ムニエルとは?相性が合う魚の種類は?調理法のコツやアレンジレシピも紹介!

ムニエルとはどんな料理か知っていますか?今回は、ムニエルとソテーなどの他の調理法との違いや、作り方に加えて〈使う魚の種類・盛り付け方〉などポイントも紹介します。ムニエルのアレンジレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ムニエルとは?どんな意味?
  2. ムニエルとは小麦粉をつけた魚をバター焼きしたフレンチ料理
  3. ムニエルとソテーなど他の調理法との違い
  4. ムニエルの作り方や盛り付け方は?
  5. ムニエルの作り方・手順
  6. 盛り付け方のコツ
  7. ムニエルを作る際のポイントは?合う魚の種類は?
  8. ①白身魚・塩鮭などのクセの少ない種類の魚を使う
  9. ②焼く直前に小麦粉を付ける
  10. ③小麦粉を薄く均等につける
  11. ④皮目から焼く
  12. ⑤焼いた後にしっかり油を切る
  13. ⑥一緒に付け合わせも作る
  14. ムニエルのアレンジレシピ
  15. ①鮭のムニエル
  16. ②スズキのムニエル
  17. ③カレー味のムニエル
  18. ムニエルを食べてみよう

①白身魚・塩鮭などのクセの少ない種類の魚を使う

ここではムニエルによく合う魚を紹介します。

・たら
・カレイ
・鮭
・舌平目
・アジ


フランス本場のムニエルは塩胡椒の味付けにバターの風味と最後にレモンをかけるという、とてもシンプルな味付けのため、クセの少ない白身魚が好まれます。日本でもよく売られている白身魚が多いので手に入りやすいです。

②焼く直前に小麦粉を付ける

小麦粉をつけてから置いておくと、魚から出た水分を小麦粉が吸収してしまいべチャッとしてしまいます。それを避けるために、バターで焼く直前に小麦粉をつけると仕上がりがきれいです。

③小麦粉を薄く均等につける

小麦粉を沢山つけてしまうとフリッターのようにふっくらした食感が出てしまうので、小麦粉は全体に薄くつけることをおすすめします。仕上がりは外がカリッとしていて、中はジューシーな魚の旨みを感じることができます。

④皮目から焼く

魚の皮と身の間に臭みの元となる脂があるので、まず皮目をしっかり焼いてその油を落とすことで臭みを取り除きます。出てきた油はキッチンペーパーなどで拭き取ると良いでしょう。

⑤焼いた後にしっかり油を切る

焼いた後油をあまり切らずにお皿に盛り付けると、全体的に油っこい料理となり、ベチャッとした食感になってしまいます。しっかりと油を切ることでカリっとした美味しい仕上がりにすることができます。

⑥一緒に付け合わせも作る

魚から出た旨みがバターにしみ出ているので、そのバターで付け合わせの野菜を焼くと旨みも増し、料理時間の短縮にもなります。アスパラ・いんげん・ミニトマトなどを一緒にフライパンで焼き盛り付けると見た目もきれいな一品になります。

ムニエルのアレンジレシピ

フランスで作られるシンプルな味付けのムニエルや、ソースや味付けにをお好みのものに工夫をしたアレンジレシピを紹介します。

①鮭のムニエル

出典:https://cookpad.com/recipe/5952244

ムニエル調理法の基本に忠実に作られていて、日本人には馴染みのある鮭や家によくある材料をつかっているので、試してみやすいレシピです。

ビストロ味!本格!基本の鮭のムニエル by マユミリオン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが337万品

②スズキのムニエル

出典:https://cookpad.com/recipe/6280919

関連する記事

×