坊ちゃんかぼちゃとは?どんな特徴の品種?旬の時期や食べ方・レシピのおすすめなど紹介!

かぼちゃの品種「坊ちゃんかぼちゃ」を知っていますか?大きさが特徴の品種です。今回は、「坊ちゃんかぼちゃ」の〈味わい・食感・大きさ・名前の由来〉など特徴や、旬・収穫時期や産地なども紹介します。〈グラタン・煮物〉など丸ごとレンジで簡単な「坊ちゃんかぼちゃ」の食べ方・レシピや取り寄せ通販商品のおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 坊ちゃんかぼちゃの特徴は?どんなかぼちゃの品種?
  2. 坊ちゃんかぼちゃの名前の由来は「大きさ」にある
  3. 坊ちゃんかぼちゃの味わい・食感
  4. 坊ちゃんかぼちゃの値段・価格
  5. 坊ちゃんかぼちゃの旬・収穫時期や産地は?
  6. 坊ちゃんかぼちゃの産地
  7. 坊ちゃんかぼちゃの旬・収穫時期は7月〜10月ごろ
  8. 坊ちゃんかぼちゃの食べ方は?食べ頃はいつ?
  9. 坊ちゃんかぼちゃの食べ頃の特徴・見分け方
  10. 坊ちゃんかぼちゃに合う調理法・料理
  11. 坊ちゃんかぼちゃのレシピは?丸ごとレンジで簡単料理も!
  12. ①坊ちゃんかぼちゃの丸ごとグラタン
  13. ②坊ちゃんかぼちゃのポタージュスープ
  14. ③坊ちゃんかぼちゃの丸ごとポットパイ
  15. ④かぼじゃがサラダ
  16. ⑤坊ちゃんかぼちゃの和風肉詰めあんかけ
  17. ⑥坊ちゃんかぼちゃの丸ごとチーズケーキ
  18. ⑦坊ちゃんかぼちゃの丸ごとプリン
  19. 坊ちゃんかぼちゃの保存方法は?
  20. 坊ちゃんかぼちゃを通販でお取り寄せして食べてみよう

坊ちゃんかぼちゃの特徴は?どんなかぼちゃの品種?

かぼちゃは煮物やお菓子の材料になる、少し甘みのある野菜です。そのかぼちゃの品種の一つに、坊ちゃんかぼちゃと呼ばれるものがあります。この坊ちゃんかぼちゃはどんな特徴のあるかぼちゃなのでしょうか。

坊ちゃんかぼちゃの名前の由来は「大きさ」にある

坊ちゃんかぼちゃの名前は、その大きさと見た目に由来しています。坊ちゃんかぼちゃは手のひらサイズの大きさで、これが坊ちゃん刈りの髪型の小さな子供の頭に似ているため名付けられました。坊ちゃん刈りは、昭和の時代の小さい男の子の代表的な髪型で、耳にかからない程度の長さに切りそろえられたスタイルです。

大きさは通常のかぼちゃの半分ほどしかなく、重さは300gから500gほどで、皮は黒みがかりストライプの柄が入っている品種です。

坊ちゃんかぼちゃの味わい・食感

坊ちゃんかぼちゃの味の特徴は甘さにあり、糖質が多い品種のため、特に甘みが強くなります。肉厚で、煮たり蒸したりして加熱するとホクホクの食感になり、抜群の美味しさです。栄養価も高く、特にビタミンAは通常のものの3倍以上も含まれています。

坊ちゃんかぼちゃの値段・価格

坊ちゃんかぼちゃの値段は、時期や年ごとの変動はありますが、1キロで600円から1300円円くらいです。1キロで2個から3個に相当するので、1玉300円くらいになります。一般的なかぼちゃは1玉400円程度なので、大きさの割には高いとも言えるでしょう。

(*かぼちゃの種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

かぼちゃの種類別の品種15選!味・大きさなど特徴を【画像】で紹介!

坊ちゃんかぼちゃの旬・収穫時期や産地は?

坊ちゃんかぼちゃはどこで作られ、いつ旬を迎えるのでしょうか。旬や収穫の時期を知っておけば、店頭で見逃すことなく、美味しいものを手に入れることができます。

坊ちゃんかぼちゃの産地

坊ちゃんかぼちゃは全国的に作られている品種ですが、北海道が有名なようです。関東地方では神奈川県の三浦半島でも、半年寝かせた堆肥を使って育て、収穫後に1週間から10日寝かせてから出荷する追熟が不要のこだわりの生産方法で生産されています。

坊ちゃんかぼちゃの旬・収穫時期は7月〜10月ごろ

坊ちゃんかぼちゃの旬・収穫時期は、場所によって変動しますが、7月から10月ごろになります。通常は6月下旬の初夏には店頭に並びはじめ、かぼちゃ料理がよく作られる10月末のハロウィンパーティーの時期まで食べることができます。その小ささからハロウィンパーティーのメニューにも活用しやすいので、ぜひ探してみてください。

坊ちゃんかぼちゃの食べ方は?食べ頃はいつ?

関連する記事

×