ゆで卵は腐るとどうなる?見分け方は?食べた時の対処法も紹介!

ゆで卵を作って保存するときは何日で腐るか知っていますか?今回は、ゆで卵が腐るまでの目安や生卵よりも腐りやすい理由に加え、腐るとどうなるのかの見分け方を〈味・匂い・食感・見た目〉別に紹介します。腐った卵を食べた時の対処法や腐るのを遅らせる保存方法も紹介するので参考にしてください。

目次

  1. ゆで卵は作って何日で腐る?生卵より日持ちしない?
  2. 作ったゆで卵は冷蔵庫で当日〜3日で腐る
  3. ゆで卵が生卵よりも腐りやすい理由
  4. ゆで卵が腐るとどうなる?見分け方は?
  5. ①匂い
  6. ②見た目・感触
  7. ③味
  8. 腐ったゆで卵を食べた…対処法はある?食中毒の危険性は?
  9. ゆで卵はサルモネラ菌が繁殖しやすく食中毒の恐れがある
  10. 様子をみて体調不良が続くようなら病院へ行こう
  11. ゆで卵が腐るのをできるだけ遅らせる方法は?保存の仕方は?
  12. ①フィリングにして冷凍保存する
  13. ②殻は剥かずに置いておく
  14. ③煮卵・醤油漬けなど調理する
  15. ④半熟ではなく固茹でにする
  16. ゆで卵を腐る前に消費できるレシピ
  17. ①ゆで卵のチーズ焼き
  18. ②半熟ゆで卵の肉巻き
  19. ③キャベツとゆで卵のサラダ
  20. ゆで卵は腐る前に早く消費しよう

ゆで卵は固ゆで卵か半熟ゆで卵によって、冷蔵庫に保存できる賞味期限が異なります。半熟ゆで卵なら作った当日中、殻むきゆで卵なら当日から翌日までに使い切ることが大切です。フィリングにして冷凍したり煮卵などで上手に保存し、ゆで卵を腐らせる前に食べましょう。

関連する記事

×