大根おろしの保存方法・期間は?冷凍・冷蔵で日持ちのコツや栄養価についても紹介!

【管理栄養士監修】大根おろしの正しい保存方法を知っていますか?今回は、大根おろしの冷凍・冷蔵での保存方法と賞味期限の目安にくわえ、解凍のポイントを紹介します。腐った大根おろしの見分け方や大根おろしを保存した場合の栄養価も紹介するので、参考にしてくださいね。

(このページにはPRリンクが含まれています)
専門家監修 |管理栄養士・栄養士 住吉彩
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”...
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”という思いから独立し、講座を主宰したり、講演、執筆、監修などを行っている。趣味は家庭菜園。万年ダイエッターを卒業するためのポイントをまとめたメルマガも配信中。

目次

  1. 大根おろしを日持ちさせる保存のポイントは?
  2. ①汁ごと保存する
  3. ②常温では保存しない
  4. ③密閉して保存する
  5. 大根おろしの冷蔵での保存方法・期間
  6. 大根おろしを冷蔵で保存する方法・手順
  7. 賞味期限の目安
  8. 大根おろしの冷凍での保存方法・期間
  9. 大根おろしを冷凍で保存する方法・手順
  10. 賞味期限の目安
  11. 冷凍した大根おろしの解凍方法
  12. 大根おろしは冷凍・冷蔵しても栄養は落ちない?
  13. 温度変化に気をつければ栄養を保てる
  14. 大根おろしが腐るとどうなる?
  15. 賞味期限が危ない大根おろしの状況
  16. 腐っている大根おろしの状況
  17. 大根おろしを正しく保存しよう

大根が腐ると柔らかくなりすぎたり葉がしなびてくるなど変化がありますが、大根おろしも傷むと見た目の変化が出てきます。腐ったものを見分ける方法を紹介します。

賞味期限が危ない大根おろしの状況

次に紹介する変化が出てきたら賞味期限が近い証拠なのでできるだけ早く食べきるようにしましょう。

・黄色っぽく変色している
・食感がパサついている


水分が抜け、食感が変わってきたり変色していたら食べるのは控えたほうが良いです。

腐っている大根おろしの状況

大根おろしは普通の大根よりも腐りやすいため、腐っていないか見極めるポイントを紹介します。

・茶色く変色している
・異臭がする
・カビが生えている


変色だけでなく、酸っぱい臭いも腐っている証拠です。このような状態の大根おろしはあきらめて捨てましょう。

大根おろしを正しく保存しよう

大根おろしは保存方法によっては1か月近く保存できることが分かりました。しかし保存状態によっては味や栄養価をかなり落ちる場合もあるので、今回紹介した正しい保存方法を試してみてください。大根おろしを様々な料理に活用して大根の栄養を体に取り入れましょう!

関連する記事

野菜のおかずのアクセスランキング

人気のある記事ランキング