魚へんに春「鰆」と書いて何と読む?意味・由来や他に魚へんがつく漢字は?

魚へんに春という漢字を書いてなんと読むか知っていますか?読み方は「サワラ」です。魚へんは〈春・夏・秋・冬〉全てが漢字にあります。今回は、魚へんに春で「サワラ」と読む由来や意味をサワラの特徴とともに紹介します。魚へんに東と書く「鰊」やなど、魚へんがつく漢字の魚をサワラ以外にも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 魚へんに春という漢字を書いてなんと読む?読み方や意味・由来とは?
  2. 魚へんに春と書いて「サワラ」と読む「鰆」の意味・由来
  3. 魚へんに春と書く魚「サワラ」はどんな魚?旬は冬or春?
  4. サワラは成長段階で名前が変わる出世魚
  5. サワラの旬は地域によって捉え方が異なる
  6. 魚へんは「春夏秋冬」全てが存在する?
  7. ①魚へんに夏(魚夏:わかし)
  8. ②魚へんに秋(鰍:かじか)
  9. ③魚へんに冬(鮗:このしろ)
  10. 鰆以外に魚へんがつく漢字の魚は何がいる?
  11. ①魚へんに東(鰊:にしん)
  12. ②魚へんに師(鰤:ぶり)
  13. ③魚へんに花(𩸽:ほっけ)
  14. ④魚へんに参(鯵:あじ)
  15. ⑤魚へんに青(鯖:さば)
  16. 魚へんがつく漢字の魚はさまざま

魚へんがつく漢字の魚はさまざま

鰆は春告げ魚の一つとしても知られ、漢字もまさに相応しいものと言えます。紹介した魚へんのつく漢字以外にもたくさんの漢字があるので、由来とともに調べてみると、興味深いものとなるかもしれません。

関連する記事

×