カッテージチーズとは?味や食べ方は?保存方法やアレンジレシピも紹介!

カッテージチーズとはどんなチーズか知っていますか?今回は、カッテージチーズの味の特徴や栄養に加えて、食べ方についても紹介します。カッテージチーズの保存方法や作り方・アレンジレシピの他に商品のおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. カッテージチーズとは?
  2. カッテージチーズとは柔らかいフレッシュチーズ
  3. カッテージチーズの味
  4. カッテージチーズの栄養
  5. カッテージチーズの食べ方は?
  6. ①そのまま食べる
  7. ②サラダなど野菜と混ぜて食べる
  8. ③料理に合わせて食べる
  9. ④野菜に詰めて食べる
  10. カッテージチーズの保存方法は?
  11. カッテージチーズは冷蔵保存する
  12. カッテージチーズの作り方は?
  13. 材料
  14. 作り方・レシピ
  15. カッテージチーズのアレンジレシピ
  16. ①カッテージチーズとツナのドレッシング
  17. ②にんじんとカッテージチーズのサラダ
  18. ③カッテージチーズとケールのマフィン
  19. ④カッテージチーズとひじきの煮物
  20. カッテージチーズの商品のおすすめ
  21. ①雪印北海道100カッテージチーズ
  22. ②蔵王チーズ パニールチーズ
  23. ③メイトーカッテージチーズうらごし
  24. カッテージチーズを食べてみよう

カッテージチーズとは?

チーズには様々な種類がありますが、その中の1つがカッテージチーズです。ここではカッテージチーズとはどのようなチーズか、味・栄養についても説明します。

カッテージチーズとは柔らかいフレッシュチーズ

カッテージチーズとは牛乳から脂肪分を出した脱脂乳が原材料となる、オランダ原産のフレッシュチーズです。木綿豆腐を崩したようなボロボロとした見た目で、熟成させていないため他の種類のチーズとは異なり、チーズ特有の強い発酵の臭いやカビなどは見られません。

カッテージチーズの味

カッテージチーズは少し酸味のある爽やかな味わいが特徴です。あっさりした味で、脂肪分が少なく重たさはないため、食べ過ぎで気持ち悪くなることもありません。カッテージチーズは多くの料理アレンジがあり、低カロリー食材として有名になってきています。

Twitterレビュー

世の中いろんなヘルシースイーツレシピが出回っているし作るけど、結局はカッテージチーズにはちみつかけたやつがヘルシーで高たんぱくで低脂質で満足度高くて手間もかからない最強のおやつだよね・・となってしまう

Teitterレビュー

カッテージチーズに甘味料ちょっとかけて食べるとチーズケーキになります!

脂質少ないのでダイエットのおやつにおすすめ

カッテージチーズの栄養

カロリー 糖質 1日の摂取カロリーの占める割合
カッテージチーズ (100gあたり) 105kcal 1.9g 5%


※1日の摂取量は成人男性の目安です。
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)

カッテージチーズは脂肪分を抜いて作っているため、他のチーズと比べるとカロリーが低めです。その上、たんぱく質・ビタミン・カルシウムなどの栄養素も豊富に入っおり、非常に栄養価の高いのが特徴です。低カロリー高たんぱく質なため、近年はヘルシーフードとしてダイエット中の方に食べられることが増えています。

カッテージチーズの食べ方は?

たくさん種類があるチーズですが、それぞれおすすめの食べ方は異なります。ここでは、脂肪分が少なく低カロリーなカッテージチーズの特性を生かしたおすすめの食べ方を紹介します。

①そのまま食べる

カッテージチーズはそのまま食べても美味しく、淡白で酸味がある味が好きな方は味付けなしでもよいですが、調味料で味付けして食べる方法も人気です。塩胡椒や醤油などで塩気を足したり、ハチミツやシロップなどで甘みを足したりしても美味しいでしょう。

②サラダなど野菜と混ぜて食べる

最近では、カッテージチーズをサラダなどの生野菜と混ぜて食べる食べ方が定番になっています。特にたんぱく質をしっかりと摂取しなければならないダイエット中にも、低カロリーでありながら高たんぱく質なカッテージチーズは役立つ食材です。

ダイエットに役立つだけでなく、サラダに酸味やコクを足すことができ、オリーブオイルと少量の塩だけでも美味しい1品となります。

③料理に合わせて食べる

関連する記事

×