お茶が腐るとどうなる?味で分かる?飲んだ時の対処法や保存のコツなど紹介!

お茶が腐るとどうなるか知っていますか?今回は、お茶が腐った時の見分け方を〈味・見た目・臭い〉など特徴別に紹介します。そのほかにも腐ったお茶を飲んだ時の対処法や、日持ちする保存方法なども紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. お茶が腐った…?腐るまでの時間の目安って?
  2. お茶が腐る場合と賞味期限の目安を把握しておこう
  3. お茶が腐るとどうなる?味・色での見分け方は?
  4. ①見た目
  5. ②味わい
  6. ③臭い
  7. お茶が腐ったか心配な場合は?
  8. ①そこに沈殿物がある
  9. 腐ったお茶を飲んだらどうなる?対処法は?
  10. 食中毒・腹痛などの症状がでたら病院へ行こう
  11. お茶が日持ちする保存方法・ポイントは?
  12. ①直のみは避ける
  13. ②冷蔵保存する
  14. ③お茶を入れる容器を定期的に洗浄する
  15. ④空気になるべく触れないようにする
  16. お茶が腐る前に飲もう

自宅で麦茶を煮出したり緑茶を水出しする際に、飲みきった容器を洗わずに水やお湯を継ぎ足して使う人もいるかもしれません。しかし自宅でお茶を作る際には、お茶を入れる容器を洗剤を使って定期的に洗浄することが大切です。

また、洗浄後はしっかり乾かすことで、容器内に雑菌が残るのを防げます。さらに数回に一度は熱湯消毒をする、あるいは酸素系漂白剤を使用するとより安心です。

④空気になるべく触れないようにする

ペットボトルのお茶を飲んでいる際に、蓋を開けっ放しのままつい放置してしまうことがあるかもしれません。また、蓋を無くしてしまった際などに、蓋をしないまま冷蔵庫に保存する人もいるでしょう。しかし、空気中には目には見えなくても雑菌が浮遊しており、蓋が開いていると雑菌が絶えず侵入することになります。

これは冷蔵庫の中も同じで、冷蔵庫の中には雑菌が少なからず浮遊しています。そのため、煮出したお茶や水出しのお茶を容器に入れて保存する際やペットボトルのお茶を保存する際には、なるべく空気に触れないように保存することが大切です。ペットボトルの蓋を無くした場合も、ラップなどで蓋をするなどの工夫をしましょう。

お茶が腐る前に飲もう

今回はお茶が腐った時の見分け方を特徴別に紹介しました。お茶は清涼飲料水と比べると腐りにくい印象がありますが、季節や保存状態によっては短時間でも腐るので注意が必要です。お茶は酸化することで風味も落ちていくので、正しい方法で保存し腐る前に美味しく飲みきることをおすすめします。

関連する記事

×