果汁100%ジュース「濃縮還元」の意味とは?ストレートとの違いや栄養面のデメリットなど解説!

濃縮還元とはどんな意味か知っていますか?今回は、同じ果汁100%ジュースである「濃縮還元」と「ストレート」との違いや、栄養面・砂糖の量などデメリットとメリットを比較して紹介します。体に悪い・危険と言われる理由や、見分け方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 濃縮還元とは?どんな意味?
  2. 濃縮還元は飲料の製法
  3. 濃縮還元とストレートの違い
  4. 濃縮還元のメリットは?
  5. ①美味しい旬の状態を保存できる
  6. ②輸送コストが安くなる
  7. ③消費者も安く購入できる
  8. 濃縮還元のデメリットは?体に悪い・危険と言われる理由は?
  9. ①栄養価がストレートタイプに若干劣る
  10. ②砂糖の過剰摂取になりやすい
  11. ③原料となる果物の安全性が怪しい
  12. 濃縮還元とストレートの見分け方は?
  13. 果汁100%=ストレートではない
  14. 成分表に「濃縮還元」と記載があるか確認しよう
  15. より自然な状態の果汁が飲みたい場合は?
  16. 生ジュースを買うのがおすすめ!
  17. 濃縮還元にはメリット・デメリットもある

濃縮還元とは?どんな意味?

濃縮還元のジュースは非常に多いですが、濃縮還元の意味を知っている人は少ないかもしれません。今回は、濃縮還元とはどのようなジュースなのかや、ストレートとの違いについて紹介します。濃縮還元の意味を正しく理解し、ジュースを買うときの参考にしてみて下さい。

濃縮還元は飲料の製法

濃縮還元のジュースとは下記のような製法で作られた飲料のことを指します。

・果物や野菜をすりつぶす
・加熱により果汁の水分を飛ばして5倍~6倍の液体を作る
・商品として充填する際に水分を加えて濃度を調整する


濃縮とは加熱により水分を飛ばす事によって溶液の濃度を高める事であり、還元とは元の状態に戻すことを意味します。これらの意味の通り、濃縮還元のジュースは果汁の水分を飛ばして濃度の濃い溶液を作った後に、再び水分を加えて還元して作られた飲み物になります。

濃縮還元とストレートの違い

濃縮還元ではなくストレートと表記のあるジュースを目にする事もありますが、ストレートはその名前の通り、絞った果汁をそのまま低温で保存して容器に詰めて販売する商品です。濃縮還元と異なり加熱をしないため、酵素などを生きた状態で飲めるのが良い点とも言われています。このように同じ果汁100%のジュースでも作り方に違いがあるのが特徴です。

濃縮還元のメリットは?

濃縮還元の作られ方やストレートとの違いについては分かりましたが、濃縮還元にはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは濃縮還元のメリットを3つ紹介します。

①美味しい旬の状態を保存できる

それぞれの果物には旬の時期が存在し、旬の時期が非常に短い果物も存在します。そこで濃縮還元を行うことによって、果汁を美味しい旬の状態のまま保存出来るのがメリットの一つです。濃縮還元の製法があるために、旬の時期以外にも美味しい果物の味わいを楽しむことができるのです。

②輸送コストが安くなる

濃縮還元で作られたジュースは、水分を飛ばして濃縮してあるため、同じ量のストレートのジュースに比べて5倍~6倍の量を実質的には輸送出来る事になります。このため、特に海外のジュースを輸送する場合は濃縮還元にすることで輸送コストを大幅に削減することが出来るのもメリットです。

③消費者も安く購入できる

輸送コストが安くなることがメリットの一つであると紹介しましたが、コストが減るということは、それだけ消費者も安く購入出来るという意味でもあります。海外の美味しい果物を搾った栄養も豊富なジュースを安い価格で手に入れられるのは、消費者にとっても嬉しいメリットと言うことが出来るでしょう。

濃縮還元のデメリットは?体に悪い・危険と言われる理由は?

濃縮還元にはメリットが多いですが、デメリットもあるのが実情です。実は濃縮還元のジュースは体に悪い・危険と言われることもあるのですが、なぜなのでしょうか。ここでは濃縮還元のデメリットをいくつか紹介します。

①栄養価がストレートタイプに若干劣る

栄養価がストレートタイプに若干劣ることは濃縮還元のデメリットの一つで、中でも以下のような栄養素は減ると言われています。

・食物繊維
・ビタミンC


濃縮還元にする工程では加熱やろ過をしますが、加熱によりビタミンCが減るほか、ろ過によって食物繊維も取り除かれてしまいます。そのため、濃縮還元のジュースはストレートのジュースと違って飲んでも意味ないといった噂がありますが、これに関しては嘘です。

上記の栄養素が全くなくなるわけではなく、上記以外の栄養素も含まれているので、意味が無いとは決して言えません。ただし、ビタミンCや食物繊維が減るのは事実なので、これらの栄養素の補給を目的とするのであればストレートタイプの方がおすすめです。

②砂糖の過剰摂取になりやすい

濃縮還元ジュースの場合には、濃縮したものを水分で薄める際に砂糖を加えているケースもあるようです。その場合には飲み過ぎると砂糖の過剰摂取に陥る可能性があることに注意が必要です。なお、砂糖を加えている濃縮還元のジュースには加糖と表記することが義務付けられているので、購入時には加糖されているかどうかを確認すると良いでしょう。

③原料となる果物の安全性が怪しい

原料となる果物の安全性が怪しいこともデメリットと言えます。濃縮還元のジュースの原料となる果物は、生産元や生産方法が明らかにされていない果物も多いのが実情です。

このため、農薬を大量に使用されて作ったものや遺伝子組み換えのものが紛れている可能性も捨てきれません。農薬は加熱処理をしても分解されないため、残留農薬を多く摂取してしまうリスクもあると言うことは頭に入れておきましょう。

濃縮還元とストレートの見分け方は?

濃縮還元とストレートの違いやそれぞれのメリット・デメリットについて理解出来たところで、ここでは2種類のジュースの見分け方について紹介します。どちらも一長一短があるので、上手に飲み分けてみてください。

果汁100%=ストレートではない

果汁100%と記載されているからといってストレートジュースという訳ではありません。濃縮還元したジュースに水分を足して、果汁が100%になるように調整したものも果汁100%という表記になります。果汁100%だけを頼りにしていては濃縮還元とストレートを見分けられないことを覚えておきましょう。

成分表に「濃縮還元」と記載があるか確認しよう

濃縮還元のジュースには成分表に濃縮還元の旨の記載がしてあります。これは、果実飲料品質表示基準によって定められているため、成分表を見れば製造方法も理解出来るようになっているのです。

前述した通り果汁100%と書かれているだけではどちらかは分からないので、ストレートのジュースを手に入れたいのであれば、濃縮還元と書かれていないことを確認しましょう。

より自然な状態の果汁が飲みたい場合は?

濃縮還元とストレートの違いや見分け方は分かりましたが、より自然に近い状態の果汁が飲みたいと考える人も居るかもしれません。ここでは、そんな人にはどのようなジュースがおすすめかについて説明します。

生ジュースを買うのがおすすめ!

自然に近い状態のジュースを飲みたい場合は、生ジュースを買うのがおすすめです。生ジュースは果物を搾ったり粉砕したりして作るもので、加熱などの加工をしていないので果物の栄養を自然のまま取り入れることができます。

最近では駅構内などでも生ジュースを販売しているジューススタンドが見られるほか、デパートなどの食品売り場でも生ジュースが販売されています。そのほかにも、自分で果汁を搾ったりミキサーで果物を撹拌したりして作ることも出来るので、ぜひ試してみてください。

濃縮還元にはメリット・デメリットもある

濃縮還元とは、果物を搾った後に加熱して水分を飛ばして長期保存出来る状態にしたジュースである事が分かりました。栄養面などでストレートジュースなどと異なる点もあるため、それぞれの特徴を理解した上で飲み分けられるようになりましょう。

関連する記事