卵焼きを前日でも安全に作る方法は?お弁当用の作り置きレシピも紹介!

お弁当用に卵焼きを前日に作り置きすることはありませんか?腐らないのでしょうか?今回は、卵焼きが作り置きでも傷みにくい作り方・ポイントや、正しい保存方法を紹介します。作り置きでも美味しい卵焼きにするコツや人気レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. お弁当の卵焼きを前日に作り置きしても大丈夫?腐らない?
  2. 卵焼きが作り置きでも傷みにくい作り方・ポイントは?
  3. ①半熟にしない
  4. ②濃い味付けに仕上げる
  5. ③雑菌が入らないように気をつける
  6. ④水分が多い具材・調理は避ける
  7. ⑤余熱をしっかり取る
  8. ⑥作った後に常温で放置し過ぎない
  9. 卵焼きを前日に作り置きした際の保存方法
  10. ①翌日に使い切れる場合の「冷蔵保存」と「温め直し方」
  11. ②翌日以降も日持ちさせたい場合の「冷凍保存」と「解凍方法」
  12. 作り置きの卵焼きでも美味しくするコツは?
  13. ①マヨネーズを入れる
  14. ②片栗粉を入れる
  15. 卵焼きの作り置き用レシピも紹介!
  16. 材料
  17. 作り方・手順
  18. お弁当用の卵焼きを前日に作り置きしても大丈夫!

お弁当の卵焼きを前日に作り置きしても大丈夫?腐らない?

卵焼きは、お弁当の定番おかずとして老若男女を問わず大人気です。家族のお弁当に入れる回数が多い人もいる中、朝早くからお弁当を作るのは大変です。そのような時に利用したいのが、作り置きです。しかし、卵焼きは前日から作り置きするのは大丈夫なのでしょうか。日持ちは夏場、冬場の気温に関係するのでしょうか。

卵焼きが作り置きでも傷みにくい作り方・ポイントは?

卵焼きをお弁当に入れると彩りも鮮やかになり、甘い味やだしの効いた味など家庭の味付けがあります。お弁当のおかずは当日の朝に作れたらいいのですが、時間に余裕がないという人もいるでしょう。ここからは前日に卵焼きを作っても傷まない作り方やポイントを紹介します。

①半熟にしない

半熟の卵焼きをお弁当に詰める場合は、特に夏場は十分に加熱されない食材は傷みやすくなります。十分に加熱をせずに半熟のままお弁当に詰める、細菌が増える原因です。お弁当の中で増えた細菌は、食中毒の原因にも繋がり衛生上問題を起こす可能性も考えられます。特に半熟が好きな人は、作る時に注意が必要です。

②濃い味付けに仕上げる

前日に卵焼きを作り置きする時は、濃い味付けに仕上げるようにしましょう。塩分や糖分が高めの状態は水分が少なく、細菌が繁殖しにくい環境になり、結果として卵焼きは傷みにくくなります。また、濃い味付けのほうが冷めてからも美味しく味わうことができます。

③雑菌が入らないように気をつける

お弁当に入れる卵焼きを前日に作る時に雑菌が入らないように気をつけたいNG行為は、以下の通りです。

・素手で触る

素手で卵焼きを触ると、手の雑菌が移り卵焼きが傷む原因になります。前日に卵焼きを作る時、保存する時、お弁当箱に詰める時、これらの3つの工程にて素手で触ることがないように気を付けましょう。代わりに箸や使い捨ての調理用手袋を使用すると衛生的です。

④水分が多い具材・調理は避ける

卵焼きが傷まないように避けたい調理法は、以下の通りです。

・だし巻き卵

食材を傷めないようにするには、水分が少ないことが重要です。水分が多いと、細菌が増える可能性が高くなります。そのため、卵に出汁を加えて作るだし巻きは要注意です。卵焼きを日持ちさせるためにも余分な水分はできるだけ取り除くようにしましょう。また水分が多いおくらやニラなどの食材は腐りやすくなるので注意しましょう。

⑤余熱をしっかり取る

卵焼きを傷めないように、蒸気から出る水分を出さないためにも冬場でも余熱をしっかりと取ることが重要です。加熱した後の温まった卵焼きをお弁当に詰めると、蒸気から水分が出てます。水分は細菌を繁殖させ、食材が傷む事の原因にもなります。お弁当に入れる前に余熱をしっかり取り、十分に冷ましてからお弁当に詰めましょう。

⑥作った後に常温で放置し過ぎない

前日に作り置きした卵焼きを常温で放置し過ぎると食中毒の危険性がある程細菌が増えますので、夏・冬など関係なく常温での保存は避けましょう。卵焼きの常温保存は夏場は2〜3時間程度、冬場は半日〜1日程度目安として日持ちが可能です。

やむを得ず常温で保存をしなければいけない場合はラップを使いましょう。ラップで包むことで空気中の細菌が卵焼きにつくことが防げます。卵焼きの保存場所は、冷暗所がおすすめです。食べる際は、十分に加熱をしましょう。

卵焼きを前日に作り置きした際の保存方法

関連する記事

×