料理酒を飲むことは可能?美味しくする方法は?酔う・うまいなど口コミも紹介!

料理酒は飲むことができるのか知っていますか?うまいのでしょうか?今回は、料理酒を飲むことは可能か否かに加え、<うまい・まずい>など口コミや美味しく飲む方法を紹介します。未成年は飲むことができるのかも紹介するので参考にしてみてくださいね。

・【お酒、飲酒は20 歳を過ぎてから】
・【未成年者の飲酒は法律で禁じられています】

目次

  1. 料理酒を飲むことはできる?日本酒と違いは?
  2. 料理酒と日本酒の違いを知っておこう
  3. 料理酒は飲むこと自体はできる
  4. 料理酒は飲むとうまい?まずい?
  5. 料理酒をそのまま飲んでも美味しくない
  6. 料理酒を美味しく飲む方法は?酔うことはある?
  7. ①他の飲み物で割って飲む
  8. ②比較的飲みやすく作られた料理酒を選ぶ
  9. ③料理酒でも酔うことは可能
  10. 料理酒は未成年でも飲むことはできる?
  11. 料理酒を未成年が飲むことはNGだが料理に使う分はOK
  12. 料理酒は調味料だが飲めないことはない

料理酒を飲むことはできる?日本酒と違いは?

お酒を飲む習慣がない人でも、料理酒は常備しているケースが多いですが、料理酒もお酒の一種だと考えると、日本酒のように飲めそうに感じられます。ここでは料理酒を飲めるのか、日本酒とはどう違うのかを説明します。

料理酒と日本酒の違いを知っておこう

料理酒の原材料は以下の通りです。

・米
・水
・米麹
・食塩
・水あめ
・酒精
・酸味料


お酒に分類される料理酒と日本酒ですが、実際には似て非なるものです。料理酒は調理用に製造されたお酒ですが、日本酒は飲むためにつくられています。そのため日本酒には米と水と米麴しか使われていませんが、料理酒には旨味やコクを出すために酸味料や甘味料などの調味料を加えているのです。そのため日本酒と比べると、アルコール度数も低いです。

そして料理酒はそのまま飲めないように塩を加え、アルコール度数を低く抑えることで酒税法に該当しないよう製造されています。しかし料理酒を切らした時には、日本酒で代用可能です。

(*料理酒について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

料理酒の効果とは?どんな意味・役割があるの?使い方のおすすめも紹介!

料理酒は飲むこと自体はできる

料理酒は飲むことはできますが、現実的には日本酒に塩が加えられているので飲みやすいとはいえないものが含まれます。料理酒を飲めるのかについて、製造メーカーである月桂冠の公式サイトでは以下のように説明しています。

お好みに合うようでしたらお召し上がりいただけます。例えば、月桂冠の「美味しく仕上がる料理清酒」は手軽に料理にご利用いただけるように造った日本酒です。

メーカーによっては塩や糖類などの調味料を加えていないものもあり、口に合えば飲んでもかまわないと公式サイトで紹介しています。しかし日本酒の旨味や酸味、甘味を楽しむ習慣がある人は、なじめない味であると考えられます。料理酒をお酒として飲む場合は、自己責任で楽しみましょう。

料理酒は飲むとうまい?まずい?

料理酒はお酒に調味料が加えられており、アルコール度数も低いと聞くと、飲んだらどんな味がするのでしょうか。ここでは、料理酒は美味しいのかまずいのかを口コミとともに紹介します。

料理酒をそのまま飲んでも美味しくない

料理酒はそもそも調理中に味付けの邪魔をしないために作られているので、そのまま飲んでも美味しくはありません。それは料理酒のお酒の成分を活用して味をしみ込ませたり、素材の臭みを抑えるために塩や糖類が加えられているからです。調味料が加えられている料理酒を飲み続けるとお酒に含まれる塩分によって、頭痛や吐き気が起こるケースもあります。

料理酒を美味しく飲む方法は?酔うことはある?

関連する記事

×