カキフライは冷凍保存できる?賞味期限の目安は?揚げ方や解凍法のコツも紹介!

カキフライは冷凍保存できるか知っていますか?今回は、<揚げる前・揚げた後>のカキフライを<冷蔵・冷凍>で保存する方法・ポイントや、保存期間の目安を紹介します。冷凍したカキフライの解凍方法・揚げ方や、賞味期限切れの見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. カキフライの保存方法は?冷凍できる?
  2. 揚げる前のカキフライは冷凍保存がおすすめ
  3. 揚げたカキフライは冷蔵・冷凍で保存できる
  4. カキフライを冷蔵保存する方法・期間は?
  5. ①揚げたカキフライを冷蔵保存する方法
  6. ②揚げる前のカキフライを冷蔵保存する方法
  7. カキフライの冷蔵での賞味期限・保存期間
  8. カキフライを冷凍保存する方法・期間は?
  9. ①揚げる前のカキフライを冷凍保存する方法
  10. ②揚げた後のカキフライを冷凍保存する方法
  11. 冷凍カキフライの賞味期限・保存期間
  12. 冷凍したカキフライの揚げ方は?揚げない方法はある?
  13. ①凍った揚げる前のカキフライに常温の油を注いで揚げる
  14. ②オーブントースタを使って焼く
  15. 揚げた冷凍カキフライの解凍方法は?
  16. ①電子レンジを使って解凍する
  17. ②オーブントースターを使って解凍する
  18. カキフライの賞味期限切れの見分け方は?
  19. カキフライの賞味期限切れの特徴
  20. カキフライをうまく保存して美味しく食べよう

カキフライの保存方法は?冷凍できる?

調理する手間を考えると、カキフライは一度にたくさんつくった方が効率が良いですが、保存方法に頭を悩ませる人もいそうです。ここでは、カキフライの保存方法や冷凍ができるかについて説明します。

揚げる前のカキフライは冷凍保存がおすすめ

食べない分のカキフライは、揚げる前に冷凍保存することをおすすめします。冷蔵保存も可能ですが、日持ちする期間が短くなってしまうからです。日を置かずにカキフライを揚げて食べようとしている場合を除いて、正しい方法で冷凍保存する習慣をつけましょう。

揚げたカキフライは冷蔵・冷凍で保存できる

カキフライを揚げた後でも、冷蔵や冷凍で保存することは可能です。きちんと高温で揚げたカキフライは、完全に冷ましたうえで冷蔵または冷凍保存するのが基本です。詳細については後述します。

カキフライを冷蔵保存する方法・期間は?

カキフライは冷蔵保存が可能ですが、正しいやり方をしないと傷んでしまう可能性があります。ここでは、カキフライを冷蔵保存する方法と日持ちする期間について説明します。

①揚げたカキフライを冷蔵保存する方法

揚げたカキフライを冷蔵保存する方法は、以下の通りです。

①カキフライを完全に冷ます
②冷めたカキフライを一つずつラップで包む
③②をジッパー付き保存袋に入れる
④③の空気を十分に抜いてから冷蔵庫に入れる


この方法で保存すると、冷蔵庫内にある他の食材の匂いがつきにくいので、美味しく食べられます。しかし、衣のサクサク感は時間の経過と共に失われていきます。

②揚げる前のカキフライを冷蔵保存する方法

揚げる前のカキフライを冷蔵保存する方法は、以下の通りです。

①カキに小麦粉と卵、パン粉を使って衣をつける
②衣をつける際、パン粉を多めにふる
③蓋つきのタッパーに入れて冷蔵保存する


揚げる前のカキフライを冷蔵する際にパン粉が少ないと、タッパーの中でベタベタになってしまうので注意が必要です。カキフライを並べた後で、パン粉をさらに振りかけるのもおすすめです。

カキフライの冷蔵での賞味期限・保存期間

カキフライの冷蔵での賞味期限と保存期間は、以下の通りです。

・揚げたカキフライ/1~2日
・揚げる前のカキフライ/2~3日


冷蔵保存しているカキフライは酸化しやすいので、早めに食べるのが基本です。油が酸化すると過酸化脂質が発生し、これが体内に蓄積されることで動脈硬化を引き起こす原因となるため、できるだけ食べない方がよいのです。

冷蔵保存期間に酸化が進むだけでなく、フライのサクサク感もなくなり風味も落ちてしまうので、早めに食べきるよう心がけましょう。

カキフライを冷凍保存する方法・期間は?

カキフライの賞味期限や保存期間を延ばしたいなら、冷蔵より冷凍するのがおすすめです。ここでは、カキフライを冷凍保存する方法と日持ちする期間について説明します。

①揚げる前のカキフライを冷凍保存する方法

関連する記事