肉じゃがは肉選びが重要!豚肉・牛肉どっちがいい?部位のおすすめも紹介!

肉じゃがを美味しく作るには「肉選び」が重要だと知っていますか?今回は、肉じゃがの種類は豚肉・牛肉どっちがいいのかや、部位のおすすめにくわえて、肉じゃがの肉を柔らかくする方法を硬くなる原因とともに紹介します。肉じゃがの人気レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 肉じゃがの美味しさは肉で決まる。
  2. 肉じゃがの肉の種類は?豚肉・牛肉どっちがいい?
  3. ①豚肉を使った肉じゃがの特徴
  4. ②牛肉を使った肉じゃがの特徴
  5. ちなみに牛肉・豚肉を使うかは地域によって偏りがある
  6. 肉じゃがの肉の部位のおすすめは?
  7. ①豚こま肉
  8. ②豚ロース肉
  9. ③牛肩ロース肉
  10. ④ひき肉
  11. 肉じゃがの肉を柔らかくするには?
  12. 肉じゃがの肉が硬くなる原因
  13. 肉じゃがの肉を柔らかくするには下味漬け込みがおすすめ
  14. 肉じゃがの人気レシピ
  15. ①定番の肉じゃが
  16. ②無水肉じゃが
  17. ③バタみそ肉じゃが
  18. 肉じゃがをワンランクアップさせよう

肉じゃがの美味しさは肉で決まる。

肉じゃがは、じゃがいもや人参と肉を使った定番の家庭料理の一つです。肉じゃがの美味しさは、肉によって決まると言っても過言ではありません。今回は、肉じゃがを美味しくする肉選びの方法やおすすめの部位を紹介していきます。

肉じゃがの肉の種類は?豚肉・牛肉どっちがいい?

肉にはたくさんの種類があって、肉じゃがにはどの種類を選べば良いのか悩むこともあるでしょう。ここでは、豚肉と牛肉それぞれを使った肉じゃがの特徴を紹介していきます。

①豚肉を使った肉じゃがの特徴

豚肉を使った肉じゃがは、牛肉を使った肉じゃがよりもあっさりと食べることができる特徴があります。また、豚肉は牛肉よりも安く購入することができるので、節約をしたい人には豚肉を使った肉じゃががおすすめです。また、牛肉に比べて冷めても肉の脂が固まりにくいのもメリットなので、弁当に入れる際は豚肉の肉じゃがを使うと良いでしょう。

②牛肉を使った肉じゃがの特徴

牛肉を使った肉じゃがは、牛肉のコクが染みて味わい深い肉じゃがにすることができます。肉の味をしっかりと楽しみたい人には、牛肉の肉じゃががおすすめです。お店で提供される肉じゃがは、牛肉を使っている場合が多いでしょう。薄切りの肉を使うことで、火の通りが早く味が染みやすくなります。

ちなみに牛肉・豚肉を使うかは地域によって偏りがある

関東地方では豚肉の肉じゃがが作られていることが多く、関西地方では牛肉を使った肉じゃがが主流であるなど、肉じゃがに使う肉の種類は地域によって偏りがあります。

地域によっての偏りだけでなく、各家庭でも慣れ親しんだ肉じゃがの味があり、肉じゃがの肉に対しては固定概念が強い人が多いかもしれません。しかし、牛肉でも豚肉でも美味しく作ることができるので、いつもとは違った肉の種類も試してみると良いでしょう。

肉じゃがの肉の部位のおすすめは?

豚肉と牛肉の特徴を紹介してきましたが、肉じゃがにはどの部位が合うのでしょうか。ここでは、肉じゃがと相性の良い肉の部位を紹介するので参考にしてみてください。

①豚こま肉

豚こま肉は、薄切りで細切れになっているので切らなくても使うことができます。豚肉の中でも比較的安くで購入することができ、リーズナブルです。なお、赤味の強いものは硬い肉の可能性があるので、購入する際はピンクの色をした適度にさしの入った豚こま肉を選びましょう。

(*豚こま肉について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

豚こま切れ肉とは?部位に決まりがない?選び方・保存法や活用レシピのおすすめを紹介!

②豚ロース肉

関連する記事

×