余ったはちみつの使い道は?食用以外の変わった使い方も紹介!

余ったはちみつの使い道・用途を知っていますか?今回は、余ったはちみつの〈料理・そのまま・甘味料〉など料理・食用での使い道を紹介します。古い・賞味期限切れでも有効活用できる食用以外の変わった使い方なども紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 余ったはちみつの使い道って…?
  2. はちみつの使い道①そのまま食べる
  3. はちみつをそのまま食べると栄養を余すことなく摂取できる
  4. はちみつの食べ過ぎには注意!
  5. はちみつの使い道②甘味料に使う
  6. はちみつが合う食べ物・飲み物
  7. はちみつの使い道③料理に使う
  8. ①漬け汁として活用する
  9. ②肉を柔らかくする
  10. ③照り・艶を出す
  11. はちみつの変わった使い道・使い方は?
  12. ①芳香剤
  13. ②パック
  14. ③火傷治療
  15. 余ったはちみつを有効活用しよう!

余ったはちみつの使い道って…?

はちみつは料理の味付けやデザートのトッピングなどによく使われる調味料ですが、はちみつを使い切れずに余ってしまうことがあります。はちみつの使い道に困った場合は、どのように対処したらよいのでしょうか。はちみつの食用としての使い道のほか、変わった用途も紹介するので参考にしてください。

はちみつの使い道①そのまま食べる

はちみつは健康によい効能があるため、余らせてしまった時はそのまま食べるのもおすすめです。ここでは、はちみつを料理などに使わず、そのまま食べることのメリットや注意点を紹介します。

はちみつをそのまま食べると栄養を余すことなく摂取できる

はちみつには様々な栄養素が含まれており、そのまま食べると栄養を余すことなく体に取り入れられます。はちみつを加熱するとはちみつに含まれる酵素やビタミンなどが破壊されるため、栄養を効率よく摂りたいならそのまま食べるのがおすすめです。はちみつを普段料理などで使う習慣がない人は、毎日適量を食べるとよいでしょう。

はちみつの食べ過ぎには注意!

はちみつを適量食べると健康効果が期待できますが、食べ過ぎると以下のような副作用が起こる場合があります。

・下痢
・腹痛
・太る

はちみつに含まれるグルコン酸と呼ばれる栄養素は腸内環境を整える働きがありますが、摂りすぎると便が柔らかくなりすぎて下痢や腹痛を引き起こすことがあります。また、はちみつには果糖が含まれているため、カロリーや糖質が高いのが特徴です。はちみつを食べ過ぎると、カロリーや糖質の摂り過ぎとなって太る原因に繋がります。

はちみつの1日の適量はおよそ大さじ2杯程度なので、1日の食事毎にティースプーン1杯を目安に食べると良いでしょう。

(*はちみつの食べ過ぎについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

はちみつの食べ過ぎは体に悪い?下痢・腹痛の原因に?1日の摂取量の目安など紹介!

はちみつの使い道②甘味料に使う

はちみつは粘度が高く味も独特であるため、そのまま食べるのに抵抗がある人もいます。そのような人は、はちみつを食べ物や飲み物に加えて使うのがおすすめです。ここでは、はちみつを甘味料として使う際のおすすめの使い道を紹介します。

はちみつが合う食べ物・飲み物

はちみつが合う食べ物や飲み物には、以下のようなものが挙げられます。

【食べ物】
・ホットケーキ
・クレープ
・ブルーチーズなどのクセの強いチーズ
・りんご
・バナナ
・ヨーグルト
・グレープフルーツ


【飲み物】
・カフェオレ
・豆乳
・牛乳
・紅茶
・スムージー
・生姜湯
・ジンジャーエール


はちみつは、ホットケーキやクレープなどのお菓子をはじめ、りんごやバナナ、グレープフルーツなどの果物やヨーグルト、風味の強いチーズにもよく合います。また、豆乳や牛乳などの乳製品とも相性がよく、紅茶や生姜湯、ジンジャーエールなどに甘みを加えるのにも役立ちます。野菜のスムージーにはちみつを加えると、飲みやすくなるでしょう。

砂糖を食べ物にトッピングすると食感が気になることがありますが、砂糖の代わりにはちみつを使うと口当たりがよくなります。はちみつには整腸作用があるため、乳酸菌が含まれるヨーグルトや食物繊維が豊富な果物と合わせると、より高い便秘の解消効果が期待できます。

はちみつの使い道③料理に使う

普段料理に使っている砂糖をはちみつで代用すると、料理がより美味しく仕上がります。ここでは、はちみつを料理に使うおすすめの使い道を紹介します。

①漬け汁として活用する

出典:https://cookpad.com/recipe/3560742

はちみつをレモンの漬け汁として活用すると、余ったはちみつを大量に消費することができます。輪切りにしたレモンをはちみつに漬け込むだけで、簡単に作ることが可能です。炭酸水やお湯に溶かして飲むほか、牛乳で割っても美味しくいただけます。レモンのはちみつ漬けには疲労回復の効果があるため、仕事や勉強の後に飲むのもおすすめです。

レモンの蜂蜜漬け!無添加!はちみつレモン by mitokix 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが355万品

②肉を柔らかくする

はちみつに含まれる有機酸は肉の保湿性を高める作用があるため、肉料理に使うと柔らかく仕上がります。肉にはちみつをもみ込んでから調理すると、加熱の段階で肉の組織が固くなるのを防いで柔らかいままの状態を維持することが可能です。また、はちみつは浸透性が高い性質があり、肉にもみ込んでおくと肉の組織まで浸透するため、中心部まで柔らかくなります。

また、はちみつに含まれるグルコースとフルクトースにも、食材の内部に水分や旨みを閉じ込める性質があるため、肉料理に最適な調味料であると言えるでしょう。

③照り・艶を出す

はちみつは、料理の艶出しの用途としても使うことができます。アップルパイなどのお菓子作りで艶出しをする際には卵液を使うのが一般的ですが、卵アレルギーの人が食べる場合は卵液の代わりにはちみつを使うとよいでしょう。この際にはちみつと水を混ぜてから粘度を緩めたうえで生地に塗ると、塗りやすくなるうえに綺麗な艶が出ます。

お菓子のほかにも、魚や肉の照り焼きのような料理に使うと、照りや艶が出て食欲をそそる見た目に仕上がります。料理の甘味や照りを出す役割をもつみりんの代用品として、はちみつを使う使い道もおすすめです。

はちみつの変わった使い道・使い方は?

食べ切れず賞味期限が切れてしまったはちみつは、どのように使うとよいのでしょうか。賞味期限切れのはちみつを、食用以外に活用する変わった使い道について紹介します。

①芳香剤

はちみつは甘い香りが強いため、古代エジプトや日本の平安時代には芳香剤として活用されたことがあります。しかし、古いはちみつを芳香剤として常温に放置しておくと、虫が湧くことがあるためおすすめしません。平安時代の源氏物語には、はちみつを芳香剤として使った結果虫が湧いたと記されています。

はちみつをそのまま置いておくと、ミツバチが寄ってくることもあるため大変危険です。ミツバチを餌とする獰猛なスズメバチが寄ることもあるため、古いはちみつを芳香剤として活用するのは避けた方が良いでしょう。

②パック

はちみつは、食べるだけでなく肌や髪に塗ってパックとして活用する使い道もあります。はちみつにはビタミンやミネラルのほか、保湿力の高いアミノ酸、肌の炎症を抑えるグルコン酸などが含まれているため、肌や髪に塗ると美容効果が期待できます。

はちみつをパックとして使う場合は、そのままはちみつを肌や髪に塗ってラップやタオルで覆い、数分後水で洗い流してください。はちみつをそのまま使っても良いですが、はちみつのべたつきが気になる人はヨーグルトに混ぜて使う方法がおすすめです。

ヨーグルトとはちみつを混ぜたパックは洗い流しやすいうえに、ヨーグルトにも美白や保湿効果があるため、はちみつと混ぜることでより高い美容効果が期待できるでしょう。ただし、女性の場合は生理前などの肌荒れがしやすい時には、使用しないほうが無難です。

③火傷治療

はちみつは、古くから民間療法において火傷の治療薬として使われてきました。はちみつに含まれる抗菌性や抗酸化作用には火傷の回復を促進し、保湿効果によって傷跡を抑える効能があります。軽度の火傷をした時は、患部を冷やした後にはちみつを塗って包帯で保護すると、回復に役立ちます。

ただし、古いはちみつは雑菌が繁殖していることもあるため、火傷の治療として使う際には食用として食べられるはちみつを使用してください。食用のはちみつを使うのに抵抗がある人は、医療用のはちみつを使うのがおすすめです。

余ったはちみつを有効活用しよう!

はちみつは料理や甘味料として使うほか、パックや火傷の治療などの様々な用途があります。余ったはちみつを様々な方法で使って、無駄なく有効活用しましょう。

関連する記事