おでんに向く大根の部位は?上・真ん中・下?品種のおすすめも紹介!

おでんに向く大根の部位はどこかを知っていますか?上・真ん中・下のどこでしょうか?今回は、おでんに向く大根の部位はどこなのかに加え、上の部分・下の部分が何に向いているのかを紹介します。おでんの大根の下ごしらえ方や品種・選び方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. おでんに向く大根の部位があるって本当?
  2. おでんに向く大根の部位とは?
  3. おでんに向く大根の部位は真ん中あたり
  4. 大根の上の部分は生で食べるのがおすすめ
  5. 大根の下の部分は漬物がおすすめ
  6. 大根のおでん向けの下ごしらえ方も紹介!
  7. おでんに向く大根の品種・選び方も知っておこう
  8. おでんに向く大根の品種
  9. おでんに向く大根の選び方
  10. おでんに向く大根の部位をマスターしよう

おでんに向く大根の部位があるって本当?

だしが染みた柔らかな大根は、おでん種の中でも人気の具材です。大根は半分にカットされて販売されていることもありますが、おでんに向いている部位はあるのでしょうか。そこで今回は、上・真ん中・下それぞれの部位の大根の特徴も併せて紹介します。

おでんに向く大根の部位とは?

縦に長い大根は、部位によって食感や向いている調理方法が違う野菜です。ここではおでんに向く大根の部位と、その他の部位の特徴やおすすめの食べ方を紹介します。

おでんに向く大根の部位は真ん中あたり

出典:https://cookpad.com/recipe/1601016

煮崩れさせずに中心まで柔らかく煮込む必要のあるおでんに向いているのは、大根の真ん中あたりの部位です。大根の真ん中の部分は水分量が多く辛味と甘味のバランスが良いので、おでんや煮物にすると美味しく食べられます。真ん中の部分は太さもほぼ一定で煮込み時間の調整もしやすく、煮崩れしにくいのもおすすめのポイントです。

白だしで汁が濁らない☆あっさりおでん by kouayaa 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが354万品

大根の上の部分は生で食べるのがおすすめ

出典:https://cookpad.com/recipe/2837233

大根の上の部分は水分を多く含んでいて食感が良く甘味が強いので、シンプルな野菜スティックやサラダなど、素材のみずみずしさを楽しむ生食に向いています。甘味が強い部位なのでサラダ以外にも煮物やおでんにしても美味しいですが、やや煮崩れしやすいので注意しましょう。

モリモリ食べて!大根とツナのサラダ by めかまはぉ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが354万品

大根の下の部分は漬物がおすすめ

出典:https://cookpad.com/recipe/2048983

大根の下の部分は繊維質で水分が少なく、他の部分と比べて辛味が強いのが特徴です。サラダなどの生食ではやや辛味が気になりますが、薄切りにして漬物にすると味がよく染み込み、しっかりとした噛み応えが楽しめるでしょう。また大根独特の辛味を活かして、焼き魚などに添える大根おろしとして使用するのもおすすめです。

サラダ感覚でポリポリ♪大根の漬物 by moj 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが354万品

(*大根の部位について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

大根の部位別の使い分け!一番甘い・辛いのは?大根おろし向きの部分など紹介!

関連する記事

×