凍保存できるの?
  2. ハッシュドポテトは下ごしらえして冷凍保存がおすすめ
  3. ハッシュドポテトの下ごしらえの仕方
  4. ハッシュドポテトを冷凍保存する場合は?
  5. ハッシュドポテトを冷凍保存する方法
  6. 冷凍ハッシュドポテトの賞味期限の目安
  7. ハッシュドポテトを解凍する方法は?
  8. ①油で揚げる
  9. ②電子レンジを使う
  10. ③オーブンやトースターを使う
  11. ④フライパンを使う
  12. 冷凍ハッシュドポテトの腐った場合の見分け方は?
  13. 冷凍ハッシュドポテトの腐った時の特徴
  14. ハッシュドポテトを冷凍保存して美味しく食べよう

ハッシュドポテトは冷凍保存できるの?

ハッシュドポテトはじゃがいもがあれば簡単に作れて、軽食やおやつにもピッタリなので、手作りして保存しておくと重宝します。ここでは、手作りしたハッシュドポテトを冷凍保存できるのかについて説明します。

ハッシュドポテトは下ごしらえして冷凍保存がおすすめ

ハッシュドポテトは冷蔵でも冷凍でも保存ができますが、賞味期限を延ばしたい場合は冷凍保存の方がおすすめです。その場合、ハッシュドポテトはしっかり下ごしらえしてから冷凍保存するようにしましょう。下ごしらえの具体的な方法は、この後で詳しく説明します。

ハッシュドポテトの下ごしらえの仕方

ハッシュドポテトの下ごしらえの方法は以下の通りです。

【材料(ハッシュドポテト5個分)】
・じゃがいも:4個(400g程度)
・塩:小さじ0.5杯
・片栗粉:大さじ1.5杯
・サラダ油:大さじ4杯


【手順】
①じゃがいもを細切りにする
②①を水に軽くさらしてから水気を切る
③②を耐熱皿に入れてラップをかけ、600wの電子レンジで6分ほど加熱する
④③が厚いうちに、フォームなどで半分程度まで軽く潰す
⑤④に分量の塩と片栗粉を加えて混ぜる
⑥⑤を5等分に分けて、小判型に成形する
⑦サラダ油をフライパンに入れて中火にかけ、⑥を入れて両面に焼き色がつくよう、片面4分程度ずつ焼く


美味しいハッシュドポテトに仕上げるためのポイントは、加熱したじゃがいもをすべて潰し切らずに、棒状のままのものも残すことです。そのようにすることで、食感がよくなります。また、上記よりも小さめに成形した場合には、お弁当のおかずとしても活用できます。

ハッシュドポテトを冷凍保存する場合は?

手作りしたハッシュドポテトを冷凍保存する際には、解凍後に調理しやすいようにしておくと便利です。ここでは、手作りしたハッシュドポテトを冷凍保存する方法について説明します。

ハッシュドポテトを冷凍保存する方法

ハッシュドポテトを冷凍保存する方法は、以下の通りです。

①ハッシュドポテトを下ごしらえする
②粗熱を取った上で、一つずつラップで包む
③ジッパー付きの保存袋に②を入れて、空気を抜いてから冷凍庫に入れる


一つずつラップで包んでおくことで、必要な分だけを取り出して使いやすくなります。なお、保存袋に入れる際やラップで包む際に空気をしっかり抜いておかないと、空気に触れた部分が乾燥して味が悪くなることがあるので注意しましょう。

冷凍ハッシュドポテトの賞味期限の目安

下ごしらえをした冷凍ハッシュドポテトの賞味期限は、約1ヶ月ほどです。ハッシュドポテトは下ごしらえに手間がかかるので、まとめて作って冷凍保存しておき、賞味期限内に食べきるのがおすすめです。

ただし、ハッシュドポテトの材料であるじゃがいもの保存状態が悪い場合などには、賞味期限が短くなることがあります。ハッシュドポテトを作る際は、状態の良いじゃがいもを選んで使いましょう。

ハッシュドポテトを解凍する方法は?

冷凍したハッシュドポテトを美味しく解凍するにはどのようにしたら良いのでしょうか。ここでは、ハッシュドポテトを解凍する方法を4つ紹介します。

①油で揚げる

ハッシュドポテトを解凍する方法の一つは油で揚げる方法です。油で揚げる際は以下の手順で行いましょう。

①油を鍋に入れて温める
②油が170℃になったら、凍ったままのハッシュドポテトを入れる
③ハッシュドポテトが5個の場合は、4分30秒を目安に油から取り出す


上記の方法は、解凍と調理を同時に行えるので、揚げた後はすぐに食べられます。ただし、ハッシュドポテトの個数によって、揚げ時間が変わるので注意してください。油に入れたハッシュドポテトが油の表面に浮いてきたら、火が通っているサインなので取り出しましょう。

②電子レンジを使う

冷凍ハッシュドポテトを解凍する時は、電子レンジを使うのもおすすめです。電子レンジを使用する場合の手順は以下の通りです。

①ラップして個包装してあるハッシュドポテトを、そのまま電子レンジに入れる
②霜が溶けるまで加熱する


電子レンジで解凍したハッシュドポテトはそのまま食べることができますが、加熱した後にオーブンやトースター・フライパンなどで焼いて調理しても美味しく仕上がります。

③オーブンやトースターを使う

オーブンやトースターを使った解凍方法は、以下の通りです。

①オーブンまたはトースターを、200℃程度で予熱する
②オーブンまたはトースターに、凍ったままのハッシュドポテトを入れる
③12分程度加熱する


上記の手順で解凍する場合、オーブンやトースターの網にハッシュドポテトが付いてしまうことがあるので、あらかじめアルミホイルやクッキングペーパーを敷いておくことをおすすめします。

④フライパンを使う

フライパンを使ってハッシュドポテトを解凍する方法は、以下の通りです。

①深さのあるフライパンに、ハッシュドポテトを入れる
②フライパンの底から5㎜程度の高さになるように、油をハッシュドポテトに回しかけながら入れる
③中火で時々ひっくり返しながら、5分ほど加熱する
④ハッシュドポテトがきつね色になったら、キッチンペーパーなどで油を吸い取る
⑤強火にして、ひっくり返しながらカリカリにする


ハッシュドポテトは揚げて解凍することも可能ですが、揚げると油を多く消費するのがデメリットです。この方法であれば揚げる場合に比べて使用する油が少なく済み、好みの硬さに仕上げることもできます。

冷凍ハッシュドポテトの腐った場合の見分け方は?

冷凍したハッシュドポテトを解凍した際などに、味や見た目が変わっていると腐っているのではないかと心配になる場合もあるでしょう。ここでは、冷凍ハッシュドポテトが腐った場合の見分け方について説明します。

冷凍ハッシュドポテトの腐った時の特徴

冷凍したハッシュドポテトが腐った時の特徴として、以下のものがあげられます。

・変色している
・異臭がしている
・油がまわっている
・糸を引いている
・カビが発生している


手作りのハッシュドポテトにおける常温での保存期間は夏場で6時間、冬でも12~24時間が目安です。そのため、この保存期間をを超えた状態で冷凍した場合は、腐った状態のハッシュポテトを冷凍保存している可能性があります。また、冷凍庫のドア付近などは温度が上がりやすいため、保存中に腐ってしまう場合もあるでしょう。

上記のような特徴が見られた場合は、食べると健康を害する恐れもあるので食べずに廃棄してください。

ハッシュドポテトを冷凍保存して美味しく食べよう

今回は、ハッシュドポテトの下ごしらえの仕方や冷凍保存する方法、賞味期限の目安などを紹介しました。ハッシュドポテトをまとめて作った時には、すぐに食べる分を除いて、早めに冷凍保存するのがおすすめです。解凍も色々な方法でできるので、取り入れやすい解凍方法で美味しく食べましょう。

関連する記事