そばの一人前は何グラム?乾麺・生麺で違う?茹で前・茹でた後で比較して紹介!

そばの一人前の量は何グラムかしっていますか?今回は、<乾麺・生そば>別のそばの一人前の量を<茹でる前・茹でた後>別に紹介します。一人前は何合なのかや、そば一人前のカロリー量・糖質量も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. そば(乾麺)の一人前は何グラム?
  2. そばが乾麺の場合の一人前は110グラム
  3. そばの乾麺を茹でた後は250〜300グラム
  4. そばの乾麺の一人前を商品別に比較
  5. 生そば(生麺)の一人前は何グラム?
  6. 生そばの場合の一人前は120グラム
  7. 生そばを茹でた後は250〜300グラム
  8. 生そば一人前を商品別に比較
  9. そばのお品書き・メニューの一人前は何合?
  10. そばは1.5合で一人前(250〜300グラム)になる
  11. そばの1人前のカロリー・糖質は?
  12. そばの一人前を覚えておこう!

そばのお品書き・メニューの一人前は何合?

そばのメニューには温かいものと冷たいものがあります。ざるそば(もりそば)、かけそば、天ぷらそば等です。お店によっては何人前という表記ではなく、1合、1升と表記しているお店もあります。お店で食べるそばの一人前は何合になるのでしょうか。

そばは1.5合で一人前(250〜300グラム)になる

そばは一人前250〜300グラムとすると、1.5合になります。1合とは昔日本で使われていた尺貫法といわれる、体積などの単位です。1合の10倍が1升、1升の10倍が1斗と単位が変わっていきます。一升瓶や一斗缶と聞くと馴染み深いかもしれません。1升そばでだいたい6人前とされているので、1.5合くらいが一人前の量になります。

そばの1人前のカロリー・糖質は?

1人前あたり カロリー 糖質
乾麺そば(茹であがり250g) 283kcal 51.5g
生そば(茹であがり250g) 325kcal 57.7g

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)

同じそばでも、乾そばと生そばでカロリーも糖質も異なります。茹であがりが同じ分量であっても、乾そばの方が茹でた後の増加率が高いためです。生そばより増加率が高いと、グラムあたりの水分量が多くなり、結果的にカロリーや糖質が少なくなります。ダイエット中などで、カロリーや糖質が気になる方は乾麺のそばを選ぶと良いでしょう。

そばの一人前を覚えておこう!

乾そばにしても、生そばにしても、茹であがりの一人前の量は250〜300グラムで1.5合でした。乾麺のそばは110グラム、生麺のそばは120グラムが、茹でる時の目安の量です。友達や恋人、家族と1升そばを食べるときに、1升の由来と、一人前が1.5合であることを説明できたら素敵です。カロリー制限していてもそばが食べたい時は、乾そばを選びましょう。

関連する記事

×