なめこは冷凍できる?保存方法や日持ち期間は?解凍のコツやレシピのおすすめを紹介!

【野菜ソムリエ監修】なめこは冷凍保存できるのでしょうか?なめこは味噌汁や副菜などに役立つ食材です。今回は、<袋入り・株付き>のなめこの冷凍での保存方法・日持ち期間や解凍方法を紹介します。なめこの賞味期限切れの見分け方やレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |野菜ソムリエ 春日爽花
Instagram
野菜ソムリエプロ。大学在学時に合格率30%の野菜ソムリエプロの資格を一発で取得。現在は多くの人に野菜の魅力を伝えるためにSNSを用いてイラストでの情報発信を行なっている。
Instagram
野菜ソムリエプロ。大学在学時に合格率30%の野菜ソムリエプロの資格を一発で取得。現在は多くの人に野菜の魅力を伝えるためにSNSを用いてイラストでの情報発信を行なっている。

目次

  1. なめこは冷凍保存できる?
  2. なめこは冷凍保存がおすすめ
  3. なめこを冷凍する際のポイントは?
  4. ①洗わないで冷凍保存する
  5. ②空気に触れないようにする
  6. ③急速冷凍する
  7. ④小分けして冷凍保存する
  8. なめこの冷凍での保存方法・期間は?
  9. ①未開封のなめこを冷凍保存する方法
  10. ②株付きのなめこを冷凍する方法
  11. 冷凍なめこの保存期間の目安
  12. 冷凍なめこを解凍する方法は?
  13. ①流水で解凍する
  14. ②冷蔵で自然解凍する
  15. ③凍ったまま加熱調理して使う
  16. なめこの賞味期限切れの見分け方は?
  17. なめこの賞味期限切れの特徴
  18. 冷凍なめこを使ったレシピ
  19. ⓵冷凍なめこの炊き込みご飯
  20. ②冷凍なめこの釜揚げうどん
  21. ③冷凍なめこのパスタ
  22. ④なめこのさっぱり煮込み
  23. ⑤なめこの味噌汁
  24. ⑥なめこのネバネバ蕎麦
  25. なめこを冷凍保存して美味しく食べよう

なめこは冷凍保存できる?

なめこは、独特のぬめりを持つ、汁物や副菜などに使いやすい便利なきのこです。なめこはスーパーの冷蔵コーナーに陳列されていることが多いですが、冷凍して保存することも出来るのでしょうか。

なめこは冷凍保存がおすすめ

なめこを冷蔵保存した場合、その賞味期限は2~3日と短めです。しかし、冷凍保存することで賞味期限を大幅に延ばすことが出来るので、すぐに使わない場合は冷凍保存すると良いでしょう。なお、なめこには袋入りのものと株付きのものとがありますが、いずれのタイプも冷凍保存が可能です。

春日爽花

野菜ソムリエ

なめこがぬめりを持つ理由としては、湿った環境ではないと大きく成長できないため、寒さや虫から身を守るためなどが知られています。

なめこを冷凍する際のポイントは?

なめこは冷凍保存することで保存期間を延ばすことができますが、冷凍する際にはいくつかのポイントを守って保存することが大切です。ポイントを理解しておかないと、なめこの美味しさを逃してしまう場合もあるので注意しましょう。

①洗わないで冷凍保存する

なめこは、洗ってしまうと旨味が流れ出て風味が悪くなってしまうので、袋入り・株付きいずれの場合も洗わずに冷凍保存することが大切です。なお、株付きのなめこにはおがくずなどが付いていることがありますが、洗わずに手で取り除くようにしましょう。

(*なめこの水洗いについて詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。)

なめこは洗う?洗わない?市販・天然別の必要性や味落ちしにくい洗い方も紹介!

春日爽花

野菜ソムリエ

なめこは胃粘膜保護作用で知られる水溶性食物繊維のムチンが豊富です。また、トレハロースカリウム、葉酸なども含んでいます。こういった栄養成分は水で洗う際に落ちやすいので気をつけましょう。

②空気に触れないようにする

なめこを冷凍保存する際は、空気に触れないように注意して保存することもポイントの一つです。なめこに関わらず、食品は空気に触れた箇所が乾燥や酸化を起こし、味や食感が悪くなります。なめこを冷凍する際も、空気に触れないようにラップや密閉容器などを適宜活用することが大事です。

③急速冷凍する

なめこを冷凍する際に気を付けた方が良いのが、冷凍する速度です。時間をかけて冷凍すると、凍結する過程でなめこに含まれる水分が大きな結晶になり、なめこの細胞を破壊してしまいます。細胞が破壊されると旨味が流出しやすくなる上に、食感が悪くなるので注意が必要です。

なめこを冷凍する際は、冷蔵庫の急速冷凍の機能を活用するか、熱伝導率の良い金属製のトレーに乗せて冷凍するなどして急速冷凍しましょう。

④小分けして冷凍保存する

なめこの冷凍保存を行う際は、小分けして冷凍保存するようにしましょう。小分けにせずに多くの量のなめこを冷凍すると、使用しなかったなめこは、解凍と再冷凍を繰り返すことになってしまいます。なめこは解凍と再冷凍を繰り返すことで細胞の破壊が進み、味と食感が著しく低下していきます。

小分けにしておけば、解凍と再冷凍を繰り返さずに済むうえに、調理の際にも使いやすくなるのがメリットです。

なめこの冷凍での保存方法・期間は?

なめこは、ここまでに紹介した冷凍保存する際のポイントを守った上で、正しい方法で保存することが大切です。正しく保存することで美味しさを保つことが出来るので、具体的な方法について理解しておきましょう。

①未開封のなめこを冷凍保存する方法

なめこは袋に入った状態で販売されていることが多いですが、袋に入ったなめこを未開封の状態で冷凍保存する場合は、以下の手順で行います。

⓵袋の厚みを均等にする
②袋に入った状態のまま金属製のトレーに乗せる
③冷凍庫に入れる


袋に入ったなめこは、未開封であれば袋に入ったままの状態で冷凍することができます。その際、冷凍ムラを防ぐためにも袋の厚みは均等にしておきましょう。

また、急速冷凍することで味や食感を保ちやすくなるため、金属製のトレーに乗せるか冷蔵庫の急速冷凍の機能を使うのもポイントです。なお、複数の袋を一度に冷凍する場合は、重ねずに広げた状態で置くようにしてください。開封したなめこを冷凍したい場合は、ジッパーバッグなどに移したうえで、上記の手順で冷凍しましょう。

②株付きのなめこを冷凍する方法

株付きのなめこを冷凍する場合は、以下の手順で保存してください。

⓵石づきを切り落としてバラバラにする。
②おがくずなどを取り除く
③ジッパーバッグなどに薄く広げて入れる
④金属製のトレーに乗せる
⑤冷凍庫に入れる


株付きのなめこを冷凍する場合は、あらかじめ石づきを切り落としてばらしておく必要があります。株付きのなめこにはおがくずなどが付着していることがありますが、水で洗い流すと旨味が流出する上に傷みやすくなるので、手で取り除くようにしてください。また、株付きのなめこも、袋に入ったなめこ同様に急速冷凍することで味や食感の良さを保つことができます。

冷凍なめこの保存期間の目安

冷凍保存したなめこは、1ヶ月ほど日持ちするため、冷蔵保存に比べて大幅に保存期間が長くなります。ただし、冷凍する前の鮮度が低い場合などには短い期間で品質が低下することがあるので、新鮮な状態での保存を心がけることが大切です。なめこをすぐに使う予定が無い場合は、購入後なるべく早い時期に冷凍しましょう。

冷凍なめこを解凍する方法は?

なめこは冷凍すると大幅に保存期間を延ばすことができますが、その美味しさを保ったまま調理に使うには、解凍方法にも注意する必要があります。ここでは、なめこの味や食感を保てる解凍方法を紹介するので、参考にしてください。

①流水で解凍する

なめこは、保存していた袋に入った状態のままで水を張ったボウルにつけ、水道水を細く流して流水で解凍するのがおすすめの解凍方法の一つです。流水解凍を行った場合、なめこの量によって違いはありますが、5〜10分程度で解凍できるでしょう。

なお、なめこを袋から出して直接水にさらした方が早く解凍できるように感じるかもしれませんが、直接水にさらすと独特のぬめりやうまみが流出してしまいます。美味しい状態で食べるためにも、袋から出さずに解凍してください。また、袋に空いた穴や保存袋の口の部分がしっかり閉まっているかどうかも、解凍前には確認しておきましょう。

②冷蔵で自然解凍する

冷凍のなめこを使う予定があらかじめ分かっている場合などには、冷凍庫から冷蔵庫に移して自然解凍するのがおすすめです。冷蔵庫に移しての自然解凍は数時間を要しますが、時間をかけて少しずつ解凍する分、味や食感を損ねません。和え物や冷たいうどん・そばの具など、なめこの食感や味を活かしたい場合には、なるべく自然解凍するようにしましょう。

③凍ったまま加熱調理して使う

なめこは、味噌汁などの汁物に活用する場合は、沸騰しただし汁に凍ったなめこを投入すれば解凍しながら同時に加熱調理することが可能です。ただし、凍っていない状態で調理する場合に比べると、加熱時間は長くする必要があります。

なめこの賞味期限切れの見分け方は?

なめこは賞味期限が短めのきのこですが、賞味期限が切れて食べられない状態かどうかを見分ける上ではいくつかのポイントがあります。ここでは、賞味期限を過ぎて腐った状態のなめこの見分け方を紹介するので、腐っているかどうかが分からない場合の参考にしてください。

なめこの賞味期限切れの特徴

なめこは、賞味期限が切れて腐ると以下のように変化します。

・色が黒ずむ
・水っぽくなる
・なめこが溶けたようになっている
・白い泡が出ている
・カビが生えている
・酸っぱい臭いがする
・かび臭い
・酸味がある


上記のような特徴が見られた場合は、カビや雑菌が繁殖して腐っている可能性が高いと言えます。食品は腐るとぬめりが発生することが多いですが、なめこの場合は元からぬめりがあるため、ぬめりの有無で腐っているかを判断することはできません。上記のような見た目や臭いなどの特徴から判断するようにしましょう。

なお、冷凍したなめこは基本的には冷凍後に腐ることはありませんが、冷凍庫内の温度が高い場合などには腐ることがあります。また、冷凍する前の時点ですでに腐っていた場合は、解凍時に嫌な臭いなどを発することがあるでしょう。そのような場合も、食べると食中毒を起こす危険性があるので食べずに廃棄してください。

(*なめこの賞味期限について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

なめこの賞味期限はどれくらい?見た目でわかる?日持ちする保存法も紹介!

冷凍なめこを使ったレシピ

なめこは冷凍保存しておくと、幅広いレシピに活用することができます。ここではなめこを使った手軽なメニューからボリュームのあるメニューまで、様々なメニューを紹介するのでなめこを冷凍保存した際の参考にしてください。

⓵冷凍なめこの炊き込みご飯

出典:https://cookpad.com/recipe/4883736

冷凍なめこは、炊き込みご飯の具材にすると、なめこ特有の歯触りの良さと旨味を楽しむことができます。こちらのレシピはなめこを解凍せずに使うことができますが、なめこを投入したらすぐに炊飯を開始するのが美味しく仕上げるポイントです。

冷凍なめこで炊き込みご飯 by くまちゃんなめこ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

②冷凍なめこの釜揚げうどん

出典:https://cookpad.com/recipe/5556017

冷凍なめこの釜揚げうどんは、なめこと油揚げを加えた濃い目の出汁に、熱々のうどんをつけながら食べるレシピです。コクがある出汁の味わいとなめこの独特の食感が、うどんによく合う一品です。

なめこ釜揚げうどん by 赤紫芋介 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

③冷凍なめこのパスタ

出典:https://cookpad.com/recipe/3405680

なめこは和風の料理に使うイメージが強いかもしれませんが、パスタの具材にしても美味しく食べることができます。さっぱりした味わいなので、夏バテ気味の時にもぴったりのメニューです。

簡単に♪冷凍ナメコのおろしパスタ♡ by kimikou 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

④なめこのさっぱり煮込み

出典:https://cookpad.com/recipe/2628148

こちらのレシピは、冷凍なめこを調味料と一緒に煮込むだけの、簡単なレシピです。黒酢を入れることでさっぱりとした味わいになりますが、苦手な場合は黒酢無しでも作ることができます。

なめこのさっぱり煮 by *まめいちご* 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

⑤なめこの味噌汁

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1460017084/

なめこは味噌汁の具材にしても美味しく、解凍せずに調理できるので非常に便利です。レシピでは豆腐やネギを具材にしていますが、大根などの好きな具材を入れても良いでしょう。

毎日のお味噌汁125杯目*冷凍ナメコとタップリ豆腐 レシピ・作り方 by ブルーボリジ|楽天レシピ

⑥なめこのネバネバ蕎麦

出典:https://cookpad.com/recipe/5640509

なめこのネバネバ蕎麦は、茹でて冷凍したなめこに納豆やおくら・大和芋といった粘り気の強い食材を組み合わせたレシピです。健康に良い成分が豊富に含まれており、のど越しが良いので暑い夏にも食べやすいでしょう。

ざっくりネバ蕎麦 by 赤紫芋介 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

なめこを冷凍保存して美味しく食べよう

なめこは正しい方法で冷凍保存しておくことで、1ヶ月ほど日持ちさせられるので、すぐ使わない場合には冷凍しておくのがおすすめです。適切に保存や解凍を行うことで、美味しさや食感も損なわれないので、冷凍したなめこを上手に毎日の食卓に活用しましょう。

関連する記事

×