ニラは洗う?洗わない?農薬の心配は?鮮度を上げる洗い方のコツも紹介!

ニラは洗う・洗わないどっちが正しいのでしょうか?生食か加熱するかでも、違いがありそうです。今回は、ニラを洗うメリット&デメリットや、洗い方で鮮度をあげるコツついて紹介します。生で食べる場合の洗い方や洗わない方がいい場合も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ニラは洗う?洗わない?
  2. ニラはサッと洗うのがおすすめ
  3. ニラを洗うメリット
  4. ニラを洗うデメリット
  5. ニラを生で食べる場合の洗い方は?
  6. ニラを生で食べる場合もサッと洗うで大丈夫
  7. ニラの洗い方は?コツは?
  8. ニラの基本的な洗い方
  9. ニラを50度のお湯で洗うと鮮度が上がる
  10. ニラの洗わない方がいい場合は?
  11. ニラはすぐに食べずに保存する場合は洗わない
  12. ニラはサッと洗うだけで大丈夫

ニラは洗う?洗わない?

ニラを調理する際に洗うか洗わないかと聞かれたら、意見は半分に分かれるかもしれません。ここでは、ニラは洗うべきか洗わないべきかについて説明します。

ニラはサッと洗うのがおすすめ

ニラは地面から近い部分を刈り取って収穫されるので、根元だけでなく葉にも土がついていることが多く、サッと水で洗って使うのがおすすめです。そうすることで、ほこりや残った農薬も取り除くことができます。

ただしニラの葉は折れやすく、それによって傷むスピードが上がるのも事実です。ニラを洗う際あるいはキッチンペーパーなどで水分を取り除く時には、茎や葉が折れないよう細心の配慮をしましょう。

ニラを洗うメリット

ニラを水で洗うメリットとして、以下のものがあげられます。

・残っている土を取り除くことができる
・ついている虫を洗い流せる
・残っている農薬も流れる
・花粉やほこりを落とせる
・洗い方によって鮮度を増すことができる


ニラに残っている汚れをきちんと取り除きたいなら、洗うことを習慣にしましょう。ニラの鮮度を増す洗い方については後述しますが、味にも変化があるので実践してほしい方法です。

ニラを洗うデメリット

ニラを水で洗う際には、以下のようなデメリットも考えられます。

・食感が悪くなる
・香りが飛ぶ
・味が落ちる
・栄養素が逃げるリスクがある


ニラを洗うことで風味が落ちることは否定できないため、加熱調理をする際には洗わないというケースも少なくないようです。しかし、洗わないニラには土やほこりなどの汚れだけでなく、虫がついている可能性が否定できません。特にニラを生のまま食べようとしているなら、風味を落とさない方法で洗う方がよさそうです。

ニラを生で食べる場合の洗い方は?

ニラは加熱料理だけでなく生で食べる機会も多いので、汚れは落としても風味を損なわない洗い方を知っておく方がよいでしょう。ここでは、ニラを生で食べる場合の洗い方について説明します。

ニラを生で食べる場合もサッと洗うで大丈夫

ニラを生で食べる場合も、水でサッと洗うだけで問題はありません。ニラは匂いが強い作物なので害虫が付きにくく、使われている農薬も少量だからです。購入したニラを何度かに分けて使う際には、まとめて洗って保存するのではなく、使う度に洗うようにしましょう。

もしも洗った生のニラを使いきれなかった時には、密閉容器に水を入れて冷蔵保存するのがおすすめです。何度か水を変えるだけで1週間ほど持ち、みずみずしいニラとして食べられます。またざく切りやみじん切りにして小分けして冷凍保存しておくと、使いたい時に使う分だけを取り出せるため重宝します。

(*ニラを生で食べられるかどうかについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

ニラは生で食べれる?危ない?メリット・デメリットやレシピのおすすめを紹介!

ニラの洗い方は?コツは?

ニラは水で洗う方がよいとわかったからこそ、風味を落とさない洗い方を覚えておく必要があります。ここでは、ニラの基本的な洗い方と、美味しく食べるためのコツについて説明します。

ニラの基本的な洗い方

ニラの基本的な洗い方は、以下の通りです。

①ボウルを用意して水をはる
②ニラをまとめているテープやゴムを外す
③②をボウルに入れて、水を流しながら軽くこすり洗いする
④洗い終わったニラについた水分をキッチンペーパーで拭きとる


汚れを落とすことが目的とはいえ、長時間水にさらすと風味が落ちるので注意が必要です。ニラは葉物野菜なので、水で洗ってから冷蔵保存すると傷みやすくなるので、冷蔵庫の野菜室で保存している場合は使う分だけをその都度洗うことを徹底し、美味しく食べられるように配慮しましょう。

ニラを50度のお湯で洗うと鮮度が上がる

ニラを50度のお湯で洗うと鮮度が上がるため、以下の方法で洗うのがおすすめです。

①ボウルに50度のお湯を入れる
②ニラをまとめているテープやゴムを外す
③②をボウルに入れて、15~20秒こすり洗いする
④ボウルからニラを取り出して、しっかり水分をきる
⑤ニラに残った水分をキッチンペーパーで拭きとる


短時間で洗うので、根元や茎が重なったところに土や汚れが残ることがあるため確認が必要です。ニラは43度以下のお湯では雑菌が繁殖しやすく、60度以上になると煮えてしまうので温度管理がポイントといえます。お湯で洗うことでニラの苦味や渋みが流れ、鮮度も上がるのでぜひ試してみましょう。

ニラの洗わない方がいい場合は?

ニラについた汚れや農薬を落とすためには洗うのが基本ですが、そうしない方がよいケースもあります。ここでは、ニラを洗わない方がいい場合について紹介します。

ニラはすぐに食べずに保存する場合は洗わない

購入したニラをすぐに食べずに保存する場合は、洗わなくても問題はありません。むしろ、洗うことでダメージを受けるので、使う直前に洗う方が良いでしょう。葉物野菜であるニラは傷みやすいため、使うまでの保存方法にも配慮が必要です。

①ニラをまとめているテープやゴムを外す
②①をキッチンペーパーでくるむ
③②をラップで包む
④③を冷蔵庫の野菜室で立てたまま保存する


上記の方法で冷蔵保存することで、風味が落ちるのを防ぐことができます。ニラをラップできつく巻くなどの理由で葉が折れると、アリシンという匂いの成分によって臭みが増すため、カットしたニラをそのまま冷蔵保存するのはおすすめできません。

また保存期間が長期になる場合は、洗ってから冷蔵や冷凍で保存する方が風味を保ちやすいです。できるだけ新鮮なうちに、適切な方法で保存するようにしましょう。

ニラはサッと洗うだけで大丈夫

今回は、ニラを洗うメリット&デメリットや、洗い方で鮮度をあげるコツついて紹介しました。スーパーに並んでいるニラは一度洗浄されているものが多いですが、洗い方によって鮮度が増すならぜひ実践したいところです。サッと洗って汚れを落とし、風味を増したニラなら生食でも問題ないので、ぜひ試してみてください。

関連する記事