水炊きとは?寄せ鍋との違いは?博多風・関西風の作り方やレシピをそれぞれ紹介!

水炊きとはどんな鍋か知っていますか?今回は、水炊きの<博多風・関西風>の2種類の特徴や、寄せ鍋との違いを紹介します。食材の味を活かした、食べると身体が温まる鍋料理の水炊きの作り方・レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 水炊きとは?
  2. 水炊きとは福岡(博多)の郷土料理
  3. 水炊きの味わい
  4. 水炊きと寄せ鍋の違いは?
  5. 水炊きと寄せ鍋は煮汁が違う
  6. 水炊きは2種類?博多風と関西風で違う?
  7. ①博多風の水炊き
  8. ②関西風の水炊き
  9. 水炊きの作り方・レシピは?
  10. ①博多風水炊きの作り方
  11. ②関西風水炊きの作り方
  12. 水炊きを食べてみよう

水炊きとは?

肌寒くなってくると食べたくなる鍋料理には様々な種類がありますが、その中でも今回は「水炊き」について紹介します。そもそも水炊きとはどのような鍋料理のことを指し、その味わいはどのようなものなのかを見ていきましょう。

水炊きとは福岡(博多)の郷土料理

水炊きとは、水または湯のみで茹でた具材から出た出汁を取って調理される福岡の郷土料理のことです。まれに昆布出汁や鶏の出汁などを使う場合もありますが、他の調味料は使いません。鶏肉の旨味を愉しむために、骨ごとぶつ切りにした鶏肉が入っているものが主流のようです。

水炊きの味わい

水炊きとは、コンソメスープと中国料理を参考にして作られたのが起源と言われています。加える食材によって大きく味が変化するので、素材の旨味を最大限に活かすことができます。あっさりとしていながらも、コクのある味わいの鍋料理です。

水炊きと寄せ鍋の違いは?

同じ鍋料理である水炊きと寄せ鍋の違いについて、よくわからない人も少なくないのではないでしょうか。ここでは水炊きと寄せ鍋がどう違うのかについてを説明します。店で注文するときや作るときの参考にしてください。

水炊きと寄せ鍋は煮汁が違う

水炊きは水や湯から食材を煮るのに対して、寄せ鍋はだし汁に塩、醤油、みりんなどで調味したもので具材を煮た鍋料理です。寄せ鍋はスープの味がしっかりとしているので、そのまま何もつけずに食べることができます。水炊きは醤油ポン酢や薬味をつけて食べるので、自分の好みに合わせた味を愉しめます。

水炊きは2種類?博多風と関西風で違う?

博多発祥の水炊きは今では全国で食べられ愛される鍋料理ですが、全国で広まっているのは関西風の水炊きです。博多風の水炊きは「博多水炊き」と呼ばれることもあります。博多と関西では水炊きの作り方や材料が異なるので、その違いについて解説します。

①博多風の水炊き

博多風の水炊きの特徴は以下のとおりです。

・鶏肉を水から煮込んで出汁をとる
・白濁したスープ
・キャベツを使う
・シメにちゃんぽん麺やうどんを入れる


鶏肉の旨味が凝縮した白濁したスープが特徴的な博多風の水炊きには、スープの味を薄めないために白菜よりも水分が出にくいキャベツを使用します。その他、鶏団子、春菊、しいたけ、ネギ、ニラ、豆腐などの入れることが多いです。

②関西風の水炊き

関西風の水炊きの特徴は以下のとおりです。

・昆布で出汁を取る
・透き通ったスープ
・白菜を使う
・シメはご飯をいれて雑炊にする


昆布出汁のスープはきれいに透き通っていて食材の味を邪魔することがありません。関西風は魚や鶏肉以外の肉とも相性がいいので、好きな食材を選んで愉しむことができます。その他にも白菜、ネギ、水菜、えのき、マロニーなどを入れて食べられます。

水炊きの作り方・レシピは?

鶏肉の旨味を凝縮した博多風水炊きと、あっさりとした昆布出汁の関西風水炊きそれぞれの作り方を紹介します。美味しく作るポイントも記載したので、参考にしてください。

①博多風水炊きの作り方

博多風の水炊きの作り方を紹介します。

①鶏肉を煮込んで出汁を取る
②食べやすい大きさに切った材料を入れて煮込む
③醤油ポン酢や薬味をつけて食べる
④シメにちゃんぽん麺やうどんを入れて食べる


博多風水炊きを作る時のポイントは鶏肉を骨ごとぶつ切りにした鶏肉を使うことです。そうすることで、鶏の骨から出た旨味がスープにしっかりと溶け出して美味しい水炊きになります。ちゃんぽん麺やうどんを食べ終えた後に、さらにご飯を入れて食べる人もいます。より博多風にするためには柚子胡椒も欠かせません。

②関西風水炊きの作り方

関西風の水炊きの作り方を紹介します。

①昆布で出汁を取る
②出汁に食べやすい大きさに切った材料を入れて煮込む
③ポン酢醤油や薬味をつけて食べる
④シメにご飯を入れて、溶き卵を加えて雑炊にする


昆布出汁のスープはあっさりとしていてどんな食材とも相性がいいので、お好みの食材を入れて愉しむことができます。関西風では薬味に、もみじおろしや薬味ネギを添えられることが多いです。関西では水炊きを食べるポン酢にこだわりを持つ人もいます。

水炊きを食べてみよう

水炊きは博多風と関西風の2種類がありますが、それぞれ素材の旨味を活かしてくれる鍋料理です。材料を切って煮込むだけで出来上がる水炊きは、とても簡単に作ることができます。肌寒い季節には好きな食材を入れた水炊きを食べて身体を温めましょう。

関連する記事

×