生で食べられる・られない野菜の一覧!生食するメリット・デメリットも比較して紹介!

生で食べられる・食べられない野菜を知っていますか?そこで今回は、〈かぼちゃ・ピーマン〉など、生で食べられる・食べられない野菜をそれぞれ紹介します。野菜を生で食べるメリット・デメリットも紹介するので参考にしてみてくださいね。

(このページにはPRリンクが含まれています)

目次

  1. 生で食べられない野菜ってあるの?
  2. 生で食べられる野菜の代表例一覧
  3. 生で食べられない野菜は?
  4. ①じゃがいも・イモ類
  5. ②山菜・たけのこ
  6. ③かぼちゃ
  7. 生で食べられなさそうで生食OKな野菜は?
  8. ①オクラ
  9. ②ブロッコリー
  10. ③ナス
  11. ④ズッキーニ
  12. 野菜を生で食べるメリット・デメリットは?
  13. 野菜を生で食べるメリット
  14. 野菜を生で食べるデメリット
  15. 生で食べられる野菜

近年はベジファーストを心がける人が増えていますが、その際にはサラダなどで野菜を生食するのが一般的です。これは野菜を生で食べるメリットがあるからですが、デメリットがあるのも事実です。ここでは、野菜を生で食べるメリットとデメリットについて説明します。

野菜を生で食べるメリット

野菜を生で食べるメリットは以下の通りです。

・加熱すると失われる栄養成分を摂取できる
・生野菜からしか摂れない酵素が摂取できる
・調理の手間が軽減される


食事の最初に生野菜を食べることで血糖値の急上昇を抑制できるほか、咀嚼回数が増えるので満腹中枢が刺激されるなど、食べ方によってはダイエット効果も期待できます。生野菜に含まれる酵素は加熱すると失われるので、サラダでしっかり補うことをおすすめします。

野菜を生で食べるデメリット

野菜を生で食べるデメリットは以下の通りです。

・消化に時間がかかるので、消化不良を起こすことがある
・体を冷やす原因となり、下痢を引き起こすケースもある
・1日に必要な350gをすべて生野菜にすると、カサが多くなる
・生食では、吸収率が下がる栄養成分もある


生野菜はカサが多くなるうえ咀嚼が必要なので、しっかり噛んで食べないと消化不良を起こすリスクがあります。また野菜に含まれる栄養成分の中にも、脂溶性であるビタミンAのように油で炒めてからの方が急流率が高いものもあるので、注意が必要です。

生で食べられる野菜

今回はかぼちゃやピーマンなど生で食べられる、あるいは食べられない野菜をそれぞれ紹介しました。生野菜を食べることで酵素が摂取できるのはよいことですが、中には加熱調理が適したものもあります。生で食べられる野菜を上手に食生活に取り入れて、健康維持につなげましょう。

関連する記事

野菜のアクセスランキング

人気のある記事ランキング

ランキング情報が取得できませんでした。