ミロとココアの違いを比較!同じじゃないの?どっちを飲むのがおすすめか紹介!

「ミロ」は「ココア」と同じじゃないと知っていますか?違いはあるのでしょうか? 今回は、「ミロ」と「ココア」の違いを〈栄養価・成分・味・値段〉などで比較して紹介します。「ミロ」と「ココア」はどっちが飲むのにおすすめかも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ミロはココアじゃない?違うの?
  2. ミロはココア味の機能性飲料
  3. ミロとココアの違いを比較!
  4. ①成分・栄養価
  5. ②味わい
  6. ③値段
  7. ミロとココアは代用できる?
  8. ミロとココアはどっちを飲むべき?
  9. ミロの方がおすすめな人
  10. ココアを牛乳で飲む方がおすすめな人
  11. ミロとココアは栄養価に違いがあった!

ミロはココアじゃない?違うの?

出典:https://twitter.com/miyupon_777/status/1428980985526329347?s=20

コーヒーで有名なネスレで売られるミロは見た目や味からココアと思える飲み物ですが、ココアとは違うのでしょうか。この記事では、ミロとココアとの違いをおすすめ情報とあわせて紹介します。

ミロはココア味の機能性飲料

ミロについてココアなのかという質問について、下記のようにネスレの公式サイトに記載があります。

ミロは麦芽飲料です。ココアも含まれていますが、それに加えて、麦芽エキスと8つの栄養素が含まれている点が普通のココアと違う点です。

ミロはココア飲料かと思いがちですが、麦芽飲料との説明があります。日本でいうココアは、カカオ豆から作られるココアパウダーに砂糖や乳化剤、香料などを加えた調整ココアがほとんどです。純粋なココアは、苦くてそれだけでは飲めません。対してミロは、大麦を発芽させた麦芽から作られる麦芽エキスを主原料にしているため、材料が異なっています。

ココアパウダーも入っているため見た目や味は同じに感じますが、飲み物としてはココアとは違うものです。それだけでなく、特に成長期に必要な栄養素が多く含まれている機能性飲料となっています。

ミロとココアの違いを比較!

ミロとココアは違う飲料だとわかっても、味や見た目が同じなため違いがわかりにくいのは確かです。ここでは、ミロとココアの違いが分かるように項目ごとに比較してみます。

①成分・栄養価

ミロ1杯(15g) ココア+牛乳(12g)
カロリー 60kcal 43kcal
たんぱく質 1.2g 0.6g
糖質 9.8g 9.1g
脂質 1.6g 0.2~0.7g
カルシウム 225mg 230mg
鉄分 3.2mg 3.8mg
ビタミンD 1.7㎍ 2.8㎍
ビタミンC 15mg -
ビタミンB2 0.3mg 0.15mg
ビタミンB6 0.4mg -
ビタミンB12 0.64㎍ -

上の表は、使用量は違うもののネスレのミロと他社の調整ココアとして売られている商品の栄養素を同じ1杯で比べたものです。カロリーやタンパク質、糖質、脂質などはミロの方が多く、カルシウムや鉄分、ビタミンDはココアの方が多いです。

②味わい

ココアは原料にココアパウダーと砂糖が主に使われていることが多く、とても甘い傾向にあります。一方でミロは、麦芽エキスが一番多く使われていますが、砂糖やココアパウダーも比較的多く使われています。麦芽エキスには特有の味があるわけではないため、味わいが似ていても不思議ではありません。

③値段

以下は、ミロはネスレの公式サイトに記載されている定価と、ココアの販売価格の平均値を比較した結果です。

・ミロ(240g) 378円(税込)
・牛乳で飲むココア(200g) 418円(税込)

使用量が違うためグラム単位ではなく1杯あたりで比較した結果、ミロが約24円に対し、牛乳で飲むココアが約26円でした。1杯あたりの値段を考えるとほんの少しだけミロが安くなりましたが、1袋になると大きな差が出ます。今はネット通販で安く買えることもあるとはいえ、単純計算をおこなうとミロの方が安いです。

ミロとココアは代用できる?

ミロとココア飲料を比較してみたところ、味わいにはさほど違いがないものの栄養価は少々違いがあります。どちらも明確な効果を求める飲み物ではなく栄養補助の飲み物のため、買い方を工夫すれば代用は可能だと言えます。

ミロとココアはどっちを飲むべき?

関連する記事

×