電子レンジで生卵が爆発する原因と防止策は?ゆで卵・目玉焼きの安全な作り方を解説!

生卵を電子レンジで普通に加熱すると爆発すると知っていますか?今回は、生卵が電子レンジで爆発する理由や、爆発させずに〈目玉焼き・ゆで卵〉を作る方法を紹介します。生卵をレンジで温める際の注意点も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 生卵に電子レンジはご法度?爆発するの?
  2. 生卵が電子レンジで爆発する理由
  3. 卵の殻の有無は爆発と関係ない
  4. 溶き卵をレンジで加熱しても爆発の心配はない
  5. 生卵を電子レンジで爆発させない方法【目玉焼き】
  6. ①黄身の卵黄膜に穴を指す
  7. ②電子レンジの解凍モードで様子を見つつ加熱する
  8. 生卵を電子レンジで爆発させない方法【ゆで卵】
  9. 生卵を電子レンジで温める際の注意点は?
  10. 電子レンジ内で爆発しなくても爆発する可能性がある
  11. 生卵を電子レンジで温める際は要注意

生卵に電子レンジはご法度?爆発するの?

卵を調理する際は、フライパンや鍋などを使うことが一般的です。生卵は、電子レンジで加熱すると爆発するので危ないと聞いたことがある人は多いでしょう。ここでは、生卵を電子レンジで加熱するとなぜ爆発してしまうのか紹介します。

生卵が電子レンジで爆発する理由

生卵を電子レンジで加熱すると、卵の黄身が電子レンジの圧力に耐えられなくなり、卵黄を覆っている卵黄膜が破裂するため爆発が起こります。卵が爆発してしまうと、動画のように電子レンジの扉が開く程の大きな爆発になる可能性があるため注意が必要です。卵がバラバラになって飛び散ってしまうので、掃除をするのも大変になります。

また、加熱された卵は熱いので飛び散った卵で火傷する可能性も考えられます。危険を伴うので、電子レンジで生卵をそのまま加熱するのはやめましょう。

卵の殻の有無は爆発と関係ない

殻があれば爆発しないのではと考える人もいるかもしれませんが、電子レンジでの加熱で生卵が爆発してしまうのに殻の有無は関係ありません。これは、爆発の原因が卵の殻の有無ではなく黄身にある卵黄膜にあるからです。

殻があったとしても爆発の威力によって殻は割れてしまうので、電子レンジでは殻付きの生卵を決して加熱しないようにしましょう。

溶き卵をレンジで加熱しても爆発の心配はない

一方、溶き卵の場合は電子レンジで加熱しても爆発の心配はありません。これは爆発の原因である卵黄膜が溶くことで崩れていることが理由です。溶き卵を電子レンジで加熱すると、スクランブルエッグや茶碗蒸しなどを作ることができます。火を使わずに簡単に調理することができるので、試してみてください。

溶き卵を使った電子レンジでの調理は洗い物を減らすこともできるので、忙しい人におすすめです。加熱時間を調節することで、ふんわりとした卵にもしっかり火の通った卵にもすることでができます。

(*溶き卵は電子レンジで加熱しても大丈夫かについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

溶き卵のレンジ調理は大丈夫?爆発する?温め方のコツや簡単レシピも紹介!

生卵を電子レンジで爆発させない方法【目玉焼き】

動画のように、一手間加えることで電子レンジでも爆発させずに目玉焼きを作る方法があります。ここでは、電子レンジでの目玉焼きの作り方を2つ紹介します。洗い物を少なくしたいときや、時短で作りたいときの参考にして見てください。

①黄身の卵黄膜に穴を指す

電子レンジで卵を爆発させずに目玉焼きを作る方法の一つは、卵の黄身の卵黄膜に穴を指す方法です。穴を開ける際は、爪楊枝やフォークを使うと小さい穴を開けることができるのでおすすめです。爪楊枝で穴を開ける場合は、一箇所だけでなく何箇所か開けるとより安全でしょう。卵黄膜に穴を開けることによって、水蒸気の逃げ道を作り爆発を防ぐことができます。

卵黄膜に穴を開けて目玉焼きを作る方法のデメリットは、卵黄膜に穴を指すことで黄身が垂れて見た目が悪くなる恐れがあることです。確実に綺麗な目玉焼きを作りたい人には、フライパンでの調理が向いているでしょう。

②電子レンジの解凍モードで様子を見つつ加熱する

卵黄膜に爪楊枝などで穴を開ける方法の他に、電子レンジの解凍モードで様子を見つつ加熱する方法があります。作り方は耐熱容器に卵を割り、電子レンジの解凍モードで加熱するだけです。解凍モードは弱い力で加熱をするため、爆発する前に火を通すことができます。解凍モードで加熱する際は、まずは1分程で様子を見て状況に応じて追加で加熱するようにしましょう。

なお、解凍モードでの加熱は耐熱容器や卵の状態によって、加熱時間が変わってきます。お皿から取り出すときは、卵が崩れやすいのでスプーンを使うと綺麗にとることができておすすめです。

生卵を電子レンジで爆発させない方法【ゆで卵】

ゆで卵を電子レンジで爆発させずに作る際に必要なものと手順は以下の通りです。

【材料】
・生卵
・アルミホイル
・耐熱容器
・水
・ラップ


【手順】
1、アルミホイルで生卵が見えなくなるように包む
2、卵を耐熱容器に入れる
3、耐熱容器に水を入れ卵が浸るようにする
4、軽くラップをし、500wで10〜13分加熱する
5、流水で殻を外し、完成


アルミホイルはマイクロ波を通さない性質を持っており、卵をアルミホイルで包むことで爆発を防ぐことができます。耐熱容器はマグカップなどの深いものを使用すると、卵を水で浸しやすくなるのでおすすめです。電子レンジでの加熱時間は、好みに合わせて調節すると良いでしょう。

500wで10〜13分加熱すると、固茹でのゆで卵を作ることができるので参考にしてみてください。鍋でゆで卵を作るときも、電子レンジでゆで卵を作るのと同じくらいの時間がかかります。電子レンジでゆで卵を作る方法は、火が使えないときやゆで卵を一つだけ作りたいときなどにおすすめです。

なお、殻を剥く際は動画のようにマグカップの中に卵を入れて振ると綺麗に剥くことができるので、試してみると良いでしょう。

生卵を電子レンジで温める際の注意点は?

生卵を電子レンジで温める際には、注意するべき点があります。ここでは、生卵を電子レンジで温める際の注意点を紹介します。

電子レンジ内で爆発しなくても爆発する可能性がある

紹介している動画のように、電子レンジ内で卵が爆発しなくてもその後に爆発する恐れがあります。食べたときに勢いよく爆発してしまうと、手や口内が火傷する恐れがあるので注意が必要です。生卵を電子レンジで加熱するときは、溶き卵にするか黄身に爪楊枝で穴を開けるなど爆発しないように工夫しましょう。

また、電子レンジで加熱したら、すぐに取り出さず時間を置いてから取り出すのも爆発防止に効果的です。ほか、ゆで卵や目玉焼きを温め直すために電子レンジで加熱しても、内圧が上昇し爆発する可能性があるので気をつけましょう。

生卵を電子レンジで温める際は要注意

生卵をそのまま電子レンジで加熱してしまうと、爆発する可能性があるので注意が必要です。爪楊枝やアルミホイルを使うなど、爆発させずに調理する方法もあるのでぜひ参考にしてみてください。最近では、卵用の電子レンジ調理器具も販売されているので活用してみるのも良いでしょう。

関連する記事