餃子は冷凍できる?保存方法や日持ち期間は?解凍の仕方や焼き方・蒸し方のコツも紹介!

餃子は冷凍で保存できるのでしょうか?今回は、手作り餃子を冷凍保存する方法や日持ち期間のほか、解凍の仕方・焼き方・蒸し方のポイントなども紹介します。餃子の賞味期限が切れた時の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 餃子は冷凍保存できるの?
  2. 手作りで余った場合は冷凍で長期保存ができる
  3. 皮だけが余った場合は?
  4. 餃子を冷凍保存するポイントは?
  5. ①餃子を焼く前の状態で保存するのがおすすめ
  6. ②冷凍保存に適した皮・たねで餃子を作る
  7. ③餃子の冷凍時は皮がくっつかないようにする
  8. ④急速冷凍する
  9. 餃子を冷凍保存する方法・日持ち期間は?
  10. ①バットとラップで冷凍保存する方法
  11. ②片栗粉を使って冷凍保存する方法
  12. 保存期間・賞味期限の目安
  13. 冷凍餃子の皮がパリっと仕上がる解凍法・焼き方は?
  14. 冷凍餃子は解凍せずに焼くのが正解
  15. 冷凍餃子の焼き方
  16. 冷凍餃子を蒸す・茹でて食べる方法は?
  17. 冷凍餃子の蒸し方
  18. 冷凍餃子の茹で方
  19. 餃子の賞味期限が切れた時の見分け方は?
  20. 賞味期限が切れた餃子の特徴
  21. 冷凍餃子のアレンジレシピ
  22. ①冷凍餃子の野菜スープ
  23. ②冷凍餃子の麻婆豆腐
  24. ③冷凍餃子のお好み焼き
  25. ④冷凍餃子のサラダ
  26. 餃子を正しく保存して日持ちさせよう

餃子は冷凍保存できるの?

自宅で作るとつい作りすぎてしまう餃子ですが、手作り餃子は冷凍保存ができるのでしょうか。また、餃子を作る際にあまりがちな、餃子の皮の使い方についても触れていきます。

手作りで余った場合は冷凍で長期保存ができる

自宅で作りすぎてしまった餃子は、冷凍庫で長期保存が出来ます。小分けにしてくっつかないように保存をすれば、お弁当のおかずや少しだけ食べる時にも使いやすく便利です。いくつかポイントを抑えれば簡単に美味しく冷凍保存ができるので、焼く前の手作り餃子が余ってしまった時は、冷凍保存がおすすめです。

皮だけが余った場合は?

自宅で手作り餃子を作ると、餃子の皮だけが余ることも少なくありません。餃子の皮はそのままスープに入れても美味しく、餃子のタネ以外の食材を包んでも料理の幅が広がります。ピザの生地やラザニアのパスタの代わりとして使用すると、手軽に美味しく調理が出来ます。

(*餃子の皮について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

餃子の皮は冷凍保存できる?袋のままOK?日持ち期間・解凍方法やレシピのおすすめも紹介!

餃子を冷凍保存するポイントは?

冷凍庫で保存ができる餃子を上手に冷凍保存するには、どのようなポイントを押えたら良いのでしょうか。ポイントごとに分けて詳しく紹介していきます。

①餃子を焼く前の状態で保存するのがおすすめ

餃子は、焼いた直後の皮がこんがりと焼けた状態が最も美味しいと言われます。火を通してから冷凍保存をすると解凍した時にどうしても焼き立ての焼き目が再現できず、食感や味が落ちてしまうようです。焼く前の生のままで冷凍保存をし、食べる直前に焼けばいつでも最も美味しい状態の餃子になります。

②冷凍保存に適した皮・たねで餃子を作る

餃子の冷凍保存に適した食材やポイントは、以下のようなものがあります。

・厚めの餃子の皮
・野菜よりひき肉を多めに使ったたね
・仕上げに片栗粉を入れたたね


通常の厚みの餃子の皮でも冷凍保存はできますが、厚めの餃子の皮を使用するとたねの水分が染み出しにくく餃子がパリッと焼けやすくなります。また、野菜よりもひき肉を多めに使用したたねを作ると、水分が出にくく皮がふやけて冷凍時に餃子同士がくっつくのを防げます。ひき肉を多く入れるとよりジューシーに仕上がるのもメリットです。

なお、たねの仕上げに片栗粉を入れるのも、たねから水分が出るのを防ぐ効果があります。手作り餃子を冷凍保存する可能性がある場合は仕上げに片栗粉を使用しておくと安心です。

③餃子の冷凍時は皮がくっつかないようにする

餃子を冷凍保存する時は餃子同士の皮がくっつかないように凍らせてから、密閉できる容器やジップロックなどの袋に入れて保存するのがおすすめです。冷凍保存中に餃子が空気に触れて冷凍焼けすると、解凍した時に味や風味が損なわれるので注意が必要です。

④急速冷凍する

餃子を急速冷凍させて保存すると、比較的新鮮で美味しいまま長期保存ができます。たねの野菜などから出た水分で皮がふやけるのも最小限に抑えられるので、解凍した時もパリッとした食感が楽しめます。急速冷凍をするにはプラスチックや陶器などの容器は向かないので、熱伝導の良い金属トレイなどを使用しましょう。

餃子を冷凍保存する方法・日持ち期間は?

冷凍保存するには様々なポイントがある餃子を冷凍する方法は、どのようなものなのがあるのでしょうか。冷凍保存した際の日持ち期間の目安と合わせて見ていきます。

①バットとラップで冷凍保存する方法

餃子をバットとラップで冷凍保存するには、以下のような手順で行います。

1. バットにラップを敷く
2. 餃子がくっつかないように間隔を開けてバットに並べる
3. 冷凍してしっかりと凍らせる
4. 完全に凍った餃子を密閉できる容器や袋に入れる


アルミ製のバットは熱伝導がよく、庫内の温度が餃子にも伝わりやすいので急速冷凍に向いています。アルミや金属製のバットがない場合は、他の素材のバットでもアルミホイルを敷いてその上からラップをすれば似たような効果が得られるようです。また、完全に凍った餃子をそのまま保存するのではなく、密閉できる容器などに移すと冷凍焼けを防げます。

②片栗粉を使って冷凍保存する方法

餃子を片栗粉を使って冷凍保存するには、以下のような手順で行います。

1. 保存に使用するバットに片栗粉をまぶす
2. 餃子がくっつかないように間隔を開けてバットに並べる
3. 冷凍してしっかりと凍らせる
4. 完全に凍った餃子を密閉できる容器や袋に入れる


片栗粉はたねに混ぜるだけでなく、冷凍保存前に餃子の表面にまぶすとバットや餃子同士がくっつくのを防げます。また、餃子全体に片栗粉がついているので、焼き上がった時に羽ができやすいのも片栗粉をまぶすメリットの一つです。

保存期間・賞味期限の目安

手作り餃子を冷凍で保存した場合の保存期間と賞味期限の目安は、1ヶ月ほどです。冷蔵保存の場合は保存期間が2日ほどなので、大幅に保存期間が伸びているのがわかります。ただし、保存状態によって賞味期限は前後し、保存状態が悪く冷凍焼けを起こしてしまうと2週間よりも保存期間が短くなってしまうので注意しましょう。

冷凍餃子の皮がパリっと仕上がる解凍法・焼き方は?

冷蔵保存よりも大幅に保存期間が伸びる冷凍餃子は、どのようにしたら美味しく焼けるのでしょうか。ここからは、冷凍餃子の美味しい焼き方を手順を追って解説していきます。

冷凍餃子は解凍せずに焼くのが正解

冷凍餃子を美味しく食べるには冷蔵庫などで自然解凍はせずに、凍ったままフライパンで焼きましょう。解凍させてしまうと水分で皮がふやけてしまい、パリッとした仕上がりになりにくくなります。

冷凍餃子の焼き方

冷凍餃子の焼き方は、以下のような手順で行います。

1. 火にかけていないフライパンの上に冷凍餃子を並べる
2. 強火にかけて、焼き目がつかないようにお湯を入れて蓋をし、蒸し焼きにする
3. 水分を飛ばす
4. ごま油を入れて、餃子に焼き目をつける


冷凍餃子は生餃子と違い、蒸し焼きする時間が少し長くなります。焼き目をつける前に10分ほどかけてしっかりと火を通しましょう。水分を全て飛ばした後にごま油を回し入れて焼くと、こんがりとしたきれいな焼き目がつきます。

冷凍餃子を蒸す・茹でて食べる方法は?

冷凍餃子を焼く場合は冷蔵庫などで解凍せずにそのまま焼くのが良いようですが、蒸したり、茹でたりする場合はどうなのでしょうか。ここからは、茹で餃子と蒸し餃子の調理方法を紹介していきます。

冷凍餃子の蒸し方

冷凍餃子の蒸し方は、以下のような手順で行います。

1. 凍ったままの餃子を火にかけていないフライパンに並べる
2. 強めの中火にかけ湯を餃子の高さの半分まで入れ蓋をする
3. 水分がほぼ無くなるまで様子を見ながら蒸す


冷凍餃子を蒸し餃子にして食べるには、凍ったままの餃子をフライパンに並べて強めの中火で水分が無くなるまで蒸し焼きにします。蒸し時間が足りない場合は、様子を見ながら少しずつ火にかけましょう。焼き餃子などと違い蒸し餃子は膨らむので、餃子同士がくっつきやすくなります。

フライパン内で間隔をしっかりと開けたり、蒸す前に餃子に小麦粉をまぶすなどしてくっつかないように注意しましょう。

冷凍餃子の茹で方

冷凍餃子の茹で方は、以下のような手順で行います。

1. お湯を鍋で沸騰させる
2. 凍ったままの冷凍餃子をお湯に入れる
3. 4〜5分加熱する
4. しっかりと餃子が膨らんだら完成


水餃子はつけダレと一緒に食べる場合が多いですが、茹でる際に一緒に味付けをしても良いでしょう。また、茹で時間は平均的に4〜5分ですが、種類や大きさによっては異なるので餃子がしっかりと膨らんだのを確認しながら茹で時間を調節しましょう。

餃子の賞味期限が切れた時の見分け方は?

賞味期限が切れて、傷んだ餃子はどのような変化が起こるのでしょうか。傷んで食べられなくなった餃子の見分け方と合わせて、ポイントごとに解説していきます。

賞味期限が切れた餃子の特徴

餃子の賞味期限が切れると、以下のような変化が起こります。

・皮にネバ付きがある
・皮にカビが生えている
・たねの肉が変色している
・酸っぱいような匂いがする


餃子の賞味期限が切れて痛むと、見た目や匂いにわかりやすい変化が起こります。皮にネバ付きやカビが生えていたりたねの肉が変色している場合は、傷んでいる可能性が高いので食べない方が無難です。また、以上のような見た目の異変がなくても、臭いに変化があり腐敗臭や酸っぱいような臭いがする場合も傷んでいる可能性があるので食べるのは避けましょう。

冷凍餃子のアレンジレシピ

ここからは、冷凍餃子のアレンジおすすめレシピを紹介していきます。自宅で冷凍餃子を調理する際の、参考にしてみてください。

①冷凍餃子の野菜スープ

出典:https://cookpad.com/recipe/2974970

冷凍餃子を、野菜スープの具として使用したレシピです。凍らせたままの冷凍餃子をスープに入れるだけなので、手軽にできる一品です。冷蔵庫にある残った野菜も活用ができます。

余り餃子や冷凍餃子をアレンジ!野菜スープ by theズボラ主婦 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

②冷凍餃子の麻婆豆腐

出典:https://cookpad.com/recipe/4096964

冷凍餃子を刻んで、麻婆豆腐の具材にリメイクしています。餃子のまま食べるのではなく、他の料理にアレンジがしてあるので、餃子を食べ飽きた時に良いでしょう。

余った餃子でつくる、アレンジ麻婆豆腐 by ほまんく 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

③冷凍餃子のお好み焼き

出典:https://cookpad.com/recipe/6297322

冷凍餃子を大きめに刻み、豚肉の代用にお好み焼きの具材にしています。大きめに餃子を刻んでいるので、餃子の皮の食感も味わえる一品です。

餃子deお好み焼き by Hanna61 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

④冷凍餃子のサラダ

出典:https://cookpad.com/recipe/4641924

焼いた餃子とサラダを組み合わせてたレシピです。味付けがポン酢醤油でされるので、さっぱりと食べられます。

さっぱり!おかずにもなる!餃子サラダ♪ by イチママ♪ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

餃子を正しく保存して日持ちさせよう

焼く前の手作り餃子は冷凍保存することで、冷蔵保存した時よりも大幅に日持ちします。たねから水分が出て皮が一度ふやけてしまうと、焼いた時にパリッとした食感になりにくいのでできるだけ早く冷凍保存するのがおすすめです。手作り餃子を上手に保存して、美味しく食べて見てはいかがでしょうか。

関連する記事