なめこは洗う?洗わない?市販・天然別の必要性や味落ちしにくい洗い方も紹介!

なめこは洗う・洗わないでどっちが正しいのでしょうか?今回は、〈市販の真空パック詰め・天然〉別になめこを洗うのか否かや、洗うメリット・デメリットについて紹介します。なめこは生で食べられるかや〈味噌汁〉などレシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. なめこは洗う?洗わないで味噌汁等に使って良い?
  2. 真空パック入りのなめこは軽く洗った方が良い
  3. なめこを洗うデメリット
  4. 天然のなめこも洗わないで良いの?
  5. 天然のなめこは水にさらしてしっかり洗う
  6. なめこは生でも食べられる?
  7. 食中毒の危険性があるので加熱調理する
  8. なめこを洗わない方が良い場合とは?
  9. すぐに調理せずに保存する場合は洗わない
  10. なめこの風味・香りを感じられるレシピ
  11. ①なめこの味噌汁
  12. ②なめこのおろしポン酢和え
  13. ③冷やしなめこうどん
  14. なめこを食べる時は基本洗わないでOK

なめこは洗う?洗わないで味噌汁等に使って良い?

なめこは、ぬめりがあるのが特徴のきのこの1種で味噌汁などによく使われています。きのこは洗わずに使うことが主流となっていますが、なめこも洗わなくても良いのでしょうか。

真空パック入りのなめこは軽く洗った方が良い

スーパーなどでよく見かける真空パック入りのなめこは、軽く洗った方が良いと言われています。では、軽く洗った方が良いとされる理由を紹介します。

・なめこについたゴミを落とす
・酸味が出ているなめこを洗う


真空パックのなめこには、汚れがついている場合があるのと、日が経ったなめこは酸味が強くなっている場合があるので軽く洗うと良いようです。ただし、パック入りのなめこはその時点で旨みを含むぬめりが出ているので、洗うことでぬめりも減ってしまいます。

なめこを洗うデメリット

真空パック入りのなめこは軽く洗うと良いと説明してきましたが、なめこを洗うことでのデメリットもあります。なめこについているぬめりはムチンと呼ばれ、ドライアイを予防したり肝機能・腎機能を高める効果など様々な効果があるとされています。なめこを洗うことで栄養が流れ、体に良いとされるムチンの効果が薄れてしまう恐れがあるのです。

ムチンの効果を生かすために、なめこは軽めに洗うことがポイントになります。

(*なめこの栄養について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

なめこの栄養素と効能は?ぬめりが鍵?成分を逃さない調理法・レシピを紹介!

天然のなめこも洗わないで良いの?

なめこは洗うと栄養が流れてしまうというデメリットを説明してきましたが、天然のなめこは洗わなくて良いのでしょうか。

天然のなめこは水にさらしてしっかり洗う

天然のなめこの洗い方をみていきましょう。

1、ボウルになめこを入れ、1時間程水にさらす
2、浮いたゴミを取り除く
3、石づきをハサミで切り落とす
4、なめこをザルに移し、水を切る
5、なめこを袋にいれて保存する


天然のなめこには、汚れがついているものもあるで根元の石づきを落とし水にさらして洗います。水にさらすことで、なめこ特有のぬめりが出てきます。下処理をしたなめこは、傷み始めるので早めに食べるようにしましょう。

なめこは生でも食べられる?

なめこは味噌汁や和え物などに使われることが多い食材ですが、生でも食べることができるのかみていきましょう。

食中毒の危険性があるので加熱調理する

なめこには細菌や微生物が付着していることがあるので、生で食べると食中毒になる可能性があるとされています。死に到ることはないとされていますが、食中毒にかかると腹痛・下痢・嘔吐などの症状が出る場合があります。加熱調理することで安心して食べることができるので、生では食べないように注意しましょう。

なめこを洗わない方が良い場合とは?

水で洗ったなめこは傷み始めるので、洗わない方がいい場合もあるとされています。

すぐに調理せずに保存する場合は洗わない

なめこの賞味期限は2〜3日とされていますが、すぐに食べずに保存する場合は洗わないようにしましょう。なめこを長く保存したい場合は、冷凍保存にすると1ヶ月程日持ちがするのでおすすめです。

(*なめこの保存方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

なめこは冷凍できる?保存方法や日持ち期間は?解凍のコツやレシピのおすすめを紹介!

なめこの風味・香りを感じられるレシピ

①なめこの味噌汁

出典: https://cookpad.com/recipe/6018875

定番のなめこ料理である、なめこの味噌汁のレシピです。なめこだけでなく、豆腐やえのきなど具材を加えてアレンジすることもできるでしょう。

なめこの味噌汁 by ゆり子♡ママレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

②なめこのおろしポン酢和え

出典: https://cookpad.com/recipe/6273910

こちらは、食材を和えるだけでできるとても簡単なレシピです。さっぱりした大根おろしと粘り気のあるなめこの相性がよく、おつまみとしてもおすすめです。

♡なめこと大根おろしのゆずポン酢和え♡ by Izumealove 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

③冷やしなめこうどん

出典: https://cookpad.com/recipe/5816715

同じネバネバ食材のオクラなどと一緒に調理すると、いろいろな食感を味わうことができます。うどんなどの麺類となめこを合わせると、よりさっぱりして美味しく食べることができるでしょう。

ごま油が美味しい⭐冷やしなめこうどん⭐ by ムマコ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

なめこを食べる時は基本洗わないでOK

なめこは体に良いとされる効果も多く含まれており、傷むスピードも早くなるため基本的には洗わずに使用して良いでしょう。ただし、なめこにゴミがついている場合や天然のなめこを調理する場合には軽く洗って使うことがおすすめです。なめこの洗う方法に注意し、美味しく調理しましょう。

関連する記事