豚の角煮は焼く?焼かない?どっちが正解?両者の利点やとろけるレシピも紹介!

豚の角煮を作る時に最初に肉を焼いてから作りますか?焼かないで作りますか?今回は、豚の角煮の肉を焼く・焼かないとそれぞれどうなるのかに加え、どちらが正しいのかを紹介します。焼く派・焼かない派の口コミやそれぞれのレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 豚の角煮は最初に肉を焼く?焼かない?どちらが正しい?
  2. 【結論】豚の角煮の正しい調理法・正解はない
  3. 豚の角煮の肉を焼くとどうなる?メリットは?
  4. ①肉の旨みが閉じ込められる
  5. ②油が落ちる
  6. ③表面がパリパリになる
  7. ④煮崩れしにくくなる
  8. 豚の角煮の肉をを焼かないとどうなる?メリットは?
  9. ①お肉がより柔らかくなる
  10. ②調理時間の短縮になる
  11. ③焼いても茹でても味の差が小さい
  12. 豚の角煮をより美味しく食べる方法も伝授!
  13. ①角煮を柔らかくする方法
  14. ②角煮の煮汁まで活用する
  15. 豚の角煮の肉を焼く・焼かないレシピをそれぞれ紹介!
  16. 豚の角煮の肉を焼くレシピ
  17. 豚の角煮の肉を焼かないレシピ
  18. 自分が好きな豚の角煮を見つけよう!

豚の角煮は最初に肉を焼く?焼かない?どちらが正しい?

豚の角煮を作る際は、最初に肉を焼く場合と焼かない場合がありますが、どちらが正しい調理法なのでしょうか。ここでは、最初に肉を焼くべきか焼かないで良いかについて詳しく解説していきます。

【結論】豚の角煮の正しい調理法・正解はない

結論から言うと、豚の角煮に正しい調理方法や正解はないため、最初に肉を焼くか焼かないかは各々の好みに合わせて調理して構いません。豚の角煮は、肉を最初に焼いても焼かなくてもどちらでも美味しく作ることができますが、それぞれの調理法にメリットがあることを理解しておくと調理の仕方を選びやすいでしょう。

豚の角煮の肉を焼くとどうなる?メリットは?

豚の角煮を作る場合に、最初に肉を焼くとどうなるのでしょうか。ここでは、最初に肉を焼くメリットを一つずつ紹介していきます。

①肉の旨みが閉じ込められる

最初に豚肉の表面を焼いておくことで表面を固め、肉の旨味を閉じ込めることができます。長時間煮込んでも旨味が逃げることがないので、旨味の詰まった豚の角煮に仕上がります。食べると豚肉の脂が溶けて、旨味が口いっぱいに広がるのでぜひ試してみてください。

②油が落ちる

豚の角煮に使われるかたまり肉は、通常脂身の多い部位になります。はじめにフライパンに油を引いて豚肉を焼いておくことで、豚肉の余分な油を落とすことができるため、少しでもさっぱりとした豚の角煮にしたい人は先にお肉を焼くのがおすすめです。さらに油を落としたい人は、キッチンペーパーなどで豚肉からでた脂分を拭き取ってから煮込むと良いでしょう。

③表面がパリパリになる

最初に肉を焼いておくことで、表面をこんがりさせパリパリとした食感にすることができます。焼かずに作ると柔らかいだけの角煮になりますが、焼くことで肉の表面と内部とで異なる食感を楽しめます。ただし、焼きすぎると豚肉が固くなりすぎてしまうので、火加減と加熱時間には注意してください。

④煮崩れしにくくなる

味が染み込んだとろける角煮を作るためには、長時間煮込む必要があり。煮崩れの心配もあります。そこで最初に豚肉を焼いておくと、肉の身を引き締めることができるので、じっくり煮込んでも煮崩れしにくくなります。肉の形を綺麗に残して作ることができるので、煮崩れが心配な人は焼いてから作ると安心です。

豚の角煮の肉をを焼かないとどうなる?メリットは?

反対に、肉を焼かずに豚の角煮を作った場合はどのような仕上がりになるのでしょうか。ここでは、肉を焼かなかった場合のメリットもみていきましょう。

①お肉がより柔らかくなる

関連する記事

×