野菜炒めは炒める順番が大事!野菜より肉を先に入れる理由や絶品レシピも紹介!

野菜炒めを美味しく作るための炒める順番を知っていますか?今回は、<ピーマン・なす・もやし>など野菜を炒める順番や、<鶏肉・ウインナー>などお肉を先に入れる理由などを紹介します。野菜炒めをより美味しくする方法やおすすめレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 野菜炒めを作りたい…炒める順番の正解はある?
  2. 野菜炒めを美味しく作る!炒める順番は?
  3. ①香味野菜を炒める
  4. ②肉を炒めて一度取り出す
  5. ③火が通りにくい野菜を炒める
  6. ④火が通りやすい野菜を炒める
  7. ⑤炒めた肉を入れる
  8. ⑥お好みで卵を入れる
  9. ⑦最後に味付けをする
  10. 肉野菜炒めでお肉を先に炒める理由とは?
  11. ①よく火を通すため
  12. ②柔らかさを残すため
  13. ③野菜にお肉の風味を移すため
  14. 野菜炒めをより美味しくするには?
  15. ①野菜を下茹でする
  16. ②弱火でじっくり炒める
  17. ③肉を入れる場合は下味をつける
  18. 野菜炒めのおすすめレシピ3選!
  19. ①キャベツたっぷり野菜炒め
  20. ②彩り野菜の醤油バター炒め
  21. ③野菜炒め
  22. 野菜炒めを美味しく作ろう

野菜炒めを作りたい…炒める順番の正解はある?

残った野菜の整理や手軽に食事を済ませたい時に簡単に作れる野菜炒めですが、全体的に水っぽくなったり肉がぱさつくこともあります。いくら手軽なレシピとはいえ、食べるならより美味しく食べたいものです。食材を炒める順番にはコツはないでしょうか。今回は野菜炒めを作る上で炒める順番について紹介していきます。

野菜炒めを美味しく作る!炒める順番は?

まずは炒める順番を具体的にみていきましょう。簡単と思える野菜炒めですが、それだけに奥が深くお店で食べたものを真似しようとしてもうまくできないことも多くあります。炒める順番を覚えておけばよりおいしい野菜炒めが作れるので参考にしてみてください。

①香味野菜を炒める

野菜炒めに香りをつけるために、まずはニンニクや鷹の爪などの香りの強いものを入れていきます。香味野菜を入れることで食欲をそそり、野菜をたっぷり摂りやすくなるのもメリットです。

強火にするとニンニクが焦げやすいので、弱火にしてフライパンがまだ熱くないタイミングで入れるのがポイントです。油に香りが付いたらすぐに取り出しても構いません。鷹の爪も長く炒めると焦げるので、やはり取り出すのが良いでしょう。

②肉を炒めて一度取り出す

香味野菜を入れた後は肉を入れて、火がしっかり通ったら一度取り出しておきます。後述しますが、肉を先に炒めて取り出すことで、肉が固くならず柔らかく仕上がるほか、食中毒の予防にもつながります。肉の種類は特に決まりはなく、鶏肉、豚肉、牛肉、ウィンナーなど何でも構いません。

③火が通りにくい野菜を炒める

次は火が通りにくく、比較的大きいサイズの状態で食べるものを入れていきます。いくつか例を挙げてみます。

・ナス
・玉ねぎ
・人参
・ゴボウ
・レンコン
・キャベツや白菜の芯の部分


キャベツの芯の部分は、柔らかい葉の部分よりも細かく切り、先に入れることで生焼けになって歯触りが悪くなることが防げます。また、人参も千切りに切るなら問題ありませんが、大きめに切るなら先に入れて炒めておきましょう。また、きのこを入れるなら火が通りにくい野菜に火が通った直後に投入し、水分が出過ぎないよう2分程度で手早く炒めます。

④火が通りやすい野菜を炒める

火の通りにくい野菜がある程度しんなりしてきたら、火の通りやすい野菜を入れていきます。以下のような物が挙げられるので参考にしてください。

・ピーマン
・もやし
・キャベツや白菜の葉の部分
・ズッキーニ
・ホウレン草などの葉物野菜


これらの野菜は比較的火が通りやすく、小さく縮むのでたくさん作る場合はたっぷり使ってみましょう。ただし、火が通りやすいからと大きく切ればそれだけ時間がかかるので小さく大きさをそろえて切るのがポイントです。

⑤炒めた肉を入れる

ここで先に炒めておいた肉をフライパンに戻します。このようすることで再び肉に火が通るので、肉だけが冷たいなどの問題が起きなくなります。火の通りやすい野菜がすでに入っていることも考えて、ここでは混ぜる程度にとどめ素早く行うようにしましょう。

⑥お好みで卵を入れる

卵を入れるなら味付けの直前で投入します。最初の方で入れると卵が固くなりぼそぼそとした食感となるため、ふんわりとした食感になるようにこのタイミングで入れましょう。

⑦最後に味付けをする

最後に塩などで味をつけて完成になります。塩の浸透圧で水分が出てくるので、野菜炒めをしゃきっとした食感にするにはこのタイミングで手早く味付けを行うようにしましょう。これで野菜炒めは完成となります。

肉野菜炒めでお肉を先に炒める理由とは?

上記のことから、野菜炒めを作るときに炒める順番は野菜より肉の方が先であることがわかりました。しかし、野菜炒めに使われる肉は薄いので比較的火の通りも早く、野菜より後で良い印象を持つ人も多いかもしれません。肉を先に炒めるのは、どのような理由からでしょうか。

①よく火を通すため

肉に一度火を通すことで、中心部までしっかり温度が上がり食中毒の予防ができます。フライパンに野菜を入れた段階でフライパンの温度は下がっている可能性があり、後から入れた場合では生焼けになりやすくなります。特に豚肉や大きめに切った鶏肉は、しっかり火を通しておきましょう。

②柔らかさを残すため

肉にしっかり火を通すことは大切ですが、あまり長時間火を通していては固くなり味や食感も悪くなるでしょう。そのため野菜を入れる前に、肉をいったん取り出すことで必要以上に火を通すことなく柔らかいまま食べられます。

また、野菜を入れるときに肉がフライパンに入っているままだと全体に火が回らず、余計な水分が出てくるため肉にも水分が染みこむなど、全体的に水っぽい野菜炒めになります。全体を通して肉を入れたまま野菜を入れるのはメリットがないので、肉は取り出してから野菜を炒めましょう。

③野菜にお肉の風味を移すため

野菜炒めは肉を加熱し終えたら、フライパンを洗わずに野菜を炒め始めます。これは肉から出た脂を野菜につけることで野菜に肉の風味を移すためです。このようにすることで野菜と肉がお互いのおいしさを際立たせ、複雑な味わいになっていきます。

野菜炒めをより美味しくするには?

お店で食べる野菜炒めに近づけるために、よりおいしくするにはどのようなコツがあるでしょうか。炒める順番以外にもさまざまなコツがあるので紹介します。普段の野菜炒めの味をよくしたい場合や、野菜炒めにこだわるならぜひ参考にして作ってみてください。

①野菜を下茹でする

シャキっとした食感の良い野菜炒めを作りたいなら、一度野菜を下茹でする方法があります。お店では野菜を強火で熱した油で素揚げして作ることもあり、野菜の余分な水分を飛ばし、炒める時間を大きく短縮できるので美味しく出来上がります。

一般家庭でこれらをやるのは手間がかかりますが、下茹でならそれほど手間もかからず仕上がりの彩も良くなるのでぜひやってみてください。下茹での時間は火の通りにくい野菜は約2分程度、火の通りやすい野菜は20秒程度で構いません。

②弱火でじっくり炒める

野菜炒めは強火で炒めるイメージを持つ人が多いかもしれませんが、歯ざわりよく仕上げるには弱火でじっくり炒めましょう。野菜の細胞同士を繋げているペクチンと呼ばれる成分が壊れると水っぽい野菜炒めになってしまいます。

ペクチンを壊さないためには、野菜に含まれる組織を固くする酵素を活性化することが重要です。最も酵素の作用が期待できる40~60℃の低温帯が維持できる弱火で炒めると、ペクチンが酵素に保護され野菜に含まれる水分の流出を防ぐことができます。

中華料理店は、家庭の約10倍の火力で水分が出る前に短時間で仕上げるため、強火でもシャキシャキの美味しい野菜炒めとなるようです。また、自宅で使用することが多いフッ素加工が施されているフライパンの場合、強火だと塗装がはがれフライパンが傷みやすくなることからも、弱火で炒めた方が良いでしょう。

③肉を入れる場合は下味をつける

野菜炒めの肉はそのまま炒めても問題ありませんが、よりおいしく作るなら炒める前に下味をつけておきましょう。味付けにもよるものの、基本は塩コショウを振ってからある程度混ぜ込んでおくと最後の味付けで必要以上に火を通す必要がなくなります。

また、鶏胸肉や豚肉ならこの段階で片栗粉をなじませておくと、柔らかく仕上がり野菜炒め全体につやが出てより美味しそうに見えます。

野菜炒めのおすすめレシピ3選!

野菜炒めのおすすめレシピをいくつか紹介します。野菜炒めは各家庭によって味付けの仕方や作り方、こだわりの野菜などがあります。気に入ったレシピや冷蔵庫に作れそうな材料が揃っていたら、ぜひ実際に作ってみて自分の家の定番レシピにしていくのも良いでしょう。

①キャベツたっぷり野菜炒め

出典:https://cookpad.com/recipe/6590633

キャベツがたっぷり入った野菜炒めで、ひき肉が使われています。しょうがの香りがよく、食欲がそそられます。鶏がらスープの素で味付けするので、簡単に美味しく仕上がるでしょう。

キャベツたっぷり野菜炒め♪ by いくおっちゃん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが346万品

②彩り野菜の醤油バター炒め

出典:https://cookpad.com/recipe/6635583

子供に人気のある醤油バターの香りが良く、使う食材もアスパラやパプリカなどの彩りも良い野菜炒めです。小鉢などに盛ってもおしゃれ見えるので、パーティやおもてなし料理にもおすすめです。

【簡単★副菜】彩り野菜の醤油バター炒め by ✵Roseカフェ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが346万品

③野菜炒め

出典:https://cookpad.com/recipe/6625737

ジャガイモを加えることで食べごたえがあり、子供も箸を伸ばしやすくなります。使う食材を一度素揚げすることで全体的に火が通り、おいしい野菜炒めが出来上がります。

野菜炒め by 桃源郷中国食堂 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが346万品

野菜炒めを美味しく作ろう

自宅にある野菜や肉を強火で簡単に炒めて作りがちな野菜炒めですが、味付けや炒める順番、火力など少しの工夫をすることでワンランク上の味わいや食感に仕上がります。肉を取り出したり下茹でなど少し手間がかかるものの、敬遠せずにぜひ試してみてください。

関連する記事