梨の賞味期限は?常温・冷蔵庫でどれくらい?日持ちする保存方法を紹介!

梨の賞味期限の目安を知っていますか?今回は、梨の賞味期限を<幸水・豊水>など品種別や<常温・冷凍・冷蔵>など保存方法別に比較しつつ紹介します。梨の日持ちする保存方法や、腐った場合の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 梨の賞味期限は長い?短い?
  2. 梨の品種によって賞味期限が変わる
  3. 梨の賞味期限はどのくらい?
  4. ①常温で3日~3週間程度
  5. ②冷蔵保存で1週間〜1ヶ月程度
  6. ③冷凍保存で1ヶ月以上
  7. 梨の日持ちする保存方法は?
  8. ①冷蔵保存の場合
  9. ②冷凍保存する場合
  10. 梨の賞味期限が切れて腐るとどうなる?
  11. 梨の賞味期限に注意しよう

梨の賞味期限は長い?短い?

水分を豊富に含んで爽やかな甘さが人気の梨は、夏から秋の期間に様々な品種が出回ります。さっぱりとした美味しさが魅力の梨ですが、梨の賞味期限はどのくらいなのでしょうか。また、品種によって賞味期限に違いがあるかについても紹介します。

梨の品種によって賞味期限が変わる

梨は、品種によって賞味期限に違いがあります。日持ちする梨の品種と、日持ちしない梨の品種を以下で示します。

【日持ちする品種】
・新興
・新高
・南水
・にっこり梨
・あたご梨
・王秋
・二十世紀
・あさづき


【日持ちしない品種】
・幸水
・豊水
・洋梨
・かおり梨
・愛甘水
・秋麗
・秀玉
・長十郎

梨の中でも幸水や豊水は水分が多くジューシーで、スーパーなどで販売されていることも多いことから食べる機会の多い品種ですが、残念ながら日持ちはあまり期待できません。一方、暑さが和らぐ秋の半ばから晩秋にかけて旬を迎える梨の品種は、水分が多く形も大きくて日持ちもしやすいという特徴があります。

梨の賞味期限はどのくらい?

梨は品種によって賞味期限に違いがありますが、保存方法によっても食べられる期間に違いが出てきます。ここでは、梨を常温保存・冷蔵保存・冷凍保存した場合に、どのくらい賞味期限に違いが出るかを解説します。

①常温で3日~3週間程度

*表1
ーーーーー/賞味期限目安/
幸水・豊水/4日〜10日/
その他の品種/5日〜90日/
切った梨/その日のうち/
ーーーーーーーーーーーーーーー

梨の賞味期限は品種にもよりますが、新聞紙で包んで常温または冷暗所保存で3日〜3週間程度です。常温保存もできるものの、実際には梨は購入後は早めに冷蔵庫に入れるのがおすすめです。

常温での保存をおすすめしない理由は、梨が日持ちがしにくく、追熟で甘くなることはないためです。冷蔵庫に入れることで美味しさは変わらずに食べられる期間を延ばすことができます。

②冷蔵保存で1週間〜1ヶ月程度

*表1
ーーーーー/賞味期限目安/
幸水・豊水/7日〜14日/
その他の品種/21日〜60日/
切った梨/3日〜4日/
ーーーーーーーーーーーーーーー

梨を冷蔵保存した場合の賞味期限の目安は上記の通りです。梨は日持ちがしにくく、常温保存よりも冷蔵保存の方が適しています。正しい方法で冷蔵保存すると、3週間から数ヶ月の期間にわたって保存できますが、通常は1ヶ月以内に食べ切れるといいでしょう。

なお、切った梨は空気に触れることで酸化が進んでいくため、冷蔵保存でも3〜4日のうちに食べ切ることをおすすめします。

③冷凍保存で1ヶ月以上

食べ切れない量の梨がある時は、切ってから冷凍保存することをおすすめします。冷凍保存の場合、1ヶ月以上保存することができるので、早めに食べ切れる量だけ冷蔵保存して食べ切れない分は早めに冷凍しておくと良いでしょう。なお、詳しい冷凍保存の方法に関してはこの後で詳しく説明するので参考にしてみてください。

梨の日持ちする保存方法は?

梨は種類によっては日持ちがしにくい果物ですが、どのように保存すれば長い期間、美味しく食べられるでしょうか。ここでは、梨の最適な保存方法について解説します。

①冷蔵保存の場合

梨を冷蔵保存する場合の手順やポイントは、丸ごとか切った状態かで異なり、それぞれ以下の通りです。

【丸ごとの梨の場合】
1.キッチンペーパーで包んだあと、ラップでさらにしっかりと包む
2.保存袋に入れて空気をできる限り抜く
3.ヘタの部分を下にして冷蔵保存する


【切った梨の場合】
1.切った梨を、塩水に浸す
2.梨を流水で洗う
3.切った梨を重ならないように並べてラップで包み、保存袋に入れる
4.袋の中の空気を抜いて冷蔵保存する


梨は水分を多く含む果物のため、乾燥することで鮮度が落ち、腐敗を促してしまいます。そのため、梨を丸ごと冷蔵保存する際は、キッチンペーパーで包むなどして乾燥を防ぎ、水分を逃がさないようにしましょう。ヘタの部分を下にすると、梨の呼吸を抑えて劣化を遅らせることができるので、しっかり密封してヘタの向きに注意して保存することが大切です。

一方切った梨の場合、切った部分が空気に触れると酸化して変色が始まります。酸化は衛生面で問題はありませんが、お弁当などに入れるときには見栄えが悪くなるのがデメリットです。そこで梨を塩水に浸すことで酸化を抑え、変色を防ぐことが期待できます。ほか、砂糖水・はちみつでも酸化防止の効果が期待できるでしょう。

(*梨の変色について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

梨の変色は防止できる?原因は?砂糖水・はちみつなどで最適な色止め方法を紹介!

②冷凍保存する場合

切った梨を冷蔵保存よりもさらに長期保存したい場合は、冷凍保存がおすすめです。その際のポイントは、以下の通りです。

・切った形のまま冷凍する場合は、重ならないように並べてラップに包む
・切った形以外でも良い場合は、コンポートにしたりすり下ろしてから保存容器に入れる
・いずれも保存袋に入れて、空気を抜いて冷凍保存する


梨は最長で1ヶ月ほど冷凍保存することができますが、完全に解凍してしまうと食感が悪くなって美味しさが損なわれます。また、冷凍することで生の梨とは違った食感になることは避けられませんが、半解凍でシャーベットやスムージーにして食べると生食とは違う美味しさになるでしょう。

(*梨の保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

梨の保存方法・期間は?常温はNG?冷蔵庫・冷凍で長持ちさせるコツや保存食レシピも紹介!

梨の賞味期限が切れて腐るとどうなる?

出典:https://twitter.com/shishinrian/status/773161679777439748

梨をしばらく保存した後に食べる際は、腐っていないかどうかを確認することが大切です。ここでは梨の賞味期限が切れて腐った時の特徴を紹介するので、参考にしてください。

・腐敗臭がする
・白っぽいカビが生える
・触ると柔らかくなっている部分がある
・変色する
・味に違和感がある


上記の特徴に当てはまる場合は梨の賞味期限が切れて腐敗が始まっている可能性が高いため、速やかに廃棄してください。外気温が高い季節に水分が多い梨を常温保存すると腐りやすいため、できるだけ正しい方法で冷蔵保存するか、すぐに食べられないのであれば冷凍保存することをおすすめします。

(*梨が腐るとどうなるかについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

梨が腐るとどうなる?食べれるかの見分け方は?茶色い・柔らかいなど状態別に紹介!

梨の賞味期限に注意しよう

梨の賞味期限や保存方法などについて紹介しました。梨は種類も多く、それぞれに食感や味の特徴がありますが、品種によっては日持ちがしにくいものもあります。正しい保存方法を知って、できるだけ長く梨の美味しさを楽しんでください。

関連する記事