のらぼう菜とは?菜の花と違いある?栽培方法や栄養価〜食べ方・レシピのおすすめまで紹介!

【野菜ソムリエ監修】「のらぼう菜」を知っていますか?「菜の花」と違いはあるのでしょうか?今回は、「のらぼう菜」の〈栽培方法・名前の由来・栄養〉などの特徴や、正しい保存法も紹介します。「のらぼう菜」の食べ方・レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |野菜ソムリエ 福光佳奈子
HP Instagram Twitter Facebook
野菜ソムリエプロ・睡眠コンサルタント・お酒&家飲みグッズの店『イエノミライフ』主宰/札幌市生まれ。食から睡眠まで、...
HP Instagram Twitter Facebook
野菜ソムリエプロ・睡眠コンサルタント・お酒&家飲みグッズの店『イエノミライフ』主宰/札幌市生まれ。食から睡眠まで、おうち時間を充実させるメソッドを様々なカタチで提案している。著書『体にうれしい果実酒・野菜酒・薬用酒200』(秀和システム)は、台湾など世界5か国で翻訳版も出版している。

目次

  1. 「のらぼう菜」とは?菜の花と違いある?
  2. 「のらぼう菜」は「菜の花」によく似た野菜
  3. 「のらぼう菜」の旬・主産地
  4. 「のらぼう菜」の名前の由来
  5. 「のらぼう菜」の味わい・風味
  6. のらぼう菜の栽培法・育て方は?
  7. ①種まき
  8. ②育て方
  9. ③収穫時期
  10. のらぼう菜の栄養成分・効能は?
  11. ①β-カロテン
  12. ②ビタミンC
  13. ③葉酸
  14. のらぼう菜の保存方法・期間は?
  15. のらぼう菜をそのまま保存する方法
  16. のらぼう菜を冷凍保存する方法
  17. のらぼう菜の食べ方・レシピ
  18. ①のらぼう菜のペペロンチーノ
  19. ②のらぼう菜の漬物
  20. ③のらぼう菜のドレッシングサラダ
  21. ④のらぼう菜のおひたし
  22. ⑤のらぼう菜のエビ入りかき揚げ
  23. のらぼう菜を食べてみよう

のらぼう菜をそのまま保存する手順は、以下のとおりです。

①湿らせた新聞紙などに包む
②さらにポリ袋に入れる
③立てた状態で、野菜室で保存する


のらぼう菜は常温保存には向かないため、冷蔵庫で保存しましょう。のらぼう菜に限らず植物は、横に寝かせてしまうと起き上がろうとして上に伸びる性質があるため、曲がってしまいます。傷みやすくもなるので、縦にして保存しましょう。冷蔵保存で2~3日持ちます。

のらぼう菜を冷凍保存する方法

のらぼう菜を冷凍保存する手順は、以下のとおりです。

①1分ほど固めに茹でる
②食べやすい大きさにカットする
③ラップなどで小分けに包み、冷凍する


より長く保存したい場合は、冷凍保存がおすすめです。のらぼう菜はアクが少ないため、サッと湯通しする程度でよいでしょう。冷凍では2~3週間保存可能です。

のらぼう菜の食べ方・レシピ

苦味が少なく、甘さもあるのらぼう菜は子供でも食べやすい野菜と言えるでしょう。ここでは、のらぼう菜をおいしく食べるためのレシピについて紹介します。

①のらぼう菜のペペロンチーノ

出典:https://cookpad.com/recipe/2587014

のらぼう菜を使ったペペロンチーノのレシピです。にんにくの風味と、のらぼう菜のほのかな苦味がとてもよく合います。パスタを茹でる際に、のらぼう菜も一緒に茹でると時短になるでしょう。

のらぼう菜deペペロンチーノ by こま川めし 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが342万品

②のらぼう菜の漬物

出典:https://cookpad.com/recipe/4474405

箸休めに最適なのらぼう菜の漬物です。こちらのレシピのように熱湯にさっと通すか、軽くゆがいてから漬け込んだほうが食べやすいでしょう。のらぼう菜は葉野菜なので、浅漬けもおすすめです。

のらぼう漬物 by クックWN2ENK☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが342万品

③のらぼう菜のドレッシングサラダ

出典:https://cookpad.com/recipe/4471732

こちらは、のらぼう菜をサラダにアレンジしたレシピですが、ハムや卵入りで子供でも食べてくれそうです。ドレッシングにはマヨネーズとヨーグルトを使用しているので、マヨネーズだけよりもさっぱりとヘルシーに食べられます。

のらぼう菜と卵のサラダ by liarra 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが342万品

④のらぼう菜のおひたし

出典:https://cookpad.com/recipe/6168529

シンプルなお浸しもおすすめです。醤油・麺つゆ・ポン酢などお好みの調味料で楽しめますが、こちらのレシピのようにしらすやかつおぶし、胡麻などを乗せてもおいしいでしょう。のらぼう菜の食感を残すため、茹ですぎないことがおいしさのポイントです。

関連する記事

×