ぶりの幼魚「いなだ」とは?出世魚?旬の時期や味わいなど特徴を紹介!

いなだはどんな魚か知っていますか?実は出世魚「ぶり」と同じ魚なのです。今回は、いなだの味わい・旬など特徴や、刺身など食べ方のおすすめを紹介します。旬の季節にぜひ取り入れたい、いなだの料理レシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 「いなだ」とは?どんな魚?
  2. いなだは出世魚「ぶり」の幼魚
  3. いなだとはまちの違い
  4. いなだの旬や味わいなど特徴は?
  5. いなだの旬は夏〜初秋ごろ
  6. いなだの味わい・脂のノリ
  7. いなだの食べ方は?刺身が一番?
  8. いなだは刺身が美味しい!
  9. いなだに合う調理法・料理
  10. いなだの料理レシピのおすすめ
  11. ①唐揚げ
  12. ②照り焼き
  13. ③ごまみそ漬け丼
  14. いなだを美味しく食べよう

「いなだ」とは?どんな魚?

大型で鮮魚コーナーでも時々目にするいなだについて説明します。一見、ぶりに似ているものの何が違うのでしょうか。いなだとはまちについての違いも紹介します。

いなだは出世魚「ぶり」の幼魚

いなだは出世魚であるぶりの幼魚で、主に関東地方で呼ばれる名前です。ぶりは成長するごとに名前が変わっていきますが、ここでは関東の呼び方でどう呼ばれているのか紹介します。

・モジャコ:稚魚
・ワカシ:35㎝以下、1キロ未満
・いなだ:35㎝~60㎝、1キロ以上
・わらさ:60㎝~80㎝、10キロ未満
・ぶり:80㎝以上、10キロ以上


モジャコからぶりまで成長に合わせて何度も名前が変わるのがわかりますが、いなだは比較的小さい段階のもののようです。いなだは丸身のままで店頭に並べられることもありますが、35㎝以上であればサイズ的にも自宅で捌いて食べられそうな大きさです。

ぶりの名前がなぜこんなにも変わるのかと言うと、ぶりは幼魚の頃は脂がのっておらずさっぱりとした味わいのため成長ごとに味が大きく異なります。客やセリでの混乱やトラブルを避けるために、敢えて成長ごとに名前を変えてトラブルを回避したのが始まりとされています。

(*ブリの名前の変化について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

出世魚「ブリ」の名前の変化と順番は?成長過程・地域別に比較して紹介!

いなだとはまちの違い

いなだは一見するとはまちによく似ており、違いが分からないことがあります。いなだとはまちの違いは特になくはまちは養殖、いなだは天然で分けられることが多いようですが、これは関東で知られる違いです。

いなだの養殖が始まったのが西日本の四国で、関東に出荷された際に関西の呼び方であるはまちで流通したため養殖のいなだは、はまちとして広まったとされています。

(*ぶり、はまち、いなだの違いについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。)

ブリ・ハマチ・イナダの違いとは?旬・産地や見た目など比較して紹介!

いなだの旬や味わいなど特徴は?

ぶりの幼魚であるいなだですが、まだ味わったことがないならぜひ食べてみましょう。丸ごと1尾でも安く購入できるので節約として活躍させたいところですが、いなだの旬や味の特徴はどのようなものでしょうか。

いなだの旬は夏〜初秋ごろ

いなだは通年を通して水揚げされるので旬は特にありませんが、夏から初秋にかけてというのが一般的です。地域によっては春から夏にかけてが旬になることもあるので、住んでる地域に合わせていなだの旬を覚えておきましょう。また、養殖の場合もあるので、その場合は旬はありません。

いなだの味わい・脂のノリ

いなだの味わいはぶりに比べて脂が少ない分さっぱりとしているのが特徴で、成長に合わせて脂がのってきます。食感はプリッとしており刺身で食べるのが人気なので、旬の季節に新鮮ないなだが手に入ったらぜひ食べてみましょう。

いなだの食べ方は?刺身が一番?

いなだはスーパーでは、刺身になって販売されることが多いようです。しかし、刺身で食べるだけではなく、さまざまな方法でも美味しくいただけるのでぜひ挑戦してみましょう。新鮮ないなだの切り身の特徴も紹介するので、選ぶ時の参考にしてみてください。

いなだは刺身が美味しい!

いなだは一般的に刺身で食べることが多く、美味しく味わえます。いなだを選ぶ時には以下の部分を見て購入しましょう。

・切り身の場合は血合いの部分が美しい赤になっている
・切り身の場合は表面につやがある
・腹に張りがあり、体に青みがある
・鰓の内側が鮮やかな赤になっている


いなだは鮮度が落ちやすく、切り身や刺身の状態で放置しておくと色が変色しやすいのが特徴です。また、臭みもでやすいことからスーパーでも丸身の状態で販売されていることが多いので、刺身で食べるなら丸身で購入して自分で捌いて食べるのが確実です。捌くのに自信がないなら店員に頼んでみましょう。

いなだに合う調理法・料理

いなだがたくさん手に入ったら調理法を変えて料理してみましょう。血合い部分も柔らかくおいしく食べられます。

・刺身や寿司
・カルパッチョ
・漬け丼
・昆布〆
・塩焼き
・照り焼き
・香草焼き
・煮付け
・天ぷら


こうしてみると非常に多くの調理法があるようです。刺身にして和食にするのも良いですが、他のおかずに合わせて調理法を変えたりすることで洋食にも使えるうえ、おつまみにも嬉しい存在となるでしょう。栄養面でも脂質が少なくたんぱく質が豊富なので、ダイエット中の人だけでなく成長期の子供にもおすすめの魚です。

また、身の部分以外にも窯焼きにして食べても美味しいので無駄なく食べられるのも嬉しい点です。

いなだの料理レシピのおすすめ

いなだのレシピをいくつか紹介します。比較的安価で丸身を購入できるので、自宅で捌いて少しずつ食べていくのも可能です。刺身以外にも美味しく食べられる方法があるので、挑戦してみてください。

①唐揚げ

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1040002458/

いなだは唐揚げにすることでも美味しく食べられ、肉で作るよりもヘルシーです。いなだの臭みが気になる場合は、下味の生姜とにんにくを多めにすると食べやすくなるでしょう。ビールのおつまみのほか日本酒にもよく合います。

サクッと美味しい☆簡単イナダの竜田揚げ レシピ・作り方 by *aomin*|楽天レシピ

②照り焼き

出典:https://cookpad.com/recipe/592256

ぶりの照り焼きは定番の和食ですが、いなだでも作れます。ぶりに比べて身が柔らかく、さっぱりした味が特徴なのでぶりのくどさが気になるならいなだで作ってみましょう。

いなだ(ぶり)の照り焼き by マロンR 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが348万品

③ごまみそ漬け丼

出典:https://cookpad.com/recipe/6554213

いつもの醤油の漬け丼に飽きたらゴマ味噌で漬け丼にしてみましょう。いなだと香ばしいゴマとの相性はピッタリで、コクのある味噌とも良く合います。

イナダのごまみそ漬け丼 by hmaruuo 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが348万品

いなだを美味しく食べよう

通年を通して食べられるいなだは、くどさがなくさっぱりとした味わいが特徴であることから、日ごろの食事にも取り入れやすい魚です。お店によっては、はまちと表示されていることもあるので、養殖や天然にこだわらなければはまちを購入して食べてみましょう。

関連する記事