茶豆(ちゃまめ)とは?枝豆との違いは?旬・栄養価や食べ方・レシピのおすすめを紹介!

茶豆を知っていますか?枝豆と違いはあるのでしょうか?今回は、茶豆の〈名前の由来・味・旬・産地〉など〈枝豆・ただちゃ豆〉と違いを比較して紹介します。茶豆の美味しい茹で方・食べ方やレシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 茶豆(ちゃまめ)とは?枝豆と違いある?
  2. 茶豆(ちゃまめ)は枝豆の種類の1つ
  3. 茶豆の名前の意味・由来
  4. 茶豆の味・食感
  5. 茶豆の栄養価・効能
  6. ただちゃ豆とは?茶豆とは別物?
  7. ただちゃ豆は山形県原産の茶豆の一種
  8. 茶豆の旬・産地や選び方は?
  9. 茶豆の旬・産地
  10. 茶豆の選び方のポイント
  11. 茶豆の食べ方・レシピのおすすめ
  12. ①茶豆の美味しい茹で方
  13. ②茶豆とツナの炊き込みご飯
  14. ③茶豆のポタージュ
  15. ④茶豆の味噌汁
  16. 茶豆を食べてみよう

茶豆(ちゃまめ)とは?枝豆と違いある?

スーパーなどで買おうと手にとった枝豆が「枝豆」ではなく、「茶豆」だったという経験をした人は少なからずいるのではないでしょうか。茶豆とはどのような豆で、枝豆とどのような違いがあるのでしょうか。

茶豆(ちゃまめ)は枝豆の種類の1つ

茶豆とは枝豆の品種の1つなので、茶豆と枝豆は同じものということになります。枝豆は大豆が完熟する前の未成熟な柔らかい状態で収穫したものを指し、植物分類学上では大豆は豆類として分類され、枝豆は野菜類に分類されます。

枝豆の中にはサヤの中に3粒以上の豆が入っている品種もありますが、茶豆はサヤの中の豆が2粒しか入っていないものが多いようです。

(*枝豆の種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

枝豆の種類・品種は?産地・旬など特徴やブランドの例を紹介!

茶豆の名前の意味・由来

茶豆の名前の由来はサヤを開くと茶色い薄皮に豆が包まれていることや、サヤから茶色い産毛が生えていることなど諸説あります。サヤ自体は緑色をしているので、見た目だけでは茶豆だということがわからない場合もあります。

茶豆の味・食感

茶豆の食感はホクホクとしていて噛めば噛むほど豆の甘みと旨味が口の中に広がります。一般的な枝豆と比べて豆の芳醇な香りが強いのが特徴的です。茶豆を茹でると一般的な枝豆とは違い、とうもろこしのような甘い香りがします。

茶豆の栄養価・効能

「畑の肉」と呼ばれる大豆が未成熟のうちに収穫される茶豆には、以下の栄養素が多く含まれています。

・タンパク質
・メチオニン
・アラニン
・ビタミンC
・葉酸


大豆と同じように、枝豆には良質なタンパク質が豊富に含まれています。そのタンパク質に含まれるアミノ酸のうちのメチオニンとアラニンが茶豆には多く含まれていて、どちらもアルコールの分解を促進する働きや肝機能を高めるのに効果的です。大豆に含まれていないビタミンAやビタミンCが含まれる茶豆は、豆の栄養素と野菜の栄養素を併せ持った野菜といえます。

(*枝豆の栄養や効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

枝豆の栄養素と効能は?薄皮にも豊富?食べ過ぎの注意点や食べ方・レシピのおすすめを紹介!

ただちゃ豆とは?茶豆とは別物?

ただちゃ豆という枝豆は「ちゃまめ」という名前がついていますが、茶豆とはどういった関係なのでしょうか。ただちゃ豆とはどんな枝豆であるのかを紹介します。

関連する記事

×