ポカリスエットとアクエリアスの違いを比較!熱中症・風邪はどっちを飲むべきかも解説!

「ポカリスエット」と「アクエリアス」の違いを知っていますか?今回は、「ポカリスエット」と「 アクエリアス」を〈成分・カロリー・糖分・値段〉など特徴の違いを比較して紹介します。〈熱中症・風邪・下痢・運動中〉など場合別にどっちを飲むのがいいのかも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 「ポカリスエット」と「アクエリアス」って何が違うの?
  2. 「ポカリスエット」と「 アクエリアス」の違いを比較!
  3. ①成分・原材料
  4. ②カロリー・糖分
  5. ③値段・売上
  6. ④味わい
  7. 「ポカリスエット」と「 アクエリアス」はどっちがいい?場合別の飲み分け方は?
  8. ①下痢・風邪や熱中症の時
  9. ②運動前後
  10. ③運動後
  11. 「ポカリスエット」と「 アクエリアス」を飲み分けよう!

「ポカリスエット」と「アクエリアス」って何が違うの?

スポーツをしているときや、夏の水分補給によく使われるスポーツドリンクの代表といえば、「ポカリスエット」あるいは「アクエリアス」を思い浮かべる人も多いでしょう。混同されやすい二つのスポーツドリンクですが、いったい何が違うのか、それぞれの違いや特徴を紹介します。

「ポカリスエット」と「 アクエリアス」の違いを比較!

ここからは人気の高いスポーツドリンクである、ポカリスエットとアクエリアスの違いについて、その成分や値段などを比較して紹介します。違いを理解して、上手に使い分けましょう。

①成分・原材料

ポカリスエット アクエリアス
糖質(炭水化物) 6.7g 4.7g
ナトリウム 49mg 34mg
カリウム 20mg 8mg
カルシウム 2mg 0.8mg
マグネシウム 0.6mg 1.2mg

上記はポカリスエットとアクエリアスの成分量を比較したものですが、ポカリスエットとアクエリアスに含まれる代表的な原材料は以下の通りです。

【ポカリスエット】
・砂糖
・ブドウ糖果糖液糖
・果汁
・食塩
・酸味料
・ビタミンC
・塩化K
・乳酸Ca
・アミノ酸
・塩化Mg
・香料


【アクエリアス】
・果糖ブドウ糖液糖
・塩化Na
・クエン酸
・香料
・クエン酸Na
・アルギニン
・塩化K
・硫酸Mg
・乳酸Ca
・ビタミンC
・甘味料
・イソロイシン
・リン
・ロイシン


よく似ているように思われる二つのスポーツドリンクですが、詳しく見てみると含まれている原材料や成分にも違いがみられます。ポカリスエットには砂糖や食塩が含まれ、糖質もアクエリアスより多く、エネルギー源の補給ができるのが特徴です。

また、ポカリスエットのほうがカリウムやナトリウム、カルシウムなどのミネラル分も多く、人間の体液に近いので水分補給に向いています。一方、アクエリアスはクエン酸などの疲労回復に良い成分が含まれているところが優れた点です。

カリウムやナトリウムなどのミネラル分は汗などにより消失しますが、補給せずにいると頭痛や吐き気などの熱中症の症状が起こります。経口補水液でもカリウムやナトリウムなどのミネラル分は補えますが、二つのドリンクには糖分もあるためミネラルだけでなくエネルギー補給にもなるのがメリットです。

②カロリー・糖分

ポカリスエット アクエリアス
カロリー 27kcal 19kcal
糖分 6.2g 4.7g

※100mlあたりの数値です

上記は、ポカリスエットとアクエリアスのカロリーや糖質量を100mlあたりで比較したものです。500mlのペットボトルに換算するとポカリスエットは135kcal、アクエリアスは95kcalとなり、アクエリアスのほうが低カロリーです。

糖質に関してもポカリスエットのほうがたくさん含まれていて、500mlのペットボトルには31gの糖質が含まれています。一方のアクエリアスは23.5gなので、糖質制限をしている人やカロリーを抑えたい人はアクエリアスを飲むほうが良いでしょう。ただし、カロリーの差はわずかなので、それ以外の成分や飲む状況も踏まえて飲み分けるのがおすすめです。

③値段・売上

ポカリスエットとアクエリアスの値段や売上は以下の通りです。

【値段】
・ポカリスエット(500ml):税込み151円
・アクエリアス(500ml):税込み147円


【売上】
・ポカリスエット:100万人あたり約66万円
・アクエリアス:100万人あたり約72万円

ポカリスエットやアクエリアスの1本当たりの値段は、若干アクエリアスの方が安い価格となっています。ただしスポーツドリンクは幅広い店舗で販売されており、いずれの商品も店舗によっては上記よりも安価な価格で販売されているケースも多いようです。また、ケース単位で購入した場合にもより安価に手に入れられる場合が多いでしょう。

500mlのペットボトルについて2017年5~7月ごろのスーパーでの100万人あたりの売上を比較すると、ポカリスエットは65.9万円でアクエリアスは71.8万円です。アクエリアスのほうが単価が安い影響か、スーパーでは人気があり売り上げも好調のようです。

④味わい

ポカリスエットとアクエリアスの味を比較してみると、ポカリスエットのほうは糖分も多いため、やや甘みを感じる味わいです。一方のアクエリアスはクエン酸も含まれているためか、比較的さっぱりした味わいで、すっきりした飲みくちになります。

アクエリアスは暑いときにのど越しよく飲めますが、あっさりしすぎていると感じる場合には、飲みごたえと濃いめの甘みがあるポカリスエットのほうが向いています。

「ポカリスエット」と「 アクエリアス」はどっちがいい?場合別の飲み分け方は?

出典:https://twitter.com/MrCafeoren/status/1299544118373228545?s=20

よく似たイメージのあるポカリスエットとアクエリアスですが、それぞれどのような状況で飲むのが良いのかを見てみましょう。風邪や下痢、熱中症のほか運動する場合など、状況別に向いている、よりおすすめのスポーツドリンクを紹介します。

関連する記事