本マグロとは?超高級品?部位・種類別の値段の違いや味・活用レシピなども紹介!

本マグロとはどんなマグロか知っていますか?今回は、本マグロの旬・産地や、部位別の値段に加えて、他のマグロとの<味や脂の量・値段>など違いを紹介します。本マグロの活用レシピや市販商品のおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 本マグロとは?超高級なマグロ?
  2. 本マグロとはクロマグロの呼び名
  3. 本マグロの旬と産地
  4. 高級「本マグロ」の部位別の値段
  5. 本マグロの味わい・舌触り
  6. 本マグロと他のマグロの違いは?
  7. ①味・脂の量の違い
  8. ②値段の違い
  9. 本マグロの活用レシピのおすすめ
  10. ①柚子バルサミコサラダ
  11. ②マグロの漬け丼
  12. ③ネギマ鍋
  13. ④アヒージョ
  14. ⑤トマト煮
  15. ➅ユッケ
  16. 本マグロの部位別の通販商品
  17. ①赤身(1630円)
  18. ②中トロ(2500円)
  19. ③大トロ(12800円)
  20. 本マグロを食べてみよう

本マグロとは?超高級なマグロ?

マグロの呼び方の一つに本マグロがありますが、どのようなマグロを指しているのでしょうか。ここでは高級なイメージのある本マグロについて、基本的な情報を解説します。本マグロの旬や産地についても紹介するので、参考にしてください。

本マグロとはクロマグロの呼び名

マグロの種類はさまざまですが、日本で流通している主なマグロは主に以下になります。

・クロマグロ
・メバチマグロ
・キハダマグロ
・ミナミマグロ
・ビンナガマグロ


これらの中で、本マグロはクロマグロのことを指します。目や背中が真っ黒であることから、クロマグロと言う名前が付けられたようで、マグロの中でも一番大きく味わいも良いことか本マグロと呼ばれるようになったと言われています。

本マグロの旬と産地

本マグロの旬は12月から2月ごろと言われています。日本での本マグロの産地は主に青森県大間市ですが、他にも広島県や長崎県、北海道でも水揚げが盛んです。ただし、回遊魚である本マグロは日本の近海だけでなく北半球に広く生息しています。

本マグロは人気の魚であることから、近年では輸入や養殖も盛んにおこなわれており、養殖でも天然に近い味わいになってきているようです。

(*マグロの旬について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

マグロの旬の時期は?種類で違う?選び方・栄養価やレシピを紹介!

高級「本マグロ」の部位別の値段

部位名 値段(100gあたり)
赤身 1000円~1300円
中トロ 1500円~2200円
大トロ 2500円~3300円

本マグロは、上記の表からも分かる通り部位によって値段が異なります。ただし、上記はあくまでも目安の値段で、特に天然物は価格変動も大きく、さらに冷凍か生かによっても値段が違います。なお、本マグロの産地である大間で食べる場合、冷凍でも4000円以上することもあるようです。

本マグロの味わい・舌触り

本マグロの味わいは、部位によって大きく異なり人気もわかれます。採れる部位が小さく、値段が最も高い大トロは脂がしっかり乗っており、口に入れた時のとろける柔らかさと甘みが特徴です。バランスの良い味わいを楽しみたいなら中トロがおすすめで、赤身と脂の乗りが程よいので食べやすいと感じる人も多いでしょう。

一方の赤身はあっさりとした味わいで、脂は中トロや大トロほど多くないもののクセのなさが特徴の部位です。

本マグロと他のマグロの違いは?

前述した通りマグロにはさまざまな種類がありますが、本マグロとその他のマグロの違いはどこにあるのでしょうか。本マグロだけではなく、スーパーに並んでいるマグロでも、値段に大きな違いがあります。ここでは、それぞれの味や値段の違いなどについて本マグロを基準に比べてみましょう。

①味・脂の量の違い

本マグロと他のマグロは脂の量に大きな違いがあります。本マグロは脂が多く、中トロであっても贅沢な味わいで、他のマグロにはない質の高さがあります。本マグロに近い味わいのマグロとしてはミナミマグロが知られていますが、流通も少なく購入することは難しいでしょう。さらに天然ものの本マグロは、まろやかなコクや旨味もあるのが特徴です。

②値段の違い

マグロの種類名 赤身の値段(100gあたり)
本マグロ 1000円~1300円
ミナミマグロ 600円
メバチマグロ 500円
キハダマグロ 300円
ビンナガマグロ 200円

上記は、日本で販売されている人気のマグロの赤身の値段を価格が高い順に並べた表です。表からも分かるように、本マグロは赤身であっても1000円以上するなど、他のマグロの数倍の値段になることもあります。

(*マグロの種類や違い、特徴について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

マグロの種類と特徴は?高ランクで美味しいのはどれ?味・値段や大きさなど比較して紹介!
キハダマグロとは?他のマグロとの違いは?捌き方や刺身など料理レシピのおすすめを紹介!

本マグロの活用レシピのおすすめ

本マグロが手に入ったら刺身はもちろんのこと、他の料理でも楽しんでみましょう。ここでは本マグロの脂や部位を活かしたレシピを紹介するので、手に入った部位に合わせて上手にレシピを選んでみてください。

①柚子バルサミコサラダ

出典:https://cookpad.com/recipe/1878318

本マグロの中トロ部分を使ったさっぱりとした味わいのサラダです。大トロでは脂のくどさが出るものの、中トロであれば柚子の風味とうまく絡みます。白ワインのおつまみにもおすすめの一品です。

本マグロの柚子バルサミコサラダ by chinuchinu 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

②マグロの漬け丼

出典:https://cookpad.com/recipe/4890675

まぐろを使った丼の定番ともいえる漬け丼を作るなら、あっさりとした赤身を使うのがおすすめです。一つ一つの工程を丁寧に行うことで、味わいが非常によくなります。

マグロの漬け丼 by コビープリスクール 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

③ネギマ鍋

出典:https://cookpad.com/recipe/4565887

本マグロの大トロは脂が乗っているのが特徴ですが、中には乗りすぎていて刺身ではくどくなることがあります。こちらはそのような場合におすすめのレシピで、材料は3つだけとシンプルですが、マグロの味わいをしっかり楽しめます。

めんつゆで簡単!ねぎま鍋 by Iidaco 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

④アヒージョ

出典:https://cookpad.com/recipe/5666940

こちらは本マグロのアラも美味しく調理できる一品です。見た目もおしゃれなうえに、洋風の食事やお酒とも合うので、マグロを洋風に調理したいシーンにおすすめです。

本マグロのアラのアヒージョ by ■GAITO 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

⑤トマト煮

出典:https://cookpad.com/recipe/5837609

マグロのアラは値段も安く、200円程度で大量に購入できることがあります。こちらのトマト煮はオーブンでかまを焼くため少し手間と時間がかかりますが、贅沢な料理に仕上がるのでぜひ試してみてください。

マグロのトマト煮 by あ~ちゃん家の食卓 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

➅ユッケ

出典:https://cookpad.com/recipe/5535208

ユッケを作る場合は前もって半冷凍にしておくと、手の温度で脂が溶け出さず美味しくいただけます。好みで山椒をふって食べるのもおすすめです。

女漁師のなめろう風マグロユッケとお刺身 by ナランチャ’s台所 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

本マグロの部位別の通販商品

本マグロは、スーパーで販売されることは少ないですが、インターネット通販で手に入れることができます。ここではおすすめの通販商品を部位ごとに紹介するので、本マグロを食べたい場合の参考にしてください。

①赤身(1630円)


*購入サイト|楽天市場*
ミナミマグロ 赤身 切り落とし 300g

マグロの赤身というとあっさりとした印象がありますが、こちらのマグロは赤身にも関わらず、もっちりと濃厚な味わいです。自宅用にするのも良いですが、贈り物にも好評です。

②中トロ(2500円)


*購入サイト|楽天市場*
本まぐろ 中トロ 200g 正規品

こちらは築地に店を構える業者が販売している中トロで、200g単位で販売されており、おおよそ3人分程度です。本マグロ以外のマグロの取り扱いもあるため、一緒に摂り寄せて食べ比べするのも良いでしょう。

③大トロ(12800円)


*購入サイト|楽天市場*
大間産 本マグロ 大トロ (冷凍)200g以上 天然物 極上品

天然ものの大間産マグロが食べたいならこちらがおすすめです。約150gで1万円以上と高価で普段はなかなか手が出ないものですが、お祝い事などの特別な日の食事に購入してみるのも良いでしょう。

本マグロを食べてみよう

本マグロは年末年始に非常に高額で取引されることの多い魚ですが、自宅で食べることも可能です。マグロは中トロや大トロ・赤身だけでなく、中落ちやかまなど無駄なく食べられます。特に中落ちやアラ・かまなどは安価で手に入ることもあるので、さまざまな部分を調理して楽しんでみましょう。

関連する記事

×