パイナップルの種類・品種7選!甘い・糖度が高い順ランキングで紹介!

パイナップルの種類・品種数はどれくらいか知っていますか?今回は、パイナップルの種類を糖度高い順のランキング7選を〈味・大きさ・産地〉など比較しつつ紹介します。パイナップルの選び方・見分け方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. パイナップルとは?種類数はどれくらい?
  2. パイナップルは食用でも200以上ある
  3. パイナップルの旬の時期
  4. パイナップルの種類の糖度ランキングTOP7
  5. 第7位:デルモンテゴールドパイナップル(15度)
  6. 第6位:台湾パイナップル(16度)
  7. 第5位:ピーチパイン(16.5度)
  8. 第4位:スウィーティオ(17度)
  9. 第3位:ハワイ種N67-10(18度)
  10. 第2位:スナックパイン(19度)
  11. 第1位:ハニーグロウ(20度)
  12. パイナップルの選び方・見分け方は?
  13. パイナップルの種類は様々

パイナップルとは?種類数はどれくらい?

スーパーなどで夏によく見かけるパイナップルですが、パイナップルとはどのような果物で、どのくらいの種類があるのでしょうか。ここでは、パイナップルの種類や旬の時期を詳しく説明します。

パイナップルは食用でも200以上ある

パイナップルは熱帯アメリカ原産のアナナス属の果物で、ブラジル、アルゼンチン北部、パラグアイでは1000年以上前から栽培されていました。

食用のパイナップルは200以上もの種類がありますが、世界的に最も多く栽培されているのがスムースカイエン種と呼ばれる品種です。パイナップルは南米で発見されてから熱帯地域の植民地で栽培が進められ、多くの品種が生まれました。

パイナップルの旬の時期

国産パイナップルは沖縄県と鹿児島県で栽培されていて、旬は4月下旬から8月初旬頃になります。国内のパイナップルが旬は4~8月であるものの、旬以外の月でもパイナップルが食べられるのは輸入パイナップルが一年中輸入されているためです。

国内で流通している輸入のパイナップルは90%がフィリピン産のもので、旬の時期は3~8月となっています。台湾産の輸入パイナップルは、4月から7月が旬の時期です。

(*パイナップルの旬の時期について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

パイナップルの旬の時期・季節はいつ?沖縄・フィリピン・台湾など別に紹介!

パイナップルの種類の糖度ランキングTOP7

パイナップルは多くの種類がありますが、特に甘いものを選ぶにはどの品種が良いのでしょうか。ここではスーパーなどで手に入れやすいパイナップルを、糖度別にランキング形式で紹介します。

第7位:デルモンテゴールドパイナップル(15度)

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3%E7%94%A3-%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%B3-%EF%BC%91%E5%80%8B/dp/B001HAESIW


*購入サイト|楽天市場*
デルモンテ ゴールドパイナップル 3玉(1玉 約1.5kg)

・主産地:フィリピン
・味わい:さわやかな甘み
・大きさ:1~1.5kg、30~50cm

デルモンテが改良した品種で、ゴールデンパインとも呼ばれています。黄色い果肉は濃く美しい色で甘い香りのするパイナップルです。果汁が多く含まれているので、ジュースやアイスクリームにもよく使われます。

第6位:台湾パイナップル(16度)


*購入サイト|楽天市場*
【台湾産】台湾パイナップル ミルクパイン 大きさお任せ 2〜3玉 約2.5kg~3kg

・主産地:台湾
・味わい:酸味が少なく甘味が強い
・大きさ:1~2kg、25~40cm


台湾パイナップルの一番の特徴は、芯まで食べられることです。完熟させてから収穫するため、芯が柔らかく甘いパイナップルになっています。

関連する記事

×