コピ・ルアクとは?超希少なコーヒー?味わい・香りや値段など特徴を紹介!

コピ・ルアクという猫の糞から作ったコーヒー豆を知っていますか?汚くないのでしょうか?今回は、コピ・ルアクの〈味わい・香り・起源・値段〉など特徴や、コーヒーの淹れ方・飲み方のおすすめも紹介します。コピ・ルアクの偽物と本物の見分け方や通販商品のおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. コピ・ルアク(コピルアック)とは?起源は?
  2. コピ・ルアクは猫の糞から作るコーヒー豆
  3. コピ・ルアクは汚い?衛生面は大丈夫?
  4. コピ・ルアクの味わい・香りの特徴は?
  5. コピ・ルアクの味わい
  6. コピ・ルアクの香り
  7. コピ・ルアクの値段は?1杯何円?
  8. コピ・ルアクの値段はかなり高い!
  9. コピ・ルアクの淹れ方は?どう飲む?
  10. コピ・ルアクの淹れ方
  11. コピ・ルアクの飲み方
  12. コピ・ルアクには偽物もある?本物との見分け方は?
  13. 偽物の可能性が高いコピ・ルアクの特徴
  14. コピ・ルアクはどこで買える?
  15. コピ・ルアクは通販がおすすめ
  16. コピ・ルアクを飲んでみては?

コピ・ルアク(コピルアック)とは?起源は?

世界中で嗜好飲料として人気の香り高いコーヒーは、南回帰線と北回帰線のちょうど間に位置するコーヒーベルトと呼ばれる範囲にある約70の国で栽培されています。今回はコーヒーベルト内にあるインドネシアの希少なコピ・ルアクについて、その特殊な製法を解説します。

コピ・ルアクは猫の糞から作るコーヒー豆

出典:https://www.ejcra.org/column/ca_66.html

コピ・ルアクはインドネシアの希少なコーヒーの一つで、ジャコウネコという猫の糞から取り出す奇妙な製法が特徴です。インドネシア語でコピはコーヒー、ルアクはジャコウネコという意味です。

インドネシアはたくさんの小さな島が点在する国で、ジャワ島・バリ島・スマトラ島・スラウェシ島でコピ・ルアクを生産しています。コピ・ルアクの起源はインドネシアと言われており、日本ではコピ・ルアクの他にルアックコーヒーとも呼ばれています。

コピ・ルアクはかもめ食堂という日本の映画にも登場するコーヒーです。主人公がコーヒーの粉に美味しくなるおまじないとしてコピ・ルアクと唱えるシーンがあり、この映画を通してコピ・ルアクの存在が知れわたるようになりました。

コピ・ルアクは汚い?衛生面は大丈夫?

コピ・ルアクはジャコウネコの糞の中から未消化のコーヒー豆を採取して生産されているので、どこか汚い印象もあり、衛生面が心配になるかもしれません。実際に糞自体はそのままでは汚いものの、回収したコーヒー豆はしっかりと洗浄して焙煎されるため衛生面の心配はいらないようです。

コピ・ルアクは、当初は普通のコーヒーと同じように人が木から採取していました。ところが、現地に生息するジャコウネコが収穫前の甘くて美味しいコーヒーチェリーという実ばかり横取りして食べてしまったそうです。そこで生産者は仕方なく汚い糞の中からコーヒー豆を拾って焙煎したという話があります。

コピ・ルアクの味わい・香りの特徴は?

味・香り共に定評があり世界中に愛飲者が多いことで知られているコーヒーと言えば、ブルーマウンテンやキリマンジャロコーヒーです。しかし、希少性のあるコピ・ルアクにはそれらとはまた違った特徴的な味わいと香りがあるので紹介します。

コピ・ルアクの味わい

コピ・ルアクはとてもスッキリした味でコーヒー特有の苦みや酸味が強くなく、ややフルーティーで飲みやすいのが特徴です。味に鋭さがなく、とてもまろやかな味わいで万人に飲みやすいコーヒーとも言えるでしょう。

ジャコウネコの体内に入ったコーヒー豆は消化の際に様々な消化酵素の影響を受け、更には腸内発酵を通過して排泄されるため酵素や細菌の影響で独特の味わいが付加されます。また、これらの影響によりコピ・ルアクのカフェイン量は通常のコーヒーの半量ほどに抑えられています。

コピ・ルアクの香り

インドネシア原産の希少なコピ・ルアクには、複雑で独特な良い香りがあると言われています。それはジャコウネコがコーヒーチェリーを食べて排泄した糞から未消化のコーヒー豆を採取する、独特な製法に理由があるようです。

コーヒーの有名な銘柄であるキリマンジャロは柑橘系のフルーツのような香りと酸味があり、ブルーマウンテンは芳醇な香りと苦み・酸味のバランスが良いという特徴があります。コピ・ルアクはそれらとは違った独特の香りを持つコーヒーです。

コピ・ルアクの値段は?1杯何円?

コーヒーはブレンドは手ごろな値段で、ブルーマウンテンなどは高価なイメージがあります。ジャコウネコの糞から採取されるコピ・ルアクは、とても希少性が高く日本ではあまり見かけません。ここではコピ・ルアクの値段を紹介するので参考にして下さい。

コピ・ルアクの値段はかなり高い!

コピ・ルアクを豆で買った場合と店で飲む場合の大まかな値段は下記の通りです。

・豆:100g当たり4000円~6000円
・店で飲む場合:一杯5000円


コピ・ルアクはその特殊な製法から大量生産が難しく、希少性が高いという理由で普通のコーヒーと比べて非常に高値で取引されます。コーヒー豆にはアラビカ種とロブスタ種があり、アラビカ種のコピ・ルアクはより高価です。インドネシアでは日本円で1200円前後で販売しているそうなので、安く手に入れたい場合は現地で買うのが良いでしょう。

コピ・ルアクの淹れ方は?どう飲む?

コーヒーは抽出に適したお湯の温度や時間、蒸らす方法など美味しく淹れるためのコツがあります。ドリッパーを使うかフレンチプレスで抽出するかによっても味や香りが変わってくるのです。ここではコピ・ルアクの美味しい淹れ方と飲み方を紹介します。

コピ・ルアクの淹れ方

コピ・ルアクをより美味しく飲むため、コーヒー豆を使ったコーヒーの淹れ方を解説するのでぜひ参考にしてみて下さい。

①100gのお湯に対して6~8gのコーヒー豆を計る
②コーヒー豆を挽く
③ペーパーフィルターをセットしドリッパー全体にお湯をかけて温める
④挽いたコーヒーをペーパーフィルターに入れ、ドリッパーを揺すって粉を平らにする
⑤お湯の20%の量を粉の真ん中から外側に円を描くように注ぎ1分蒸らす
⑥再びお湯の20%の量を粉の真ん中から外側に円を描くように注ぎ2分待つ
⑦残りの60%のお湯を同じように注いで軽くドリッパーを揺すってフィルターの壁に付いた粉を落とす
⑧お湯が落ちきったら完成


美味しいコーヒーを入れる時に重要なことは豆の重さとお湯の重さを正確に計り、抽出時間を計りながら3回に分けて抽出することです。お湯の温度は95度前後がコーヒーの成分をバランス良く抽出するのに最適と言われています。また、セラミックのドリッパーの場合はコーヒーの温度が下がってしまうので必ず事前に温めてから抽出しましょう。

コピ・ルアクの飲み方

コピ・ルアクを飲む際に、インドネシアではコーヒーフィルターを使わずコップに直接コピ・ルアクの粉を入れます。お好みで砂糖やミルクを加えてよく混ぜて粉がコップの底に沈んでから飲むのが一般的です。

もしくは日本で言うお茶パックのようなものに入れ、コップに入れてお湯を注ぎ取り出さずにそのまま飲みます。日本で飲む時は現地の方法を真似するか、ドリッパー・フレンチプレス・ネルフィルターなどを使って入れる方法が一般的です。

この三つの方法ではフレンチプレスは酸味が強く抽出されますが、ネルフィルターだと酸味が抑えられコクが出てより深く濃厚な味わいになります。普通のドリッパーではコピ・ルアクの独特の芳香が中々出せないようなので、ネルフィルターがあればぜひ活用してみてください。

コピ・ルアクには偽物もある?本物との見分け方は?

ブランド品やメーカー品には偽物が存在するので、購入する時には注意が必要です。コピ・ルアクのように希少価値が高く、高価なコーヒーにも偽物が存在するのでしょうか。ここではコピ・ルアクの偽物と本物の見分け方を詳しく解説します。

偽物の可能性が高いコピ・ルアクの特徴

残念なことにコピ・ルアクの偽物は大量に出回っており、以下のような特徴があります。

・飼育されているジャコウネコの糞から採取する
・香料を添加している
・コピ・ルアクに他のコーヒー豆を混ぜている


野生のジャコウネコは美味しいコーヒーチェリーを選んで食べているので、結果的にコピ・ルアクも美味しくなります。しかし、絶滅危惧種となったジャコウネコはコピ・ルアク生産のための乱獲が問題視されており、本物のジャコウネコの糞から採取したコピ・ルアクも減っているのが実情です。

特に安価なコピ・ルアクは香料の添加や混ぜ物をしている偽物の可能性が高いです。本物を手に入れたいのであれば、値段が高くても信頼のおける販売元で購入しましょう。

コピ・ルアクはどこで買える?

希少なコピ・ルアクですが、日本でも本物が手に入るなら一度は飲んでみたいと思う人もいるのではないでしょうか。ここではインドネシア原産の美味しいコピ・ルアクを手に入れる方法を紹介します。

コピ・ルアクは通販がおすすめ


*購入サイト|楽天市場*
ジャコウネココーヒー コピルアック 200g

日本で手軽にコピ・ルアクを手に入れるなら通販がおすすめです。日本人はコーヒー好きが多く消費量も多いので、たくさんの種類のコーヒーが輸入されています。下記のリンクの販売店はコピ・ルアクの本場であるインドネシアのバリ島から直輸入している、コピ・ルアク専門店なのでぜひ試してみて下さい。

コピ・ルアクを飲んでみては?

うんちコーヒーの異名を持つコピ・ルアクの魅力を紹介しました。糞から採取したコーヒー豆と聞くと汚いと感じるかもしれませんが、しっかりと洗浄しているので衛生的には全く問題なく、糞から採取しているからこそ得られる香りや味わいがあります。本物のコピ・ルアクを手に入れたら、ぜひ紹介したコーヒーの淹れ方を参考にコピ・ルアクを楽しんでみて下さい。

関連する記事

×