シナモンスティックの使い方は?食べるのはNG?使用回数やレシピのおすすめも紹介!

シナモンスティックを知っていますか?そのまま食べることはできるのでしょうか?今回は、シナモンスティックの特徴・使い方や再利用できるかに加え、料理レシピなどを紹介します。シナモンパウダーとの違い・使い分け方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. シナモンスティックとは?
  2. シナモンの種類・産地
  3. シナモンスティックの使い方は?そのまま食べる?
  4. シナモンスティックをそのまま食べるのはNG
  5. ①コーヒーや紅茶に入れる
  6. ②ホットワインに入れる
  7. ③料理に使う
  8. ④防虫に使う
  9. ⑤デザートに入れる
  10. シナモンスティックは再利用できる?使い捨て?
  11. シナモンスティックは香りが続くまで再利用できる
  12. シナモンスティックとシナモンパウダーの違い・使い分けは?
  13. スティックとパウダーの原料は同じ
  14. スティックとパウダーの違いは用途
  15. スティックを削ってパウダーにする方法
  16. シナモンスティックを使うレシピを紹介!
  17. ①りんごの赤ワインコンポート
  18. ②ハニージンジャーエール
  19. ③バターチキンカレー
  20. シナモンスティックを使ってみよう

シナモンスティックとは?

シナモンは、スパイスの一種で独特な香りをしています。シナモンステックは、シナモンの樹皮を薄く乾燥させてスティック状に作られており多様な使い方をすることができます。ここでは、シナモンスティックの種類や産地をみていきましょう。

シナモンの種類・産地

スパイスの一種であるシナモンは、大きく2つの種類に分けることができます。

・セイロンシナモン
・カシア


セイロンシナモンは、セイロンニッケイの樹皮を使って作られたシナモンスティックで上品な香りをしています。カシアは、シナニッケイの樹皮を使用して作られておりスパイスの強い香りが特徴です。セイロンシナモンの主な産地はスリランカで、カシアは中国などの南アジアが産地になっています。カシアは、セイロンシナモンよりも安く手に入れることができます。

シナモンスティックの使い方は?そのまま食べる?

香りが特徴なシナモンスティックは、どのような使い方をするのでしょうか。また、スティック状をしていることからそのまま食べることができるのか気になる人もいるでしょう。シナモンスティックの使い方とそのまま食べることができるのかを解説します。

シナモンスティックをそのまま食べるのはNG

シナモンスティックはスティック状で食べられそうな見た目をしていますが、樹皮で作られておりそのままでは食べることはできないので注意が必要です。シナモンスティックは、食べても苦くて美味しくありません。

さらにカシアにはクマリンと呼ばれる物質が含まれており、肝臓障害など人体に害を加える危険性があるのでシナモンスティックをそのまま食べないようにしてください。シナモンスティックはそのままではなく、シナモンパウダーにすることで食べることができます。シナモンスティックを使用する場合は、香りを楽しむようにしましょう。

①コーヒーや紅茶に入れる

シナモンスティックは、コーヒーや紅茶に入れることで贅沢な香りを楽しむことができます。コーヒーはコーヒー自体の香りが強いため、香りに刺激のあるカシアとの相性が抜群です。紅茶は、上品な香りで甘みのあるセイロンシナモンを使うのがおすすめです。コーヒーや紅茶にシナモンスティックを入れてかき混ぜ、シナモンの香りを楽しみましょう。

シナモンの香りをより強くしたい場合は、シナモンスティックを折ってコーヒーや紅茶と一緒に煮てください。

②ホットワインに入れる

冬の季節にぴったりなホットワインにもシナモンスティックを使うことができます。ワインには、白ワインと赤ワインの2種類ありますがどちらでも美味しくいただけます。ワインの香りにシナモンの香りが合わさって、風味豊かなホットワインに仕上げることができるでしょう。

シナモンには体を温める作用もあるので、寒い季節にはシナモンスティックを使ったホットワインを飲んで体を温めてみてください。

③料理に使う

シナモンスティックは以下のような料理に向いています。

・カレー
・シチュー
・薬膳スープ


料理にはスパイスが使われることが多くありますが、シナモンスティックも香り付けとして料理に使うことができます。カレーやシチューなどの煮込み料理で使われることが多く、本格的な料理に仕上がります。

シナモンスティックを折って、煮るようにすると深い香りを出すことができるでしょう。なお、煮込み料理には、安く購入できるカシアを使うのがおすすめです。また、シナモンスティックは香りを出すだけでなく魚や肉の臭みを消す効果もあります。

④防虫に使う

シナモンスティックは、香り付け以外に防虫に効果があります。ゴキブリなどの虫はスパイスのシナモンの香りが苦手な性質があり、シナモンスティックを使用することで防虫をすることができるでしょう。クローゼットの中にシナモンスティックを吊るしたり、虫が出そうなところに置いたりして使います。

ただし、シナモンの香りでは殺虫効果があるわけではないので、あくまでも防虫効果として使うと良いでしょう。

⑤デザートに入れる

関連する記事