ピーマンが赤くなる原因は?完熟・腐敗どっち?変色するまで栽培するメリットも解説!

ピーマンが赤くなる原因を知っていますか?今回は、赤く変色したピーマンのメリット・デメリットに加えて、活用レシピのおすすめ紹介します。赤くなったピーマンの選び方や保存方法・期間の他に、腐った場合の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ピーマンが赤くなった…大丈夫?
  2. ピーマンが赤くなる原因は?腐ってる?
  3. ピーマンが赤く変色するのは完熟の証拠
  4. ピーマンが腐った場合の見分け方
  5. ちなみに赤ピーマンとパプリカは別物
  6. ピーマンを赤くなるまで育てるメリットは?
  7. ①甘みが増す
  8. ②栄養価が高くなる
  9. ただし腐りやすくなるデメリットもある
  10. 赤くなったピーマンの活用レシピのおすすめ
  11. ①赤ピーマンとアーモンドのマリネ
  12. ②赤ピーマンのサラダ
  13. ③赤ピーマンのくったり煮
  14. ④赤ピーマンと牛肉の炒めもの
  15. 赤くなったピーマンを食べてみよう
赤ピーマンのさわやかサラダ | 有元葉子さんのレシピ【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ

③赤ピーマンのくったり煮

出典:https://www.okireci.net/recipe/8285/

赤ピーマンが大量に手に入ったら煮込んで食べるのがおすすめです。冷やして食べても美味しいため、作り置きにするのも良い方法です。緑のピーマンでも作れるので、一緒に煮ても美味しくできます。

赤ピーマンのくったり煮 - 沖縄料理レシピなら おきレシ

④赤ピーマンと牛肉の炒めもの

出典:https://ja-kochi.or.jp/food/recipes/4724/

赤ピーマンと牛肉の炒めものは緑のピーマンとは違った味わいになります。焼き肉のたれを使って牛肉と炒めるシンプルながら栄養満点のレシピです。味付けはエスニック風やカレー粉を使用しても美味しくできるので、他の料理に合わせて変えてみてください。

赤ピーマンと牛肉の炒めもの - 【公式】JA高知県

赤くなったピーマンを食べてみよう

家庭菜園の中でも作りやすいピーマンは緑色になるとすぐに収穫しがちです。赤ピーマンにすることで、甘みが増し食べやすく、効率的に栄養が摂れるため気温の変化が激しい季節には積極的に食べたいものです。さまざまな料理に挑戦してみてください。

関連する記事