生姜焼きの冷凍方法・期間は?下味冷凍がおすすめ?解凍法や焼く前後での日持ちのコツを解説!

生姜焼きの冷凍での保存方法を知っていますか?今回は、<焼く前・焼いた後>の生姜焼きの冷凍での保存方法・ポイントや、保存期間の目安に加えて解凍方法を紹介します。生姜焼きの賞味期限切れの見分け方や、冷凍生姜焼きのレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 生姜焼きの保存方法は?冷凍で日持ちする?
  2. 生姜焼きを作り置きする場合は冷凍がおすすめ
  3. 生姜焼きを短期間保存する場合は冷蔵でも可能
  4. 生姜焼きを冷凍する際のポイントは?
  5. ポイント①小分けして冷凍保存する
  6. ポイント②空気に触れないようにする
  7. ポイント③急速冷凍する
  8. 焼く前の生姜焼きの冷凍での保存方法・期間は?
  9. 焼く前の生姜焼きは下味冷凍がおすすめ
  10. 焼く前の生姜焼きの下味冷凍での賞味期限・保存期間
  11. 下味冷凍した生姜焼きの解凍方法は?
  12. ①冷蔵で自然解凍する
  13. ②流水解凍する
  14. ③電子レンジを使って解凍する
  15. 焼いた生姜焼きを冷凍保存する方法・期間は?
  16. 焼いた生姜焼きを冷凍保存する方法
  17. 焼いた生姜焼きの冷凍での賞味期限・保存期間
  18. 冷凍した生姜焼きの解凍方法は?
  19. ①冷蔵庫で自然解凍する
  20. ②電子レンジを使って解凍する
  21. ③フライパンを使って解凍する
  22. 生姜焼きの下味冷凍人気レシピ
  23. ①基本の生姜焼き
  24. ②新生姜の生姜焼き
  25. ③豚ロースの生姜焼き
  26. ④味噌生姜焼き
  27. ④塩麴漬け生姜焼き
  28. ⑥鶏むね肉の生姜焼き
  29. 生姜焼きの賞味期限が切れた時の見分け方は?
  30. 賞味期限が切れた生姜焼きの特徴
  31. 生姜焼きは冷凍保存して美味しく食べよう

生姜焼きの保存方法は?冷凍で日持ちする?

お弁当や夕飯のおかずに人気の生姜焼きは、作った後どのように保存すれば良いのでしょうか。日持ちさせたい場合と、短時間での正しい保存方法を紹介します。

生姜焼きを作り置きする場合は冷凍がおすすめ

生姜焼きをお弁当のために作り置きしておきたいと考えている場合は、冷凍保存するのが良いでしょう。お弁当に入れたり、一回の食事で出す量で小分けにしておけば、解凍するだけで簡単に食べることができます。

生姜焼きを短期間保存する場合は冷蔵でも可能

冷凍保存だと日持ちさせることができますが、短期間保存する場合の方法を紹介します。

・常温…3〜6時間程度
・冷蔵…2〜3日程度


基本的には、調理済みの生姜焼きは常温保存に適さないためおすすめできません。常温の場合、室内の温度や季節にもよりますが半日程度が限度のため、できるだけ作ったらすぐに食べるようにしたほうが安心です。調理後、しばらく食べるまでに時間が空くようなら冷蔵庫へ入れましょう。

冷蔵庫だと、2〜3日程度は保存することが可能です。匂いうつりや乾燥を防ぐため、しっかりラップをしたり蓋付きの保存容器に入れておきましょう。

生姜焼きを冷凍する際のポイントは?

調理済みの生姜焼きを日持ちさせるのに適しているのは冷凍保存です。生姜焼きを冷凍するときのポイントを詳しく説明します。

ポイント①小分けして冷凍保存する

冷凍するときの一番のポイントは、小分けにしておくことです。生姜焼きに限らず、冷凍したものを解凍後に再冷凍するのは雑菌の繁殖の可能性など衛生的におすすめできません。一度解凍したものを再冷凍することで、食品の細胞が破壊され品質が低下していまうため味も落ちてしまいます。必ず、一度で食べ切れる分量に小分けして冷凍保存するようにしましょう。

ポイント②空気に触れないようにする

長時間冷凍しておくと、生姜焼きから水分が抜けたり、油が酸化することで冷凍焼けを起こすことがあります。冷凍焼けを防ぐためにも、乾燥と酸化を防げるよう空気に触れないようにしましょう。冷凍焼けすると、解凍したときにパサついたり変色してしまい、食べることは出来ますが味が落ちてしまいます。

ラップで包む場合は、その後ジップロックにも入れて二重にして、しっかり空気を抜いておきましょう。

ポイント③急速冷凍する

冷凍するときに水分が抜けてしまうのを完全に防ぐことはできませんが、出来るだけ美味しさを保ったまま冷凍するためには素早く冷凍しましょう。ラップで包む際は薄く広げておくこと、アルミトレーなど温度をしっかり下げることができる物の上に置くことがポイントです。短時間で凍らせる、急速冷凍をすることで食材の劣化を最小限に防ぐことができます。

焼く前の生姜焼きの冷凍での保存方法・期間は?

調理済みの生姜焼きではなく、焼く前の生姜焼きを冷凍保存する方法と保存期間を紹介しますので参考にしてください。

焼く前の生姜焼きは下味冷凍がおすすめ

焼く前の生姜焼きの保存方法をポイントも含めて、詳しく紹介します。

1.生姜焼き用の肉を作りたい大きさにカットする
2.生姜焼きを作るときの調味料と一緒に、ジップロックに入れて揉み込む
3.薄く広げて、アルミトレーの上などで冷凍する


焼く前の生姜焼きは、下味をつけて冷凍しておくのがおすすめです。すぐに使えるように、肉のカットと調味料を入れてジップロックで保存しましょう。解凍後、加熱するだけで食べることができるため便利です。

焼く前の生姜焼きの下味冷凍での賞味期限・保存期間

下味をつけて冷凍した、生姜焼きの保存期間は以下のようになります。

・1カ月程度

下味をつけた生姜焼きの賞味期限は、冷凍で1カ月程度です。漬けておくことでしっかり味が染み込みますが、保存期間が長くなれば味が濃くなりやすいため注意してください。

下味冷凍した生姜焼きの解凍方法は?

下味冷凍した生姜焼きを食べるときは、どのように解凍すれば良いのでしょうか。おすすめの解凍方法を紹介します。

①冷蔵で自然解凍する

下味冷凍しておいた生姜焼きを使う予定が決まっている場合は、冷蔵庫で自然解凍するのがおすすめです。

1.冷凍庫から出した生姜焼きをジップロックのまま冷蔵庫へ移動させる
2.6〜12時間程度冷蔵庫の中で解凍させる


夕飯に生姜焼きを作ることが決まっていたり、お弁当ように朝焼こうと考えている場合は、あらかじめ冷蔵庫に移して解凍しておきましょう。時間はかかりますが、低い温度で解凍することは衛生的に良いだけでなく、味や風味の面でもおすすめです。

②流水解凍する

下味冷凍した生姜焼きを今すぐ使いたいというときには、流水解凍がおすすめです。

1.冷凍庫から出した生姜焼きをジップロックのままボールやバットに入れる
2.蛇口から生姜焼きにかかるように細く水を出し続ける
3.30分〜1時間程度


流水解凍は、手早く解凍できるためすぐに使いたいときに便利です。水をかける際は、ジップロックの中に水が入らないようにしておきましょう。心配ならビニールなどで二重にしておくと安心です。

③電子レンジを使って解凍する

電子レンジを使うと、素早く解凍することができます。

1.冷凍庫から出した生姜焼きをジップロックから耐熱皿に出す
2.電子レンジで30秒〜1分程度加熱する
3.様子を見ながら加熱時間を追加する


電子レンジは、素早く解凍することができますがジップロックのままでは加熱することが出来ないため耐熱皿に移しましょう。加熱し過ぎると肉が焼けてしまったり調味料が焦げてしまう可能性があるため様子を見ながら加熱時間を追加するのがおすすめです。

焼いた生姜焼きを冷凍保存する方法・期間は?

調理済みの生姜焼きを冷凍保存するときはどのようにすればよいのか、冷凍保存の方法を詳しく説明します。保存期間も参考にしてください。

焼いた生姜焼きを冷凍保存する方法

焼いた生姜焼きを、冷凍保存するときの方法を紹介します。

1.調理済みの生姜焼きを小分けにして保存容器に入れたりラップに包む
2.粗熱が取れるまでしばらく置いておく
3.アルミトレーの上などで急速冷凍させる


焼いた生姜焼きは、熱いまま冷凍庫へ入れてしまうと冷凍庫の温度が上がり周りにある食品に影響が出てしまいます。冷凍する前に粗熱を取りますが、室温が高い場合は長時間常温に置かずに冷蔵庫に入れておくと安心です。

焼いた生姜焼きの冷凍での賞味期限・保存期間

焼いた生姜焼きを冷凍保存した場合の、保存期間を紹介します。

・1カ月程度

焼いた生姜焼きを冷凍しておくことで、賞味期限は1カ月程度になります。下味冷凍のように味が濃くなる心配はありませんが、保存期間が長くなれば冷凍焼けしてしまい風味が落ちてしまう可能性もあるため早めに食べた方が美味しくいただけます。

冷凍した生姜焼きの解凍方法は?

冷凍しておいた生姜焼きは、どのように解凍すれば良いのでしょうか。おすすめの解凍方法をそれぞれ詳しく紹介します。

①冷蔵庫で自然解凍する

時間はかかりますが、冷蔵庫で自然解凍すると衛生的に安心です。

1.冷凍の生姜焼きを保存容器やラップのまま冷蔵庫へ移す
2.冷蔵庫で6〜12時間程度置く


下味冷凍の時と同様、食べることが決まっている場合は冷蔵庫での自然解凍がおすすめです。温めればそのまま食べることができますが、加熱し過ぎて肉が固くなるのを防ぐことができます。

②電子レンジを使って解凍する

手早く解凍したい場合は、電子レンジがおすすめです。

1.冷凍の生姜焼きを耐熱皿に出す
2.電子レンジで3分〜5分程度様子を見ながら加熱する


電子レンジなら、5分程度で解凍させることができるため素早く食べることができます。加熱ムラができやすいため、途中で上下を返しながら様子を見るようにしましょう。加熱し過ぎると、肉が固くなってしまうため要注意です。

③フライパンを使って解凍する

フライパンで炒めると、短時間で出来立ての美味しさにすることができます。

1.冷凍の生姜焼きをフライパンに移す
2.蓋をして蒸し焼きにする
3.ほぐれてきたら混ぜ合わせながらムラがないように炒める


フライパンで解凍する場合は、柔らかくほぐれるまで蓋をして蒸し焼きにするのがおすすめです。電子レンジ同様、焼き過ぎると肉が固くなるので注意しましょう。

生姜焼きの下味冷凍人気レシピ

生姜焼きを下味冷凍するときのおすすめレシピを紹介します。肉の種類や味付けを変えることでいろいろな味が楽しめます。

①基本の生姜焼き

出典:https://cookpad.com/recipe/6370126

豚肉の細切れと玉ねぎを使用して作る、基本の生姜焼きレシピです。細切れ肉は固くなりにくいので、おすすめです。

↓詳しい作り方・レシピはこちら↓

豚こま切れ肉の生姜焼き【下味冷凍】 by 鈴木美鈴 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが337万品

②新生姜の生姜焼き

出典:https://cookpad.com/recipe/6275374

すりおろしやチューブの生姜ではなく、新生姜を使った生姜焼きです。豚バラ肉は大きめにカットした生姜と相性が良く、加熱すると辛味もなく食べやすくなります。

↓詳しい作り方・レシピはこちら↓

新生姜たっぷり!豚バラの生姜焼き♪ by 京たまご 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが337万品

③豚ロースの生姜焼き

出典:https://cookpad.com/recipe/5918155

豚ロースを使った生姜焼きは、火を通し過ぎると固くなりやすいですが、片栗粉を入れることで柔らかく焼くことができます。タレも絡みやすくなるのでおすすめです。

↓詳しい作り方・レシピはこちら↓

基本の豚肉生姜焼き(簡単) by ★アラレ×テンコ★ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが337万品

④味噌生姜焼き

出典:https://cookpad.com/recipe/6036866

味噌を入れると、いつもの生姜焼きよりもコクが出てガッツリとした味になります。玉ねぎだけでなく、ナスやピーマンなどの野菜も良く合います。

↓詳しい作り方・レシピはこちら↓

豚の味噌生姜焼き by おでのおでん☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが337万品

④塩麴漬け生姜焼き

出典:https://cookpad.com/recipe/6148092

焼くと固くなりやすい豚肉も、塩麹に漬けておくことで柔らかくなります。焼くときは焦げ付きやすいので注意しましょう。

↓詳しい作り方・レシピはこちら↓

塩麹漬け豚の生姜焼き by まいこ飯キッチン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが337万品

⑥鶏むね肉の生姜焼き

出典:https://cookpad.com/recipe/6265816

豚肉だけでなく、鶏肉も生姜焼きの下味をつけて冷凍することができます。むね肉ならヘルシーで、ダイエット中の人におすすめです。

↓詳しい作り方・レシピはこちら↓

簡単&柔らか☆鶏むね肉のしょうが焼き by 元料理人の時短レシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが337万品

生姜焼きの賞味期限が切れた時の見分け方は?

生姜焼きの賞味期限が切れると、どのような変化があるのでしょうか。賞味期限が切れた時の見分け方を紹介します。

賞味期限が切れた生姜焼きの特徴

賞味期限が切れた生姜焼きがどのように変化するのか、どのようなものは食べないほうが良いのかを紹介します。

・酸っぱい匂いがする
・カビが生えている
・糸を引くような粘りがある
・常温で長時間放置していた
・賞味期限を超えた長期保存していた


異臭やカビ、粘りなど明らかな変化があるものは当然食べることができません。しかし、賞味期限として目安にしている冷蔵・冷凍の期限を大幅に超えたものは見た目に変化がなくても食べるのを控えた方が安心です。常温で長時間置いてしまったものに関しては、食中毒の危険があるため気を付けましょう。

生姜焼きは冷凍保存して美味しく食べよう

老若男女問わず人気の生姜焼きは、調理前でも後でも保存することができます。冷凍しておけば、長期保存することができるだけでなく、忙しい時の夕食やお弁当に手軽に使えて便利です。保存方法や賞味期限を守って美味しく食べましょう。

関連する記事