カキフライは冷凍保存できる?賞味期限の目安は?揚げ方や解凍法のコツも紹介!

カキフライは冷凍保存できるか知っていますか?今回は、<揚げる前・揚げた後>のカキフライを<冷蔵・冷凍>で保存する方法・ポイントや、保存期間の目安を紹介します。冷凍したカキフライの解凍方法・揚げ方や、賞味期限切れの見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. カキフライの保存方法は?冷凍できる?
  2. 揚げる前のカキフライは冷凍保存がおすすめ
  3. 揚げたカキフライは冷蔵・冷凍で保存できる
  4. カキフライを冷蔵保存する方法・期間は?
  5. ①揚げたカキフライを冷蔵保存する方法
  6. ②揚げる前のカキフライを冷蔵保存する方法
  7. カキフライの冷蔵での賞味期限・保存期間
  8. カキフライを冷凍保存する方法・期間は?
  9. ①揚げる前のカキフライを冷凍保存する方法
  10. ②揚げた後のカキフライを冷凍保存する方法
  11. 冷凍カキフライの賞味期限・保存期間
  12. 冷凍したカキフライの揚げ方は?揚げない方法はある?
  13. ①凍った揚げる前のカキフライに常温の油を注いで揚げる
  14. ②オーブントースタを使って焼く
  15. 揚げた冷凍カキフライの解凍方法は?
  16. ①電子レンジを使って解凍する
  17. ②オーブントースターを使って解凍する
  18. カキフライの賞味期限切れの見分け方は?
  19. カキフライの賞味期限切れの特徴
  20. カキフライをうまく保存して美味しく食べよう

カキフライの保存方法は?冷凍できる?

調理する手間を考えると、カキフライは一度にたくさんつくった方が効率が良いですが、保存方法に頭を悩ませる人もいそうです。ここでは、カキフライの保存方法や冷凍ができるかについて説明します。

揚げる前のカキフライは冷凍保存がおすすめ

食べない分のカキフライは、揚げる前に冷凍保存することをおすすめします。冷蔵保存も可能ですが、日持ちする期間が短くなってしまうからです。日を置かずにカキフライを揚げて食べようとしている場合を除いて、正しい方法で冷凍保存する習慣をつけましょう。

揚げたカキフライは冷蔵・冷凍で保存できる

カキフライを揚げた後でも、冷蔵や冷凍で保存することは可能です。きちんと高温で揚げたカキフライは、完全に冷ましたうえで冷蔵または冷凍保存するのが基本です。詳細については後述します。

カキフライを冷蔵保存する方法・期間は?

カキフライは冷蔵保存が可能ですが、正しいやり方をしないと傷んでしまう可能性があります。ここでは、カキフライを冷蔵保存する方法と日持ちする期間について説明します。

①揚げたカキフライを冷蔵保存する方法

揚げたカキフライを冷蔵保存する方法は、以下の通りです。

①カキフライを完全に冷ます
②冷めたカキフライを一つずつラップで包む
③②をジッパー付き保存袋に入れる
④③の空気を十分に抜いてから冷蔵庫に入れる


この方法で保存すると、冷蔵庫内にある他の食材の匂いがつきにくいので、美味しく食べられます。しかし、衣のサクサク感は時間の経過と共に失われていきます。

②揚げる前のカキフライを冷蔵保存する方法

揚げる前のカキフライを冷蔵保存する方法は、以下の通りです。

①カキに小麦粉と卵、パン粉を使って衣をつける
②衣をつける際、パン粉を多めにふる
③蓋つきのタッパーに入れて冷蔵保存する


揚げる前のカキフライを冷蔵する際にパン粉が少ないと、タッパーの中でベタベタになってしまうので注意が必要です。カキフライを並べた後で、パン粉をさらに振りかけるのもおすすめです。

カキフライの冷蔵での賞味期限・保存期間

カキフライの冷蔵での賞味期限と保存期間は、以下の通りです。

・揚げたカキフライ/1~2日
・揚げる前のカキフライ/2~3日


冷蔵保存しているカキフライは酸化しやすいので、早めに食べるのが基本です。油が酸化すると過酸化脂質が発生し、これが体内に蓄積されることで動脈硬化を引き起こす原因となるため、できるだけ食べない方がよいのです。

冷蔵保存期間に酸化が進むだけでなく、フライのサクサク感もなくなり風味も落ちてしまうので、早めに食べきるよう心がけましょう。

カキフライを冷凍保存する方法・期間は?

カキフライの賞味期限や保存期間を延ばしたいなら、冷蔵より冷凍するのがおすすめです。ここでは、カキフライを冷凍保存する方法と日持ちする期間について説明します。

①揚げる前のカキフライを冷凍保存する方法

揚げる前のカキフライを冷凍保存する方法は、以下の通りです。

①衣のついたカキフライを一つずつラップで包む
②①を重ならないようにジッパー付き保存袋に入れる
③②からできるだけ空気を抜き、冷凍庫に入れる


カキフライの風味を残したいなら、金属バットのうえにジッパー付き保存袋に入れたカキフライを置き、急速冷凍させることをおすすめします。カキフライに限らず、食材を冷凍する過程で水分が大きな結晶をつくります。

その結晶が食材の細胞壁を壊すことで、解凍した時の舌触りが変わるのです。急速冷凍させたカキフライは組織が壊れにくいので、解凍した際に美味しく食べられます。

②揚げた後のカキフライを冷凍保存する方法

揚げた後のカキフライを冷凍保存する方法は、以下の通りです。

①カキフライをしっかり冷ます
②カキフライを一つずつラップで包む
③②を重ならないようにジッパー付き保存袋に入れる
④③からできるだけ空気を抜き、冷凍保存する


揚げた後のカキフライも冷凍保存は可能ですが、解凍した時の風味は揚げる前に冷凍保存して揚げたものより落ちます。食べ残しをやむを得ず冷凍保存する以外は、避けた方がよいかもしれません。

冷凍カキフライの賞味期限・保存期間

カキフライの冷凍での賞味期限と保存期間は、以下の通りです。

・揚げたカキフライ/2~3週間
・揚げる前のカキフライ/1ヶ月


カキフライは揚げてしまうと冷凍庫内でも油の酸化が進むため、賞味期限や保存期間が短くなります。これは最長の日数ですので、できるだけ早めに食べるよう心がけましょう。

冷凍したカキフライの揚げ方は?揚げない方法はある?

揚げる前に冷凍したカキフライを油で揚げる際に、外側がよい感じに仕上がっていても中まで火が通っていないという経験をした人が少なくないようです。ここでは、冷凍したカキフライの上手な揚げ方や揚げない方法を紹介します。

①凍った揚げる前のカキフライに常温の油を注いで揚げる

冷凍したカキフライを上手に揚げる方法は、以下の通りです。

①鍋に冷凍したままのカキフライを並べる
②①に高さが1cmほどになるように、常温の油を注ぐ
③②を火にかけ、中火にする
④カキフライの端がきつね色になったら、静かに裏返す
⑤全体的にきつね色になるまで、転がしながら揚げる


カキフライを揚げる前に常温の油を注ぎ、揚げ焼きの要領で火を入れることで、ふっくらとした仕上がりになります。使用する油も少なく済み、しっかりと揚げることで食中毒の原因菌が死滅するのであたる心配もありません。

揚げたカキフライの油を少しでも取り除きたいなら、バットや魚焼きグリルの上に油を吸収してくれるクッキングペーパーを敷き、その上にカキフライをのせていくのがおすすめです。カキフライを置いたクッキングペーパーで鍋の油を拭えば、片付けも楽になります。

②オーブントースタを使って焼く

冷凍したカキフライをオーブントースタを使って焼く方法は、以下の通りです。

①オーブントースターに余熱を入れておく
②冷凍したカキフライを電子レンジで半解凍にする
③②の両面にオイルスプレーをかける
④③をオーブントースターの網にのせ10分焼く
⑤④を裏返して、衣の色に注意しながら3~5分焼く


揚げ時間と比べると、オーブントースターで焼く方が時間がかかる印象がありますが、不要な油を吸収せずに済むので、カロリーオフにもつながります。

自宅にオーブントースターが無い場合には、フライパンで焼き上げると衣がカリカリに仕上がるので試してみてください。

揚げた冷凍カキフライの解凍方法は?

揚げたカキフライを解凍する際には、風味が落ちないように最善の注意を払いたいところです。ここでは美味しく仕上がる、揚げた冷凍カキフライの解凍方法を紹介します。

①電子レンジを使って解凍する

揚げた冷凍カキフライを電子レンジを使って解凍する方法は、以下の通りです。

①常温または冷蔵庫に冷凍カキフライを移し、自然解凍させる
②①を電子レンジで温める


ポイントは、自然解凍させた時に半解凍ぐらいの状態にしてから、電子レンジで中まで温めることです。クッキングシートなどの上に置き、時間は1~2分程度から始めて、加減しながら加熱するとよいでしょう。

②オーブントースターを使って解凍する

揚げた冷凍カキフライをオーブントースターを使って解凍する方法は、以下の通りです。

①冷凍したカキフライを自然解凍、または電子レンジで半解凍にする
②カキフライのラップをとってアルミホイルで包む
③予熱したオーブントースターに入れ、5分ほど焼く


オーブントースターで焼く時間は量によって調整しながら、衣がサクサクしてきたかを目安に焼きましょう。余分な油が落ちるので、カロリーオフにもつながるため、ダイエット中の方は一度試してみることをおすすめします。

カキフライの賞味期限切れの見分け方は?

二枚貝であるカキフライは、保存状態の悪さや加熱が十分でない場合、食中毒を起こす可能性があるので注意が必要です。ここでは、カキフライの賞味期限切れの見分け方を紹介します。

カキフライの賞味期限切れの特徴

賞味期限が切れたカキフライに見られる特徴には、以下のものがあります。

・油が酸化して違和感のある臭いがする
・衣の表面がネバネバしている
・カキフライが糸を引いている
・衣の表面にカビが浮いている
・食べると味が変わっている

冷蔵や冷凍の段階ですでに食中毒菌に汚染され、解凍や加熱によってそれがわかることもあります。賞味期限内だからといって安心とはいいきれないので、食べる前に見た目や匂い、味を確かめるようにしましょう。

カキフライをうまく保存して美味しく食べよう

今回は、揚げる前・揚げた後のカキフライを冷蔵・冷凍で保存する方法・ポイントや、保存期間の目安を紹介しました。カキフライは正しい方法で保存・解凍することで、風味を落とさず美味しく食べることができます。食中毒に気をつけながら、最後まで美味しく食べきりましょう。

関連する記事