羅漢果(ラカンカ)とは?副作用・危険はない?効能や食べ方なども紹介!

羅漢果という甘味料を知っていますか?カロリー・糖質面で優れ、砂糖の代用品として注目されています。今回は、羅漢果の食べ方・活用法や、〈糖尿病〉などへの効果・効能も紹介します。羅漢果の危険性・副作用はないかなど安全面についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 羅漢果(ラカンカ)とは?どんな甘味料?
  2. 羅漢果は中国原産の天然甘味料
  3. 羅漢果の最大の特徴はゼロカロリー&血糖値をあげない甘味料であること
  4. 羅漢果のエキスは砂糖の50倍の甘さを持つ
  5. 羅漢果の食べ方・活用例は?
  6. 羅漢果を使う際のポイント
  7. 羅漢果の活用例
  8. 羅漢果の効能は?
  9. ①糖尿病の予防・対策になる
  10. ②抗酸化作用があり生活習慣病予防になる
  11. ③抗炎症作用によりアレルギー反応を抑えられる
  12. ④腸内環境を整えて便通がよくなる
  13. ⑤歯を健康に保ち虫歯を予防する
  14. ⑥咳止めに効果がある
  15. 羅漢果の安全性は?危険・副作用の恐れはない?
  16. 適量であれば羅漢果の直接的な副作用・危険はないとされる
  17. 羅漢果の甘さに慣れて他の甘味料を取り過ぎてしまう危険性はある
  18. 羅漢果の安全に活用したレシピ
  19. ①羅漢果プリン
  20. ②羅漢果を使った黒煮豆
  21. ③羅漢果入り食パン
  22. 羅漢果を使う場合は取り過ぎに注意

羅漢果(ラカンカ)とは?どんな甘味料?

羅漢果とはあまり聞きなれない言葉ですが、どのような植物なのかを知っている人は少ないかもしれません。今回は羅漢果という植物がどういったもので、どのように使われているのかについて紹介します。

羅漢果は中国原産の天然甘味料

羅漢果は独特の強い甘味がある植物性の天然甘味料で、中国の広西壮族自治区の桂林が原産です。羅漢果はウリ科の多年草植物で、直径5cm前後のボール状の形が特徴的です。

また羅漢果は中国の国家保護植物に指定されている植物なので、生の羅漢果は国外へ持ち出しができず中国国外に出る場合はいずれかの加工をされています。そのため日本国内で販売されている羅漢果は、乾燥している羅漢果かもしくはエキスになっています。

羅漢果の最大の特徴はゼロカロリー&血糖値をあげない甘味料であること

羅漢果は甘味が特徴的な植物ですが、砂糖とは違って羅漢果の甘味成分は摂取しても体内で吸収されずに排出されるので、羅漢果は体内でエネルギー源となりません。そのため羅漢果のカロリーはゼロカロリーで血糖値も上げないので、糖尿病の食事療法や、また肥満による生活習慣病の予防のためにさまざまな食品で砂糖の代替甘味料として使われています。

羅漢果のエキスは砂糖の50倍の甘さを持つ

前述した通り、中国国内では生の羅漢果が手に入りますが、日本国内で手に入る羅漢果は乾燥したものかエキスになったものが出回っています。そのエキスは羅漢果を煮出して作ったものなので砂糖の約50倍もの甘さを持っています。

また近年、砂糖の300倍もの甘味を持つ羅漢果の濃縮エキスも発売されるようになり注目を集めていますが、価格が高価なので普段使いには使いにくいと感じる人も多いようです。

羅漢果の食べ方・活用例は?

中国原産の羅漢果は甘味料としてはどのような食べ方があり、またどのような活用法があるのでしょうか。次は羅漢果を使うときのポイントや活用例について紹介します。

羅漢果を使う際のポイント

羅漢果の甘味は砂糖の甘味とは違って独特でクセのある味なので、羅漢果を100%使用した濃縮エキスなどは、食品に加えると想像していた通りの味にならないこともあります。コーヒーなど飲み物だけではなく料理に加えるときも、その都度希釈して味見をしながら調整することがポイントです。

羅漢果の活用例

カロリーゼロの羅漢果の活用例は以下の通りです。

・コーヒーや紅茶の砂糖代わりに入れて飲む
・プレーンヨーグルトや酸味のある果物に振りかけて食べる
・朝食のパンに振りかけて甘味を足して食べる
・煮込み料理などさまざまな料理の甘味つけや隠し味に使う
・肉や魚の臭み取りなどの下処理に使う
・漬物や和え物、酢の物の隠し味に使う
・羅漢果をぬるま湯に溶き羅漢果ジュースを作る
・ぜんざいやお汁粉の甘味料として使う


砂糖を使う代わりに羅漢果を使うことで少量でも甘味がしっかり出るので、料理が楽になると感じる人もいるかもしれません。またダイエット中でカロリーは押さえたいが、甘味も欲しいというときには羅漢果を使用しましょう。羅漢果は糖質を含んでいますが体内に吸収されないのでダイエットにはおすすめの食材です。

羅漢果の効能は?

出典:https://www.lakanto.jp/lakanka/

糖質はあるもののゼロカロリーで血糖値が上がりにくい羅漢果には、他にどのような嬉しい効能があるのでしょうか。次はゼロカロリーの羅漢果を摂取することによって期待できる体への効能について紹介します。

①糖尿病の予防・対策になる

糖質を含む食材であるのは砂糖と同じですが、砂糖とは違って羅漢果の甘味成分は体内でエネルギーとして使われることがないため、血糖値の上昇がありません。実際には羅漢果は糖質を含んだ甘味料ではあるものの、そういった理由から糖尿病にならないための予防・対策にもなり、糖尿病食にも多く使用されています。

②抗酸化作用があり生活習慣病予防になる

羅漢果には優れた抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去する働きによって生活習慣病を予防する効能が期待できます。また羅漢果の甘味成分にある抗酸化作用によって脳内の活性酸素を除去する効能も認められています。脳細胞の委縮によって起こるボケの防止や脳梗塞・脳血栓の予防など脳機能障害等の予防に効果的です。

③抗炎症作用によりアレルギー反応を抑えられる

羅漢果エキスの甘味成分を投与することによって、炎症作用を引き起こすヒスタミンの放出を抑える効果が認められており、その効果によって抗炎症作用が期待できるとされています。

また同じく、ヒスタミンの放出によって起こるアレルギー反応にも効果があると言われいます。このことから羅漢果を摂取することによって花粉症や鼻づまり、皮膚のかゆみ等を緩和できる効能が期待できるでしょう。

④腸内環境を整えて便通がよくなる

羅漢果エキスの甘味成分には腸内の善玉菌を増やす効果があると言われており、腸内に善玉菌が増えることで腸内環境を整える効能が期待できます。また羅漢果は食物繊維が豊富なので整腸作用に優れていて、便秘の改善に効果的です。便通がよくなることでダイエット効果も上がるので、ダイエットによって腸内環境が乱れている人にはおすすめの食材です。

⑤歯を健康に保ち虫歯を予防する

羅漢果は砂糖の50倍~300倍の甘味がありますが、虫歯菌であるミュータンス菌の成長を抑えることができるという研究結果も発表されています。そのため砂糖の代替えとして使うことによって虫歯になるのを予防する効能が期待できます。

⑥咳止めに効果がある

羅漢果の原産国である中国では、昔から羅漢果は咳止めやのどの炎症を鎮める生薬として利用されていました。羅漢果が持つ抗酸化作用によって、活性酸素を消去・抑制しのどの炎症を含む症状に効果的であると言われています。市販ののど飴などの甘味料に羅漢果が使用されているのも、羅漢果による咳止め効果があるためです。

羅漢果の安全性は?危険・副作用の恐れはない?

出典:https://www.binchoutan.com/rakanka.html

抗酸化作用によって活性酸素を抑制する効能がある羅漢果ですが、摂取しても危険性や副作用はないのでしょうか。次は抗酸化作用が強い羅漢果の安全性や危険・副作用について解説します。

適量であれば羅漢果の直接的な副作用・危険はないとされる

羅漢果の抗酸化力によって活性酸素が除去できる嬉しい効能があるものの、体質によっては体温が急激に上昇したり、血圧が上がったりといったアレルギー症状がみられることが稀にあります。このような症状が現れた場合は、すぐに摂取を中止して様子をみるようにしましょう。

ただし羅漢果は天然の食品なので適量の摂取量であれば、基本的にはあまり心配する必要はないとされています。

羅漢果の甘さに慣れて他の甘味料を取り過ぎてしまう危険性はある

前述した通り、羅漢果には砂糖の50倍~300倍ほどの甘味があるので、この甘味に慣れてしまうと砂糖を使用した他の食品の甘味では物足りなくなる可能性があります。欲求を満たすための過食を引き起こさないように気を付けることが大切です。

羅漢果の安全に活用したレシピ

糖質は含むもののゼロカロリーで優れた抗酸化作用を持つ羅漢果を、安全に活用する方法はどういったものがあるのでしょうか。次は羅漢果の安全に活用したレシピを紹介します。

①羅漢果プリン

出典:https://cookpad.com/recipe/2665541

羅漢果の顆粒タイプを使用した、羅漢果プリンのレシピです。糖質は含むものの、砂糖を使用するよりもカロリーが抑えられ、活性酸素を除去できるのでダイエット中のデザートにはおすすめの一品です。顆粒タイプなので使用料を調整しやすいのもポイントといえるでしょう。

ラカンカ(羅漢果)プリン by Pinkguava 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが346万品

②羅漢果を使った黒煮豆

出典:https://cookingschool.jp/recipe/32504

圧力鍋を使って短時間で仕上げる黒煮豆のレシピは、黒豆の栄養効果と羅漢果の活性酸素除去の効果が期待できる栄養メニューです。煮汁は黒豆の風味が溶け出しているので羅漢果独特のクセはあまり感じず、黒蜜のようなコクのある風味で美味しくいただけます。

羅漢果を使った黒豆煮のレシピ、作り方(あゆこ) | 料理教室検索サイト「クスパ」

③羅漢果入り食パン

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1160014862/

ホームベーカリを使用するので簡単に焼きあがる、羅漢果を使った食パンのレシピです。通常の砂糖を使う食パンよりもカロリーや糖質を抑えられるので、ダイエット中の食事におすすめのメニューです。多めに作って冷凍しておくといつでも食べられるので便利でしょう。

HBで♡羅漢果入り食パン レシピ・作り方 by やなママ☆|楽天レシピ

羅漢果を使う場合は取り過ぎに注意

中国では古くから使われてきた羅漢果は糖質は含みますがゼロカロリーで、活性酸素を除去する抗酸化作用に優れた食材です。お菓子などに使うと色が薄い茶色に色づきますが、砂糖と違ってゼロカロリーなのでダイエット中の人や、糖尿病が気になる人にはおすすめの甘味料です。ただし甘味がかなり強いので羅漢果を使う場合は取り過ぎに注意しましょう。

関連する記事